意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「努力」の意味や類語、反対語や例文を紹介

「努力」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「努力」という言葉を使った例文や、「努力」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「努力」の意味や類語、反対語や例文を紹介>


目次

  • 「努力」とは?
  • 「努力」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「努力」を使った例文や短文など
  • 「努力」の反対語

「努力」とは?

「努力」という言葉を知っているでしょうか。

「努力」をして、何かを手に入れたという人もいるでしょう。

一方で、「努力」という言葉をまるで知らない、天才肌の人もいるかもしれません。

そこで「努力」という言葉の意味を紹介します。

  • 「努力」の読み方
  • 「努力」の意味

「努力」の読み方

「努力」「どりょく」と読みます。

よく目にする言葉のため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「努力」「どりょく」と読みましょう。

「努力」の意味

「努力」には、どのような意味があるでしょうか。

「努力」には、「力を入れて大いに努めること」という意味があります。

例えば、資格取得のために、「努力」している人は、資格取得の勉強に、力を入れて大いに努めているのではないでしょうか。

ちなみに「努める」という言葉には、「心身を引き締めて、一心に物事をする」という意味があります。

このように「努力」という言葉には、「力を入れて、大いに努めること」という意味があります。

「努力」の類語や類似表現や似た言葉

次に「努力」の類語や類似表現を紹介します。

「努力」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「力を入れる」【ちからをいれる】
  • 「骨を折る」【ほねをおる】
  • 「励む」【はげむ】
  • 「精出す」【せいだす】
  • 「いそしむ」【いそしむ】

「力を入れる」【ちからをいれる】

「力を入れる」には、「努力をする」という意味があります。

集中し、力を入れて何かをすることを、「力を入れる」と言います。

「今年は英会話に力を入れよう」という時は、英会話に集中して力を入れて勉強することを意味します。

「骨を折る」【ほねをおる】

「骨を折る」には、「精出して働く」という意味があります。

また「大いに努力する」という意味があります。

「企画書を仕上げるために、骨を折る」「会社の経営を立て直すため、骨を折る」などという使い方をします。

「励む」【はげむ】

「励む」には、「意気込んで努める」という意味があります。

「勉強に励む」という場合は、「意気込んで勉強する」という意味になります。

「努力」に加えて、気合を入れて何かをする時、「励む」という言葉を使ってみましょう。

「精出す」【せいだす】

「精出す」という言葉も、「努力」と似た言葉です。

「精出す」には、「熱心に働く」「打ち込む」という意味があります。

「飲食店の経営に精出す」という場合は、「飲食店で熱心に働き、経営に打ち込む」という意味があります。

「いそしむ」【いそしむ】

「いそしむ」という言葉もあります。

「いそしむ」には、「一生懸命する」という意味があります。

「日夜勉学にいそしむ」などは、定型句のように使われる言葉です。

「努力」を使った例文や短文など

続いて「努力」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「努力」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「努力」を使った例文1
  • 「努力」を使った例文2

「努力」を使った例文1

「血の出るような『努力』を続けて、現在の会社を築く」

この例文は、会社を起業した初代の社長が、その時代の自分自身を振り返った文章になっています。

「努力」には「血の出る」を付けて、「血の出るような努力」という言い回しで使われることがあります。

「血の出るような努力」とは、とても心身を苦しめるような努力という意味で、心身を犠牲にして努力したという意味があります。

創業者が会社を軌道に乗せるためには、人には分からないような「努力」の積み重ねがあるのではないでしょうか。

「努力」を使った例文2

「大きなミスをして、これまでの「努力」が水の泡になった」

この例文は、ビジネスシーンなどで、大きなミスをしてしまった人の心の中を文章にしたものです。

これまで必死に積み上げてきた「努力」が、ゼロになるようなミスとは、どのようなものでしょうか。

例えば、不祥事を起こしてしまう、事件を起こしてしまうような出来事かもしれません。

怠慢による事故かもしれません。

このように「努力が水の泡になる」「努力が無になる」など、力を入れて大いに努めてきたものが、無くなってしまうことを意味するような表現は少なくありません。

「努力」の反対語

「努力」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「努力」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「怠ける」【だらける】
  • 「サボる」【さぼる】
  • 「手を緩める」【てをゆるめる】
  • 「ずるける」【ずるける】
  • 「油を売る」【あぶらをうる】

「怠ける」【だらける】

「怠ける」には、「労力を惜しんで、一心にしないこと」「手を抜くこと」という意味があります。

「仕事を怠ける」という時、「仕事に対する労力を惜しむ」「仕事に集中しない」「仕事に手を抜く」という意味があります。

「サボる」【さぼる】

「サボる」という言葉を使ったことがある人は、多いのではないでしょうか。

「サボる」には、「怠ける」という意味があります。

「サボ」はフランス語の「サボタージュ」から来ています。

「サボタージュ」には、「怠業」という意味があります。

「サボタージュする」「サボる」になったと覚えておきましょう。

「手を緩める」【てをゆるめる】

「手を緩める」には、「全力を挙げない」という意味があります。

「作業の手を緩める」という時は、作業に対して全力を出さないという意味になります。

「ずるける」【ずるける】

「ずるける」「怠けて横着する」という意味があります。

「ずるけて、会社を休んで寝る」という時は、怠けて横着し、会社を休んで寝るという意味になります。

「油を売る」【あぶらをうる】

「油を売る」という言葉を知っているでしょうか。

「油を売る」には、「無駄話をして仕事の途中で怠ける」という意味があります。

「仕事中に油を売る」という場合は、仕事中に無駄話をして、怠けるという意味になります。

「油を売る」の語源は、江戸時代にあります。

江戸時代に髪用の油を売る人が、買い手である女性と長々と世間話をしていたことが由来になっています。

油売りのように、話ばかりしているという意味から、現在の「油を売る」という言葉になっています。

icon まとめ

「努力」という言葉について見てきました。

仕事や趣味、資格取得のためなどに、力を入れて努める時、「努力」という言葉を使ってみましょう。

そして「努力」の結果、大きな成果を手に入れましょう。