意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「努力家」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「努力家」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「努力家」という言葉を使った例文や、「努力家」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「努力家」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「努力家」とは?意味
  • 「努力家」の表現の使い方
  • 「努力家」を使った例文や短文など
  • 「努力家」の類語や類義語・言い換え


「努力家」とは?意味

「努力家」には、「常に努力している人」「なまけずに良く励む人」という言葉があります。

  • 「努力家」の読み方

「努力家」の読み方

「努力家」の読み方は、「どりょくか」になります。



「努力家」の表現の使い方

「努力家」の表現の使い方を紹介します。

「努力家」は、「常に努力している人」、また「なまけずに良く励む人」を意味します。

そこで、常に努力していると感じられる人や、いつでもなまけずに良く励んでいる人を見た時、「努力家」という言葉を使ってみましょう。

例えば、野球部の部員として、一年生の頃から休まずに、練習を続けている生徒がいます。

この生徒は、疲れていてもレギュラーから外されても、一日も休むことなく練習に励んできました。

この生徒の様子を見ると、常に努力している、なまけずに良く励んでいると思えるでしょう。

そこで「あの野球部員は、大変な努力家だ」などと「努力家」という言葉を使って表現してみましょう。

「努力家」を使った例文や短文など

「努力家」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「努力家」を使った例文1
  • 「努力家」を使った例文2

「努力家」を使った例文1

「部活でいちばんの『努力家』がレギュラーになれて、みなが喜んでいる」

この例文は、部員の中でいちばん常に努力している人が、その甲斐があり、レギュラーになれたことを、他の部員も喜んでいるという文章になります。

このように「努力家」には、「常に努力している人」「なまけずに良く励む人」という言葉があります。

「努力家」はみんなの手本になり、慕われる存在かもしれません。

「努力家」を使った例文2

「『努力家』と褒められても、成功できなければ意味がない」

この例文は周囲からいつも頑張っている、なまけずに良く励んでいる人だと褒められても、結果を出せなければ意味がないと感じている文章になります。

「努力家」は周囲の尊敬を集める人ですが、本人は、そう褒められるより成功したいと思っているかもしれません。



「努力家」の類語や類義語・言い換え

「努力家」の類語や類似を紹介します。

  • 「頑張り屋」【がんばりや】
  • 「働き者」【はたらきもの】

「頑張り屋」【がんばりや】

「頑張り屋」という言葉には、「困難に負けないで努力する人」という意味があります。

「彼女は頑張り屋だ」などという使い方をします。

「働き者」【はたらきもの】

「働き者」「良く働く人」を意味します。

「今度のバイトは、働き者だ」という文章には、「今回働き始めたバイトは、良く働く人だ」という意味があります。

「働き者の好青年」「働き者に見習え」などという使い方をします。

icon まとめ

「努力家」という言葉について見てきました。

常に努力している人や、なまけずに良く励む人を見た時、「努力家」という言葉を使ってみましょう。