意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「喜ばしい」とは?意味や使い方!例文や解釈

「喜ばしい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「喜ばしい」という言葉を使った例文や、「喜ばしい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「喜ばしい」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「喜ばしい」とは?
  • 「喜ばしい」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「喜ばしい」を使った例文や短文など
  • 「喜ばしい」の反対語

「喜ばしい」とは?

みなさんは「喜ばしい」という言葉を知っているでしょうか。

仲の良い友達が、夢を叶えた時などに、「喜ばしい」と感じた人もいるでしょう。

一方で、「喜ばしい」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「喜ばしい」という言葉の意味を紹介します。

  • 「喜ばしい」の読み方
  • 「喜ばしい」の意味

「喜ばしい」の読み方

「喜ばしい」「よろこばしい」と読みます。

「きばしい」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「喜ばしい」「よろこばしい」と読みましょう。

「喜ばしい」の意味

「喜ばしい」という言葉の意味を紹介します。

「喜ばしい」には、「快く、満足な気分だ」という意味があります。

特に、他人の出来事に対して、「よかった」「快い」と感じた時に、「喜ばしい」という言葉を使います。

例えば、仲の友達が夢を叶えた時、「快い」「満足な気分だ」と感じるかもしれません。

このような時、「喜ばしい」という言葉を使ってみましょう。

「喜ばしい」の類語や類似表現や似た言葉

次に「喜ばしい」の類語や類似表現を紹介します。

「喜ばしい」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「嬉しい」
  • 「楽しい」
  • 「お祭り気分」
  • 「ご機嫌」
  • 「有頂天」

「嬉しい」

「嬉しい」には、「楽しく喜ばしい」という意味があります。

例えば、友達から遊びに誘われた時、「楽しく喜ばしい」と感じるのではないでしょうか。

そのような時に、「嬉しい」という言葉を使います。

「楽しい」

「楽しい」は、「心地よく、満足で心配事がない様子」という意味があります。

心地よく満足なだけでなく、「楽しい」時は、心配事がないという特徴があります。

「楽しい思い出」という言葉には、心地よく、満足で心配するようなことがない思い出という意味があります。

「お祭り気分」

「お祭り気分」には、「祭りのように浮かれた気分」という意味があります。

みなさんも、子供の頃や思春期の頃などに、お祭りの屋台が並んでいるのを見て、気持ちが浮かれたのを覚えているでしょう。

またおみこしを担ぎながら、楽しいと感じた経験があるかもしれません。

あの、お祭りで感じたような、浮かれた気分を、「お祭り気分」と表現します。

「ご機嫌」

「ご機嫌」という言葉には、「ひどく機嫌が良いこと」「すばらしい様子」という意味があります。

例えば酔っぱらって、ひどく機嫌がよく、ずっと大笑いしているような人がいます。

彼らの姿は「ご機嫌」と表現できるでしょう。

また「素晴らしい音楽を聴いた」という時、「ご機嫌な音楽を聴いた」と表現できます。

「有頂天」

「有頂天」「うちょうてん」と読みます。

「有頂天」には、「すっかり調子に乗る様子」という意味があります。

仕事で大きな成果を出して、すっかり調子に乗る人を見た時、また彼女ができて調子に乗った友達などを見た時に、「有頂天」という言葉を使ってみましょう。

またあまりにも調子に乗っていると、周囲の人から嫌な目で見られるため、「有頂天」になっている人は、注意しましょう。

「喜ばしい」を使った例文や短文など

続いて「喜ばしい」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「喜ばしい」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「喜ばしい」を使った例文1
  • 「喜ばしい」を使った例文2

「喜ばしい」を使った例文1

「今日は妹の結婚式という、『喜ばしい』日になった」

この例文は、妹の結婚式の日を迎えた、兄の心境を言葉にしたものです。

あの小さかった妹が、結婚式という晴れの舞台を迎えるのは、嬉しいでしょう。

このような時の、兄の気持ちは、心よく満足のため、「喜ばしい」と表現できます。

またそのような気分が、この日一日続きそうなので、「喜ばしい日」と表現できます。

「喜ばしい」を使った例文2

「子供が、喜ばしい成長を遂げている」

この例文のような気持ちに、親なら、なるのではないでしょうか。

子供が順調に成長を遂げている時、満足で快いと感じられるでしょう。

このまま、同じように成長して欲しいと願いながら、「喜ばしい成長」に目を細めるのではないでしょうか。

また学校の先生は、教え子がたちが満足に成長を遂げていると感じた時、同様に「喜ばしい成長」と感じるのではないでしょうか。

「喜ばしい」の反対語

続いて「喜ばしい」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「喜ばしい」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「不機嫌」
  • 「ご機嫌斜め」
  • 「冠を曲げる」
  • 「虫の居所が悪い」

「不機嫌」

「不機嫌」には、「機嫌が悪いこと」という意味があります。

「説教をすると、みるみる不機嫌になる後輩」という場合、説教をされると、後輩が時間の経過とともに、どんどん機嫌が悪くなるという意味があります。

「ご機嫌斜め」

「ご機嫌斜め」「ごきげんななめ」と読みます。

「ご機嫌斜め」には、「他人の機嫌がよくないこと」という意味があります。

そのため「私はご機嫌斜めだ」とは言わず、「父がご機嫌斜めだ」というケースで使います。

遅刻したら、彼女が「ご機嫌斜め」になったというような使い方をします。

「冠を曲げる」

「冠を曲げる」という言葉には、「意固地になる」という意味があります。

思い通りに行かなくなると、意固地になる人がいますが、そのような人の様子を、「冠を曲げる」と表現します。

小さな子供や、わがままな大人は、すぐに「冠を曲げる」傾向があります。

「虫の居所が悪い」

「虫の居所が悪い」という言葉には、「いつもと違って、機嫌が悪く苛立つ状態」という意味があります。

いつもは優しく穏やかな性格の人も、時には機嫌が悪く、ピリピリすることがあります。

そのような人に対して、「彼女は虫の居所が悪いから、近寄らないようにしよう」などという使い方をします。

icon まとめ

「喜ばしい」という言葉について見てきました。

他人に良いことがあったり、活躍する姿を見た時に、心よく満足な気持ちになった時、「喜ばしい」という言葉を使ってみましょう。