意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嬉しい」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「嬉しい」という感情は毎日あれば、それに越したことはないのですが、実際は、苦しい状況で喜べない人たちも多くいます。

ですので、本当の嬉しいという状況を求めることは、世人の常でもあります。

嬉しいとは誰かからの贈り物であることは、その嬉しさの貴重さを物語っています。

嬉しい

Meaning-Book
「嬉しい」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「嬉しい」の意味とは?
  • 「嬉しい」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「嬉しい」の言葉の使い方
  • 「嬉しい」を使った例文と解釈
  • 「嬉しい」と楽しいの違い
  • 「嬉しい」の敬語
  • 「嬉しい」の英語
  • 「嬉しい」と同じ意味を持つ言葉、言い回し


「嬉しい」の意味とは?

「嬉しい」という表現は、嬉しいという女性の心情の発露として優秀な意味があります。

感じとして、女が喜ぶと書く漢字は、嬉しいという心想のイメージをよく表します。

嬉しいという形容詞としての意味ですが、嬉しいという美しい表現に関しても、女性の感情を基本にした心理ですので、その時の現場というものも、感動の場面となることは、必須となります。

  • 「嬉しい」の読み方

「嬉しい」の読み方

嬉しいは「うれしい」と読みます。

通常の漢字表現に関しても、うれしいとひらがなで書くのが、常ですので、漢字に現す際には、むずかしい意味合いと深い意味合いが伝わる表現です。

プレゼントをもらって嬉しいとするのは、やはり贈られて嬉しい相手からというものが、うれしい感情を呼び起こす場面になります。



「嬉しい」の類語や言い換え・似た言葉

嬉しいの類義語として、「楽しい」があります。

また、歓喜するや、喜ばしいという表現もあります。

喜ばしいというのは、第三者や二人称の誰かからの好意であることが、条件になります。

歓喜する場合であれば、なにかの宴の席でのうたげを意味することもあります。

嬉しいという意味には、具体的になにかをもらったときなどが想定されますが、そのこころの有り様も重要なことです。

「嬉しい」の言葉の使い方

嬉しいの言葉の使用法として、嬉しいということが日常茶飯事でないことはよくあります。

ですので、簡単に嬉しいという用語で、客商売などをしてしまうと、突飛なクレームに繋がるおそれはあります。

嬉しくもないのに嬉しいと言ってしまうと、それは女性の心理として重要なことですので、あとでの大惨事になる恐れもあります。



「嬉しい」を使った例文と解釈

嬉しいという意を上手く表現するのには、その嬉しさの送り手と贈られる方の関係性が重要とされます。

これは、得をしたラッキーであったという、棚ぼた式の意味とは全く違っています。

そして、あたったというものは、嬉しいと言うよりも獲得したという意味合いが強くなりますので、本当に嬉しい感情を呼び起こされるのはどういうときか、熟慮するべきです。

  • 「嬉しい」の例文1
  • 「嬉しい」の例文2
  • 「嬉しい」の例文3

「嬉しい」の例文1

「嬉しさのあまり、送り主の名前を再確認します」

嬉しさの状況として、その相手からものであるのが重要なことです。

これは、ただ抽選にあたったというたぐいではありません。

その送り主である人が誰であるかが重要なことです。

嬉しいという感情は相手からの愛情の贈り物に反応するものです。

ですので、機械的な作用に関しては嬉しいという感情は湧いてきません。

「嬉しい」の例文2

「ラッキーだったと思っていたのが、実は知っている人からのもので嬉しくなりました」

突如として、表れる事態が好機なのか、不具な事態なのかは、よく考えてみて判断することが重要です。

このあたりの本当の愛に根ざした実現なのかどうかは、よく人は詐欺というものに注意しなくてはなりません。

ですので、本当の愛であるかどうかをよく確かめることが、嬉しさの最低条件になります。

「嬉しい」の例文3

「嬉しい感情は、その人間関係のこれからを期待させます」

嬉しい感情が高まると、自分の人生に期待をもたげるようになります。

これは、嬉しいという事実が、自分の前途を拡げるという意味で、よく使用されるでしょう。

たとえば学校に入学する際でも、会いたかった人に会えそうだという予感が、良く嬉しいという感情を支えてくれるのです。

「嬉しい」と楽しいの違い

嬉しいという感情と楽しいという雰囲気は違います。

楽しいという実際は、友人と遊んでいる時にそう考えます。

また、楽しい雰囲気だけの偽りの事もありますので、子供が楽しそうに遊んでいる場合であっても、本当の親友としての遊びのほうが楽しいに決まっている事実はあります。

それより嬉しいという感情は、本来の人間の真の部分を表しますので、その環状に嘘偽りはないのが常識です。

「嬉しい」の敬語

嬉しいの敬語表現として、お喜び申し上げます。

若しくは、お慶びもうしあげであるとか、お歓び申し上げます。

という丁寧な表現があります。

どれも慶句として優秀なものばかりですので、覚えておくと人生が広がります。

そして、嬉しいという感情には、そのシーンと時が絡んでいるのも重要なことですので、それを間違うと、突飛な逆襲に合うことも予想されます。

ときと場所を選んだ、嬉しいの敬語を使いましょう。

「嬉しい」の英語

嬉しい meaning in english

嬉しいの英語に対応するものは、“happy”“joyful”“delightful”“delighted”にあたります。

「嬉しい」と同じ意味を持つ言葉、言い回し

嬉しいと同じ意味を持つもので、喜ばしいや、趣あるという表現があります。

喜ばしいでは、第三者から見ても、喜ばしい状況になり、趣あるという表現では、古語に近い形ですが、その現象に対して、心から同意し歓びます。

という感情のレベルでの嬉しいに近いものがあります。

興味深いよりも、それが心からの感動を呼び起こすとき、嬉しい作品というものがあるのです。

  • 誰からも喜ばしい
  • 趣を呈するもの
  • 興味深いの先にあるもの
  • 元気が嬉しい
  • 食事に対する嬉しさ

誰からも喜ばしい

貰ったものが、たいそう喜ばしく思えました。

貰ったものが嬉しいというからには、その全長としておめでたいことがあったことを想定されます。

ですので、その貰い物がとても品があるという良識があります。

これは、贈り物の送り主の情緒や人柄を現すものなので、たとえそれが通常の日用品であったとしても、すばらしく喜ばしいものとして映るのです。

趣を呈するもの

趣あるその創作物が、私の感情を嬉しく揺さぶりました。

趣を呈するものとして、芸術の中では、盆栽や切り花があります。

これらは、自然のものですが、人間が作り変えることにより、人のこころに嬉しさを呼び起こします。

重要なのは、客人を迎えるというこころ態度であり、それが定説であったとしても、趣ある芸術であれば、それは感情を動かすのです。

興味深いの先にあるもの

興味深いその事象は、眼前に映ると嬉しさを引き起こしました。

興味深い事象は、それが何を発端としているのか、人間から探りという感情を呼び起こします。

これは、その製作者が誰であるとか、もしくはどのようにできあがったものであるかなどの、制作過程が重要視される、良い意味での研究心です。

ですので、追従者としてもその理論や創作の物語を知ってしまうと、嬉しくなります。

元気が嬉しい

子供が元気に跳ねていると嬉しくなります。

犬や子供が楽しそうに遊んでいる様子は、大人としても喜ばしい状況です。

これは、人間の自然な感情ですので、健康で病気なく楽しそうにしている子どもたちは、たいそう嬉しく目に映るものです。

食事に対する嬉しさ

食事にここまでの色彩を加えられるとは、楽しい料理でした。

食事のもてなしに関しては、その彩りで客人を迎えるという態度が現れます。

これは、一種の飲食業を超えた世界のある、創作物の話です。

icon まとめ

嬉しいという状況は、誰かから誰かへというルートがはっきりしている方が良いので、ちゃんと送った本人の名前があると、その歓びもひとしおです。

嬉しさというのは、機械には演出できません。

人間同士のコミュニケーションは、たしかに嬉しさを呼び起こすときがあるのです。