意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ラインナップ」とは?意味や使い方!例文や解釈

ビジネスや日常会話で「ラインナップ」という言葉を聞くことがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方などについて詳しく紹介します。

Meaning-Book
「ラインナップ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「ラインナップ」とは?
  • 「ラインナップ」の表現の使い方
  • 「ラインナップ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「ラインナップ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「ラインナップ」の反対語
  • 「ラインナップ」の英語と解釈

「ラインナップ」とは?

「ラインナップ」の概要について紹介します。

  • 「ラインナップ」の読み方
  • 「品揃え」の意味
  • 「テレビやラジオのプログラム」の意味
  • 「メンバー」の意味
  • 「ラインナップ」の語源や由来

「ラインナップ」の読み方

「ラインナップ」は英語では“line-up”と表記します。

単語を区切って発音すると「ライン・アップ」ですが、英語的に発音すると「ラインナップ」になるのです。

どちらでも同じ意味として使えます。

「品揃え」の意味

商品をひと目でわかる様にまとめて見せることを言います。

自社のサービスや商品をカタログなど目に見える状態にしておき、比較検討がし易い様にすることを表します。

名称や型番だけではなく特徴やスペックなども表記した一覧リストのことを「ラインナップ」と言うのです。

「テレビやラジオのプログラム」の意味

テレビやラジオの番組表のことをいいます。

最近ではインターネットでテレビやラジオの番組表を閲覧できる様になりました。

局・曜日・時間帯ごとに場どの様な番組が放映されるのかを一覧にしたものが「ラインナップ」です。

放送局では放映時間帯にはひっきりなしに映像を提供しているので「ラインナップ」という言葉が使われるのです。

「メンバー」の意味

スポーツやプロジェクトチームなど、集団を構成する人員のことを言います。

日本語では「顔ぶれ」とも言われ、メンバーが列を作って並んだ時に、顔が一列に並ぶ様子からこの様に言われています。

野球で「ラインナップ」と言えば、メンバーの打順表のことを言います。

「ラインナップ」の語源や由来

先に紹介しましたが「ラインナップ」は英語の“line-up”が語源です。

意味は「一列に並べる」で、商品を見易く並べたり、テレビやラジオのプログラムの一覧を表示したり、メンバーが揃っている状態などを表す言葉です。

「ラインナップ」の表現の使い方

「ラインナップ」の使い方を幾つか紹介します。

  • 「新製品ラインナップ」【しんせいひんらいんなっぷ】
  • 「今後のラインナップ」【こんごのらいんなっぷ】
  • 「先発メンバーのラインナップ」【せんぱつめんばーのらいんなっぷ】

「新製品ラインナップ」【しんせいひんらいんなっぷ】

企業の新製品を見易く収めたカタログや、ネットのカタログページなどを表します。

どの様な新製品があるのか、値段やスペックなどが分り易く表示されています。

「今後のラインナップ」【こんごのらいんなっぷ】

主にラジオやテレビでこれからの放送予定を表します。

お正月やGWなど、ラジオやテレビでは先の放送予定を公表することになっています。

「今後の放送予定」として放映が決まっている主なプログラムを紹介する時に使います。

「先発メンバーのラインナップ」【せんぱつめんばーのらいんなっぷ】

野球で、試合の最初から出場する選手を打順ごとに並べて紹介するもので、得点掲示板に表示されます。

野球の場合、単なるメンバーの発表だけではなく打順ごとに並べることを表します。

「ラインナップ」の類語や類似表現や似た言葉

「ラインナップ」の類語を紹介します。

  • 「メニュー」【めにゅー】
  • 「オーダー」【おーだー】
  • 「コンテンツ」【こんてんつ】

「メニュー」【めにゅー】

レストランでは「コース料理や一品料理などが一覧できるリスト」のことを言います。

どの様な料理があり、食材や味付けなどについても添え書きしてあったり、原産地なども表記されていることもあります。

また、ダイエットや筋トレなどの課題についても、最初に決めたやり方に従っていくことから「メニュー」と言います。

更に、パソコンの画面でアプリやツールが一覧できる画面を「メニュー画面」と言います。

「オーダー」【おーだー】

「オーダー」「順番」という意味です。

スポーツの場合出場順のことで、特に野球では「オーダー」と言えば「打順」のことを言います。

ビジネスでの「オーダー」「注文」を意味しますが、こちらは順番に注文をしていくという意味になります。

「コンテンツ」【こんてんつ】

「内容・中身」という意味ですが、最近では「オンラインでまとめて配信されるサービスのこと」を表します。

一つのサービスの中に様々な情報が含まれていることから「ラインナップ」の類語と思って良いでしょう。

「ラインナップ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「ラインナップ」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「ラインナップ」を使った例文1
  • 「ラインナップ」を使った例文2

「ラインナップ」を使った例文1

「今年の秋は新たなラインナップでファッション業界をリードしたい」

ファッション系の企業で、秋に一気に新作を発表して売り上げを伸ばしたいという意味です。

ファッション業界では新作をリリースする時期が決まっていて、モデルチェンジや新しいシリーズなどを企画開発して発表まで準備を進めているのです。

「ラインナップ」を使った例文2

「最強のラインナップで試合に挑む」

スポーツのチームで優秀なメンバーが揃っていることを表します。

試合の時に並んだメンバーの顔触れが、他のチームの人達が知っている様な凄いメンバーなのです。

昔から地元でも有名な選手達で、チームとして大きな期待がかかっています。

「ラインナップ」の反対語

「ラインナップ」には特に反対語はありませんが、近い意味の言葉を紹介します。

  • 「ラインオフ」【らいんおふ】
  • 「ランダム」【らんだむ】

「ラインオフ」【らいんおふ】

「ラインナップ」「一列に並ぶこと」に対して「ラインオフ」は、メーカーでプロダクトの生産ラインが終了して下ろすことを言います。

つまり、「列から外れること」となり「ラインナップ」の反対の意味と言えます。

「ランダム」【らんだむ】

「一定の補足がなく不規則なこと」という意味です。

「アトランダム」という言葉がありますが、これは英語の“at random”(手当たり次第に)を日本語化した言葉です。

ひと目で分る状態でないことから「ラインナップ」の反対の意味と言えるでしょう。

「ラインナップ」の英語と解釈

“This is the line-up of our new products.”

「これが我が社の新製品のラインナップです」になります。

“line up”は元々英語ですが、真ん中にハイフンがないと「並べる」という動詞になります。

“line-up”とすることで名詞になり、日本語の「ラインナップ」と同じ意味で使えるのです。

icon まとめ

「ラインナップ」には「品揃え」「テレビやラジオのプログラム」「メンバー」の3つの意味があります。

ビジネスから日常会話まで幅広く使えますので、是非覚えておきましょう。