意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ルーティン」の意味や使い方

ルーティンという表現を知っているでしょうか。

最近では横文字も多く使われるようになりましたから、ルーティンという表現を使った経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ここではルーティンという表現について紹介します。

ルーティン

Meaning-Book
「ルーティン」の意味や使い方>


目次

  • 「ルーティン」とは?
  • 「ルーティン」の表現の使い方
  • 「ルーチンワーク」の対義語
  • 「ルーティン」を使った例文と意味を解釈
  • 「ルーティン」の類語や類義語・言い換え

「ルーティン」とは?

ルーティンとは決まった手順やおきまりの所作、などという意味を持つ言葉です。

例えば朝起きたら必ずコーヒーを飲む、などというルーティンを持つ人もいるのではないでしょうか。

木曜日はゴミの日なので、水曜のうちに準備するルーティンを持つ、などという人もいるでしょう。

夕食を食べたら食器を洗い、ジョギングに行くルーティンを持つ人もいるかもしれませんね。

子供がいると、午前中は公園に行くというルーティンを持つ人もいるのではないでしょうか。

「ルーティン」の表現の使い方

ルーティンは日常的に使える表現であり、誰でも使える言葉です。

子供であっても、例えば5時にこのテレビ番組を見るという人もいるでしょう。

寝る前にはお風呂に入り、そのまま歯を磨いて寝るという流れをルーティンとしている場合もあるかもしれません。

ルーティンは誰にでもあるものですよね。

これをしなければ落ち着かない、などという人もルーティンがあると言えます。

「ルーチンワーク」の対義語

ルーチンワークはルーチンワークと言われることもあり、これは業務上毎回決まって行う作業を指します。

例えばコピーを取るルーチンワークを持つ人もいますよね。

教師ならば教材研究をして授業をする、会議に出る、子供達を引率する、というルーチンワークがあります。

単純作業と言われることもありますが、ルーチンワークは働く上で重要です。

ルーチンワークの対義語はアボホックで、これは臨機応変に対応する、その場しのぎの、という意味があります。

あるいは非定型業務も対義語になります。

これは仕事がマニュアル化されておらず、自己判断が求められます。

ケースワークも対義語と言えます。

ケースワークは対象が様々な問題を抱えているため、ケースバイケースで対応する必要があります。

「ルーティン」を使った例文と意味を解釈

ここではルーティンという表現を使った例文を紹介します。

  • 「ルーティン」を使った例文1
  • 「ルーティン」を使った例文2

「ルーティン」を使った例文1

「父は、夕食後に散歩に行くのがルーティンになっています」

散歩は健康に良いとされますから、様々な事情で散歩に行く人も多いのではないでしょうか。

食後の散歩に行く人は多いかもしれませんね。

無理は禁物ですが、適度な運動はぜひ習慣にしたいものです。

「ルーティン」を使った例文2

「朝はまずコーヒーを入れることがルーティンになっています」

朝は絶対にコーヒーを飲むという人も多いでしょう。

カフェインの摂取のし過ぎは良くありませんが、適度なカフェインは欠かせない人もいるのではないでしょうか。

美味しいコーヒーは幸せな気持ちになりますよね。

「ルーティン」の類語や類義語・言い換え

ここではルーティンという表現の類義語を紹介します。

  • 「お決まり」
  • 「日課」
  • 「習慣」

「お決まり」

お決まりという表現には変わらないか習慣的方法、あるいは手順という意味になります。

コーヒーを飲むのがお決まり、という人も多いことでしょう。

「日課」

日課とは、毎日決めてする仕事、毎日割り当てですること、という意味です。

毎日決まってやることを日課と言います。

「習慣」

習慣には長い間それを繰り返し、あたかもそうすることが決まりのようになったこと、という意味があります。

学校から帰ったら宿題をするのが習慣だと素晴らしいですね。

icon まとめ

ルーティンは誰にでもあるのではないでしょうか。

生活をしていると何らかの習慣ができるものです。

ルーティンをしないと落ち着かない人もいるかもしれませんね。