意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「バチクソ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、「バチクソ」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 普段の会話の中では、めったに聞くことがない言葉だと思いますが、今回はこの点が言葉の意味や使い方を見ていくことにします。

どのような言葉なのか、ここでしっかりと学んでください。

バチクソ

Meaning-Book
「バチクソ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「バチクソ」とは?
  • 「バチクソ」の表現の使い方
  • 「バチクソ」の英語と解釈
  • 「バチクソ」を使った例文と意味を解釈
  • 「バチクソ」の類語や類義語・言い換え

「バチクソ」とは?

「バチクソ」とは「ものすごく」という意味があり、「物事の状態が激しかったり、普通の状態ではない」という解釈ができます。

実は「バチクソ」は中国地方の方言で、「バチ」「クソ」だけでも「ものすごく」という意味で使うことができます。

「バチクソ」の表現の使い方

「バチクソ」「ものすごく」という意味があるので、普段の状況よりもとても激しい状態であったり、凄まじいまでの勢いが見られる場合に使われることになります。

しかし、中国地方の言葉をだけに全国的に、出てくることは少ないと言えるでしょう。

「バチクソ」の英語と解釈

バチクソ meaning in english

「バチクソ」を英語で表現するなら、「ものすごく」という意味で英訳して“terrific”“horribly”“awfully”“dreadfully”などの言葉で表現することができます。

「バチクソ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「バチクソ」を使った例文を見ながら、活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「バチクソ」を使った例文1
  • 「バチクソ」を使った例文2

「バチクソ」を使った例文1

「あいつがバチクソに怒っていた理由が分からないんだ。どうしてあそこまでカンカンになっているんだろう」

急に怒り出した友人のことを言っているようですが、「バチクソに怒る」とは「ものすごく怒る」という意味です。

でも、怒っている理由が分からないと、どのように接していいか困ってしまいますね。

「バチクソ」を使った例文2

「昨日はバチクソに雨が降ってきたので、びしょ濡れで帰宅したよ」

昨夜の夜に非常に強い雨が降ってきたのか、帰宅途中で「ひどい雨」に降られて前進びしょ濡れになったのでしょう。

こんな場面でも使うことができると思いますが、「バチクソ」は、ごく日常的できると場面で出てきそうな言葉です。

「バチクソ」の類語や類義語・言い換え

「バチクソ」をほかの言葉で言い換えるとすると、次のような類義語で言うことができます。

  • 「恐ろしく」【おそろしく】
  • 「甚だ」【はなはだ】
  • 「ひどく」【ひどく】

「恐ろしく」【おそろしく】

「恐ろしく」とは、「非常に気味が悪い」「なんとも恐ろしい」「何となく恐ろしい」「何だかさびしい」などの意味がありますが、「バチクソ」の類義語としては、「並の程度をはるかに超えている」という意味で使うことになります。

「甚だ」【はなはだ】

「はなはだ」と読む「甚だ」とは、「程度が大きく激しい」「非常に」「ひどく」という意味があります。

但し、口語体で使われるより、どちらかというと文章の中で目にすることが多く、「甚だ遺憾である」といったような使い方になります。

「ひどく」【ひどく】

「ひどく」とは、「善し悪しにかかわらず」「程度の甚しいこと」「とても」「非常に」という意味になります。

icon まとめ

「バチクソ」「ものすごく」という意味でシンプルな言葉ですが、さすがに全国的に使われることがないでしょう。

誰もが気軽に日常的に使っているとは言いがたい言葉です。

しかし、最近では方言ブームなのか、地方の言葉がよく出てきたりしますし、インターネットで調べることで、すぐに意味が理解できます。

「バチクソ」も、そのようなことから、意識的に普段の会話の中で使い続けることで、もしかするとメジャーな方言になるかもしれません。

何となく言っても関西の言葉は、ある意味、メジャーな方言かもしれませんので、ちょっとしたきっかけで色々な方言が、全国区になる可能性もあるでしょう。