意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目端を利かす」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

目端を利かす、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

これ以外にも目端を利かせる、という表現が使われます。

それならば、目端を利かすという表現にはどのような意味があるのでしょうか。

ここではこの表現について紹介します。

目端を利かす

Meaning-Book
「目端を利かす」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「目端を利かす」とは?
  • 「目端を利かす」の表現の使い方
  • 「目端を利かす」の英語と解釈
  • 「目端を利かす」を使った例文と意味を解釈
  • 「目端を利かす」の類語や類義語・言い換え


「目端を利かす」とは?

目端を利かす、というのは素早く適切な判断を下す、という意味です。

その場に応じて才知を働かせる、機転を利かせる、という意味であり、特にビジネスなどでよく使われます。

職場においても、その場に応じて適切な判断ができる人は周りから慕われますよね。

目端とは目先のことを指しており、時機をよく見る頭の働きを表しています。

リーダーシップを取る人であれば目端を利かせる人が良いですし、このような上司を持ちたいと思う人も多いのではないでしょうか。

  • 「目端を利かす」の読み方

「目端を利かす」の読み方

目端を利かすという表現は「めはしをきかす」読みます。

これ以外にも目端を利かす、などという表現を使うことがあります。

文脈によって変わりますので臨機応変に使い分けましょう。



「目端を利かす」の表現の使い方

目端を利かすという表現はビジネスにおいてよく使われます。

例えば、「彼は目端を利かせる人材だから今回のプロジェクトリーダーにちょうど良いのではないか」のように使われます。

また、リーダーを選抜するときには「目端を聞かせる彼女が妥当だろう」のように使われることもあります。

男性に対しても女性に対しても使える言葉ですし、とても丁寧な表現ですから上司に対して使うことも可能です。

「目端を利かす」の英語と解釈

目端を利かす meaning in english

目端を利かすという表現を英語にすると“to be quick witted”“to be tactful”“あるいはto be sensible”という表現が使えます。

例えば「彼女は目端を利かす人材です」というのであれば“She is very tactful.”になります。



「目端を利かす」を使った例文と意味を解釈

ここでは目端を利かすという表現を使った例文を紹介します。

  • 「目端を利かす」を使った例文1
  • 「目端を利かす」を使った例文2

「目端を利かす」を使った例文1

「彼女は目端を利かす人材だから、彼女に任せておけば問題はないだろう」

その場に応じて最適な判断を下せる女性は職場でも貴重な存在です。

貴重な存在には女性も男性も関係ありません。

ビジネスにおいては瞬時の判断が求められることもありますので、そのような状態に強い、プレッシャーに負けない、負担に押しつぶされない、といった人材が求められます。

何か問題が起こったときはそのような人材こそ信頼されるのではないでしょうか。

「目端を利かす」を使った例文2

「彼が目端を利かせてくれたおかげで、今回の失敗を回避できました」

臨機応変な対応ができる人がいると、トラブルが回避できる場合もあります。

いざという時に誤った判断をしてしまうと、それだけでトラブルが大きくなってしまうこともありますよね。

その場に応じた判断ができるという人材こそ、ビジネスでは重宝されるのです。

「目端を利かす」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「機転が利く」
  • 「柔軟な」
  • 「臨機応変」

「機転が利く」

機転が利く、という表現はその場に応じた対応ができるという意味であり、要領が良い、切り返しがうまい、という意味になります。

臨機応変に動ける人も機転が利くと表現されます。

「柔軟な」

柔軟な、という表現は容易に変形するという意味があり、転じて臨機応変に行動できる、どのような状況にもすぐに対処できる、という意味があります。

順応性がある、適応力がある、と表現される場合もあります。

「臨機応変」

臨機応変というのはその場に応じて変化し、その場に応じて適当に対応する、という意味になります。

その場に応じて適切な手段が取れる人材を臨機応変と表現します。

icon まとめ

目端を利かすという表現はあまり聞いたことがないという人もいるかもしれません。

ビジネスにおいてはよく使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。

スマートに使いこなせると良いですね。