意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「なるへそ」とは?意味など徹底解釈

「なるへそ」の意味や使い方の注意点を紹介します。

さらに「なるへそ」の類語を紹介して行きます。

なるへそ

Meaning-Book
「なるへそ」とは?意味など徹底解釈>


目次

  • 「なるへそ」とは?意味
  • 「なるへそ」の表現の使い方と注意点
  • 「なるへそ」の言い換え


「なるへそ」とは?意味

「なるへそ」という言葉の意味を紹介します。

「なるへそ」には、「なるほど」という意味があります。

「はるほど」を、若者言葉にしたものが、「なるへそ」になります。

ちなみに「なるほど」「ほど」は、「火床」と書く時に、「いろりの中心にある窪んだ部分」を指します。

また「へそ」は、お腹の中心の窪んだ部分を指します。

そのため、「ほど」「へそ」には共通点があり、「なるほど」「なるへそ」に変化させたと言われています。



「なるへそ」の表現の使い方と注意点

「なるへそ」は若者言葉のため、カジュアルな場面でのみ使える言葉です。

友達同士で「なるへそ」と言うのはいいですが、会社で使ったり、目上の人に対して「なるへそ」と言うのは問題になります。

「なるへそ」は使う場面に気を付けましょう。

「なるへそ」の言い換え

「なるへそ」を他の言葉に言い換えてみましょう。

「なるへそ」の類語や似た意味の言葉は、どのような言葉でしょうか。

  • 「なるほど」【なるほど】
  • 「納得」【なっとく】

「なるほど」【なるほど】

「なるへそ」を、一般的に知られている形にすると、「なるほど」になります。

「なるほど」には、「納得や理解の同意を示す」意味があります。

「納得」【なっとく】

「納得」には「他の人の行動を、十分に理解する」という意味があります。

「納得した」という場合は、「十分に理解した」という意味があります。



icon まとめ

「なるへそ」という言葉についてみてきました。

「なるほど」を若者言葉にしたい時、「なるへそ」を使ってみましょう。