意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辛気臭い」とは?意味や類語!「陰気臭い」との意味の違い

「辛気臭い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「辛気臭い」という言葉を使った例文や、「辛気臭い」の類語を紹介して行きます。

辛気臭い

Meaning-Book
「辛気臭い」とは?意味や類語!「陰気臭い」との意味の違い>


目次

  • 「辛気臭い」とは?
  • 「辛気臭い」を使った言葉と解釈
  • 「辛気臭い」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「辛気臭い」を使った例文や短文など
  • 「辛気臭い人」の特徴


「辛気臭い」とは?

「辛気臭い」という言葉を知っているでしょうか。

どこかの飲み会に参加した時に、「辛気臭い」と感じた経験があるかもしれません。

一方で、「辛気臭い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「辛気臭い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「辛気臭い」の読み方
  • 「辛気臭い」の意味

「辛気臭い」の読み方

「辛気臭い」「しんきくさい」と読みます。

「辛気」「からき」ではなく、「しんき」と読み、「臭い」「くさい」と読みます。

これを機会に、「辛気臭い」「しんきくさい」と読むようにしましょう。

「辛気臭い」の意味

「辛気臭い」の意味を紹介して行きます。

「辛気臭い」という言葉には、「思うようにならなくて、じれったいのこと」という意味があります。

また「思うようにならず、いらいらする様子」また「気がめいる様子」という意味もあります。

さらに「非常に面倒でイライラする様子」という意味があります。

このように、何かしら思うようにならずに、イライラしている様子を、「辛気臭い」と言います。



「辛気臭い」を使った言葉と解釈

「辛気臭い」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「辛気臭い」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「辛気臭い顔」
  • 「辛気臭い仕事」
  • 「辛気臭い口調」

「辛気臭い顔」

「辛気臭い顔」という言葉があります。

「辛気臭い顔」は、「陰気でイライラしているのがわかる表情」をしている人です。

暗い表情の人は、話しかけたくないタイプの人になりますが、さらにイライラしている人には近寄りたくないと感じます。

このように、「辛気臭い顔」の人は、陰気でイライラした、話しかけにくい表情をしています。

「辛気臭い仕事」

「辛気臭い仕事」という言葉もあります。

「辛気臭い仕事」とは、「単調でやりがいがない仕事」のことを言います。

なんで、こんな面倒な仕事をしなければいけないんだと、暗い気持ちになるような仕事です。

そのため、「辛気臭い仕事」をしている最中、ネガティブな思いにとらわれてしまいます。

単調でおもしろみの無い仕事は、「辛気臭い仕事」と言われやすいでしょう。

「辛気臭い口調」

「辛気臭い口調」という言葉もあります。

「辛気臭い口調」は、「声のトーンが沈んでいる、聞いている人の気がめいるような口調」のことを言います。

声が暗く、さらにハリがなく、発言者の目の前で消えてしまうような力の無い声になります。

このような口調の人と話をしていると、疲れてしまいますし、暗い気持ちが伝染してしまうかもしれません。

「辛気臭い」の類語や類似表現や似た言葉

「辛気臭い」の類語や類似表現を紹介します。

「辛気臭い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「苛立たしい」
  • 「じれったい」
  • 「歯痒い」

「苛立たしい」

「苛立たしい」は、「いらだたしい」と読みます。

「苛立たしい」は、「焦ってイライラする感じ」という意味があります。

例えば、待ち合わせの場所に、待ち人が現れない時は、焦ってイライラするかもしれません。

このような時、「待ち合わせの時間に遅れるとは、苛立たしい」という文章にできます。

「じれったい」

「じれったい」という言葉を使った経験があるかもしれません。

「じれったい」には、「待ちきれなくてイライラする様子」という意味があります。

例えば、一緒に作業している人の仕事のスピードが遅く、「早くやってくれないかな」と待ちきれない思いになる時、「じれったい」と感じるのではないでしょうか。

「歯痒い」

「歯痒い」には、「思うようにならず、イライラする様子」という意味があります。

例えば自転車の乗り方を教えている時、子供が上手に自転車に乗れない時、イライラするでしょう。

自分がこう乗って欲しいと思うようにできないことに、イライラする時、「子供が自転車に乗れずに歯痒い」となります。



「辛気臭い」を使った例文や短文など

「辛気臭い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「辛気臭い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「辛気臭い」を使った例文1
  • 「辛気臭い」を使った例文2

「辛気臭い」を使った例文1

「雨ばかり降って、何だか『辛気臭い』天気だな」

この例文のように、雨ばかり降るような天気は、外に行くのが面倒で億劫になります。

服は濡れるし、傘をさすのも面倒で、イライラすることが増えるでしょう。

このような天気が続くと、「辛気臭い天気だな」などと言ってしまいます。

しかし、雨が降らなければ農作物が育たないため、雨は悪いものではありません。

広い目で見ると、「辛気臭い」と感じたイライラが消えてしまうかもしれません。

「辛気臭い」を使った例文2

「納期前になると、『辛気臭い』仕事ばかり続く」

この例文のように、納期前は細々な事務仕事が続くことがあります。

ため息が出るような仕事を何時間も続けている時、ぽつりと誰かが、「辛気臭い仕事だな」などとつぶやくかもしれません。

「辛気臭い人」の特徴

「辛気臭い人」には、共通する特徴があります。

「あの人は辛気臭いな」と感じる時、共通する特徴は、どのようなものでしょうか。

  • 「ネガティブな性格」
  • 「人が嫌い」
  • 「ストレスが溜まっている」

「ネガティブな性格」

何かにつけて、ネガティブな反応をする性格の人は、「辛気臭い」と思われてしまうでしょう。

仕事中にもため息ばかりついたり、「嫌だな」とか「こんな仕事して何になるんだろう」などとネガティブな言葉を繰り返している人は、「辛気臭い」と言われてしまうでしょう。

「人が嫌い」

そもそも人が嫌いなタイプの人は、人と楽しく接しようとしません。

そのため、そのような人と一緒にいても、人と一緒にいる醍醐味がありません。

イライラすることも多くなるかもしれません。

「ストレスが溜まっている」

ネガティブな発言をしたり、人を避けてばかりいる人は「ストレスが溜まっている」のかもしれません。

休養を取り、ストレスが抜ければ、「辛気臭さ」が消えて、明るいイメージの人になるかもしれません。

icon まとめ

「辛気臭い」という言葉について見てきました。

みなさんの周囲にある、面倒でイライラする仕事、イライラする人などを見た時に、「辛気臭い」という言葉を使ってみましょう。