意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「痛恨」の意味とは?「会心」との違い、英語や使い方、例文を紹介!

人は様々なことを選択して行動しており、時には失敗することもあります。

しかしその失敗が大きい時に「痛恨」という言葉を用いて表現することがあります。

何気なく用いる「痛恨」ですが、正しい意味を知らない人も多く、中には誤って使っている場合もあります。

ビジネスシーンでも用いられる言葉のため、適切な理解と使い方の認識が求められます。

痛恨

Meaning-Book
「痛恨」の意味とは?「会心」との違い、英語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「痛恨」の意味とは?
  • 「痛恨」の読み方と漢字について
  • 「痛恨」の英語(解釈)
  • 「痛恨」と「会心」の違い
  • 「痛恨」の言葉の使い方
  • 「痛恨」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「痛恨」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「痛恨」の類語や言い換え(シソーラス)


「痛恨」の意味とは?

「痛恨」という言葉は対象に対して非常に残念に思う・取り返しがつかないといった意味を持ちます。

ただ残念に思うような意味ではなく、より強調された強い意味を含めています。

また多くの場合はミス・失敗・不手際など悪いことが起こった際にそれを悔やむというニュアンスとして適応します。

そのことからも現在では何かを起こしてしまい、それに対しての反省・後悔といった解釈に変化しています。

また後悔・反省の程度は強いことが条件となり、使う場面に注意が必要です。



「痛恨」の読み方と漢字について

「痛恨」という言葉は「つうこん」と読みます。

その漢字の構成としては「痛」「恨」となり、それぞれに意味を持ちます。

「恨」という漢字は思い通りにいかず悔やむ・悩むといった意味を持ちます。

それに「痛」という漢字が合わさることで「痛みを感じるほどに悔んだり悩む」という意味になります。

ここでの「痛」は実際の痛みではありませんが、「痛みを感じるほど」という比喩表現として使われています。

そのことからも強い意味を持つ言葉と構成されています。

「痛恨」の英語(解釈)

痛恨 meaning in english

「痛恨」という言葉は強い感情表現の言葉として扱われており、表現の幅が大きい英語では訳もたくさんあります。

どのような言葉・表現があるか、例を紹介します。

  • “regret”
  • “grieve”

“regret”

“regret”には「後悔」という意味を持ち、悔むという点から同義の扱いとなります。

しかし“regret”のみではその程度を表現することはできないため、“great”“deep”“big”などその程度を表現する言葉が必要となります。

“grieve”

“grieve”という言葉は悲しみを意味しています。

しかしただの悲しみではなくより深い・深刻なレベルでの悲しみとしています。

そのため“grieve”単体でも痛恨における程度を表現することはできます。

しかし「痛恨」と扱う上では悲しみのきっかけ・原因が失敗や後悔などの果てに生じているということが条件となります。



「痛恨」と「会心」の違い

「痛恨」という言葉は様々な言葉と合わさって使われます。

その際、単語だけ「会心」と入れ替えて適応する熟語や慣用句も存在しており、意味を混同する人も多いです。

「会心」とは期待通りに良き満足すること・心の思うままになるといった意味とされています。

そのため思ったこと・願ったことに満足するという解釈で用いられています。

そのため「痛恨」とは大きく意味が異なっているため、使う上では注意が必要です。

「痛恨」の言葉の使い方

「痛恨」という言葉は強い後悔や反省をしているときに用いられます。

実際に使う上では相手に対してその旨を伝える使い方となります。

しかし何に対しての「痛恨」であるかを明確にしておかないと曖昧な伝わり方になるため注意が必要です。

また他者に対して使う際には「痛恨」の様子を表現する意味として用いられます。

しかしその背景として、使われている相手は大きなショックを抱えているという状態も考慮したうえで使うことが求められます。

「痛恨」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「痛恨」という言葉は単体で用いられる事は少なく、多くはそれに続く言葉と合わさって使われています。

そのため慣用句や熟語も多く存在しており、どのようなものがあるか例を紹介していきます。

  • 「痛恨の一撃」
  • 「痛恨のミス」
  • 「痛恨事」

「痛恨の一撃」

「痛恨の一撃」とは「一撃」とされることに対して強い感情を抱いていることを意味します。

多くは重要な場面での「一撃」を放つもそれが失敗に終わってしまい、後悔してもしきれないといったニュアンスとして扱われています。

「痛恨のミス」

この場合、起こしたミスとその影響が非常に大きいことを意味しています。

ミスにより大きな痛手となった・非常に悔むといった解釈とされており、その背景には公開も含まれています。

また他者に使う際には批判的な意味合いも込められます。

「痛恨事」

「痛恨事」という言葉は「痛恨」が適応するような物事・事象を表す意味とされています。

またその出来事・事象によって「痛恨」と感じる人がいる場合や、その状況を想像して用いる場合もあります。

「痛恨」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「痛恨」という言葉はテレビやニュースなどで耳にすることはあっても日常的に使う機会は少ないです。

実際に使う場面に備え、どのような使い方が適切か例とその解釈を紹介していきます。

  • 「痛恨」を使った例文1
  • 「痛恨」を使った例文2

「痛恨」を使った例文1

「今回の件について、あの時に気づいていれば防げたと思う本当に痛恨のミスだよ」

この場合、過去に起こしたミスに対しての反省・後悔の意味で用いられています。

未然に防ぐきっかけ・タイミングはあったがそれを見落としており、「あの時気づいていれば」と振り返る意味も込められています。

「痛恨」を使った例文2

「今回の不正によって彼は出世ポストから外されてしまった。彼にとってはこのことは痛恨だと思うが同情はできないよ」

この場合、「彼」とされる人物が起こした不正・その処分に対して用いられています。

不正に対しての処分は出世ポストを外されることであり、当人にとっては強いショックだろうと想像し、「痛恨」と用いています。

「痛恨」の類語や言い換え(シソーラス)

「痛恨」という言葉は日常で気にはなかなか使う機会の少ない言葉です。

しかし「痛恨」の感情を抱く機会は多々あり、その際に類語・類義表現で表されています。

実際にどのような言葉があるか、例を紹介していきます。

  • 「無念」
  • 「断腸の思い」
  • 「遺憾」

「無念」

「無念」という言葉には意味が二つあり、一つは雑念がなく迷いを無くした状態を意味します。

「痛恨」の類語としてはもう一つの意味である「悔しく思う」「悔しく思う様子」という点とされています。

「断腸の思い」

「断腸の思い」という言葉は非常に面苦しい気持ちを表現した意味です。

「断腸」とは腸がちぎれるほどの気持ちの比喩表現とされており、強く後悔した時にも適応するため類語とされています。

「遺憾」

「遺憾」とは物事が思い通りにいかずに残念に思うこと・惜しく思うことを意味しています。

またその程度も強いものとされているため、類語として扱われています。

icon まとめ

「痛恨」という言葉は実際に使うことは少なくてもその感情を抱く・表現することは多いです。

そのため類語・類義表現を含めて正しく理解し、使い分けることが必要となります。