意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「実施」の意味とは?「開催」の違い、対義語や類語、英語を紹介!

「実施」という言葉は様々な場面で使われる機会のある言葉です。

実際に何気なく使っていてもその意味・使い方を正しく理解していない人も多いです。

そのため「実施」にはどのような意味を持ち、どう使うかを知っておく必要があります。

実施

Meaning-Book
「実施」の意味とは?「開催」の違い、対義語や類語、英語を紹介!>


目次

  • 「実施」の意味とは?
  • 「実施」の読み方と漢字について
  • 「実施」の英語(解釈)
  • 「実施」の対義語
  • 「実施」の言葉の使い方
  • 「実施」を使った言葉と意味を解釈
  • 「実施」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「実施」と「開催」の違い
  • 「実施」の類語や類義の表現


「実施」の意味とは?

「実施」という言葉の意味として、計画や予定といった行動を実際に行うことを意味します。

実際に行うにあたり、ただ実行する事とは違い、計画・法律・規則といったことを予定通り・実際に行うという意味となります。

しかし使用頻度の多さから本来の意味からニュアンスが変わり、物事を実施するという意味合いになりつつあります。

そのため計画・法律・規則以外にも広い意味で「行う」ことに対して適応する言葉となります。



「実施」の読み方と漢字について

「実施」という言葉は「じっし」と読みます。

その漢字は「実際に施工する」という言葉がつながって構成されています。

「実施」「実」は事実・実際・実現といった現実にするような意味となります。

「施」には「ほどこし・恵みを与える」という意味を持ちますが、その他に「行う」という意味も備えています。

そのため二つが合わさることで「実際に行う・現実に行動を起こす」となることからも「実施」と構成されます。

「実施」の英語(解釈)

実施 meaning in english

「実施」は行動を起こすことにより意味を持たせた言葉となり、英語でも様々な表現がされます。

最も近い意味では遂行・実現・実行といった意味合いを持つ“Implementation”という言葉が適応します。

他にも法律的な意味での「実施」では「執行」を意味する“enforcement”・経過器や命令に対しての場合は“execution”という言葉となります。

「実施」にも様々な意味合いがあるため、それぞれに応じて適応する言葉・表現も変化します。

そのため使われている「実施」という言葉を正しく解釈し、それに合わせて使い分けが必要となります。



「実施」の対義語

「実施」という言葉に対してその反対になる言葉は様々にあります。

しかし明確に「対義語」と定義される言葉はないため、多くはその意味合いに対する反対・否定の言葉となります。

最も直接的な言葉では「実施」を否定する「不実施」となります。

また約束や予定など、決められていたことを行わない意味合いでは「不履行」と表現されます。

そして「実施」自体を取りやめる際には「中止」という言葉が適応します。

しかし対義語自体は存在しないため、どれも用いられた「実施」の意味合いに対する否定・反対の言葉となります。

「実施」の言葉の使い方

「実施」という言葉を使うにあたり、「実施」は他者に使う際には行動意思の明確な提示となります。

そのため使う際には「実施」の対象とする事象を明確にしたうえで使うことが求められます。

また今「実施」すること以外にも過去に「実施」したこと・これから「実施」することなど前後につながる言葉や意味合いによって時期を問わず適応します。

しかし「実施」という言葉はただ行うという言葉よりもその意味合いに重みも加わります。

そのため使うのであれば現実に行動することが前提となり、信用を得るために使うこともあります。

「実施」を使った言葉と意味を解釈

「実施」という言葉は様々な場面・場合において用いられます。

また言葉が合わさることでその意味も変化するため、どのような言葉が適応するか、その言葉と意味を紹介します。

  • 「実施予定」
  • 「実施日」

「実施予定」

この場合、「実施」という言葉に「予定」が加わることで「これから実施する」という未来に対しての意味となります。

またここでの「予定」は実際に行う・行動することを前提とした意味合いとなります。

「実施日」

ここでは「実施」をいつするかの日付となります。

過去に対しての場合は実施済みとなり、これからに対しては実施を予定としている日となり、いつに設定するかで意味合いも変化します。

「実施」を使った例文や短文・意味を解釈

「実施」という言葉は何気なく使う言葉の一つですが、適切な意味と使い方を知っておかないと間違える・勘違いしてしまうかもしれません。

そのため実際に使うとどのような使い方になるか、例文とその解釈を紹介していきます。

  • 「実施」の例文1
  • 「実施」の例文2

「実施」の例文1

「上司に『今回のこのプランについて、実施はいつになりそうでしょうか』と確認した」

この場合、上司に対して予定確認の意味で用いられています。

「実施」は仕事上のプランに対して適応しており、行うことは決定もその時期がわからず、質問・確認をとっています。

「実施」の例文2

「この試験を実施するにあたり、様々な問題が重なっています」

この場合、試験を予定していますが、行うにあたり様々な問題が重なっている状況です。

そのため「実施」はまだしておらず、予定段階となります。

「実施」と「開催」の違い

「実施」という言葉は時に「開催」という言葉と混同して使っていることもあります。

しかし意味はそれぞれ異なり、「開催」「実施」同様に行う・実行することを意味しています。

しかしその対象は催し物やパーティー・イベントなど会を行う際に適応する言葉となります。

会を開くことは「実施」でも表現できますが、「開催」「実施」と同じ使い方は一部の場合しかできないため、使い分けが求められます。

「実施」の類語や類義の表現

「実施」という言葉は様々な言葉・表現でも類似した意味を表します。

そのためそれぞれ意味や使い方を識別できるように、類語・類義表現の例を紹介していきます。

  • 「施行」
  • 「成し遂げる」

「施行」

「施行」「実施」同様に行うことを意味しています。

しかしその行う内容については行動ではなく、命令や計画・政策といった事前に用意されていたものに対する行動となります。

そのため「実施」と同義の扱いとなり類語となります。

「成し遂げる」

「成し遂げる」には対象となるものに対して行動を起こし、それを完全に行いきることを意味します。

そのため「実施」と同じことを意味しており、それに加えてその内容を完全に遂げるという意味が合わさるため、類語とされています。

icon まとめ

「実施」という言葉は様々な場面・場所において用いられる機会の多い言葉です。

そのため意味も変化しており、その使い方にも多様性があります。

類語・類義表現も多く存在するため、失敗やトラブルを避ける上でも適切な使い方や意味の理解をしたうえで用いることが必要です。