意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アンビリーバボー」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

忘れられない記憶というものがあります。

これは、アンビリーバボーな瞬間を呼び起こすのには、絶えず語られなくてはならない内容です。

それを教えてあげるのは提供です。

アンビリーバボー

Meaning-Book
「アンビリーバボー」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「アンビリーバボー」の意味とは?
  • 「アンビリーバボー」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「アンビリーバボー」の言葉の使い方
  • 「アンビリーバボー」を使った例文や短文・解釈
  • 「アンビリーバボー」の英語
  • 「アンビリーバボー」の関連事項
  • 「アンビリーバボー」の流用
  • 「アンビリーバボーの」転用
  • 「アンビリーバボー」を超過する
  • 「アンビリーバボー」は侵害する


「アンビリーバボー」の意味とは?

アンビリバボーの意味はアンビリーバブルとなり、正確には、ビーエーブルの可能の意味を指しています。

つまり、信じないではなく、信じられないと直訳になります。

これは、口頭でスラングに通用する形式になります。

ただし、信じられないと連発しても、スラングの一用法に過ぎない側面もあるので、意思伝達性においてあまり優れていない面が強調されます。



「アンビリーバボー」の類語や言い換え・似た言葉

アンビリバボーの類語としては、日本語で、信じられないとなりますが、よりスラング調で、しんじらんないという口語表現に変化します。

これらは、女子の間で流通する口頭スラングとして、定着する雰囲気があり、その文法を崩した言い方を、アンビリーバブルではなく、アンビリーバボーとするカタカナ英語の存在があります。

「アンビリーバボー」の言葉の使い方

アンビリバボーのことばの使用法は、アンビリーバボーを流通用語として活用する方式があります。

つまり、女子学生の使用の過多する用法に関しては、そのターゲット層をねらった商用のことばのマーケティングが可能になります。

ただし、これらの表現はデザイン上優れていないといけない側面が有り、これを中高年層に利用しても、販売拡大にならない恐れがあり、よりターゲット層獲得ための、キャッチコピーに関しては常時の研究が必要になります。



「アンビリーバボー」を使った例文や短文・解釈

アンビリーバボーを使用した例文では、アンビリーバボーの前段階での記述説明が必要です。

むだにアンビリーバボーを連発しても、それは空虚なことばであり、なんの意味もありません。

つまり、私は無味乾燥としたつまらない人間ですと、自称しているという有識者の感覚もありますので、気の利いたときに笑いを取る程度で済む問題に過ぎません。

  • 「アンビリーバボー」の例文1
  • 「アンビリーバボー」の例文2
  • 「アンビリーバボー」の例文3

「アンビリーバボー」の例文1

アンビリーバボーな記事を読んで、そのつまらなさに卒倒しました。

アンビリーバボーな記事というのは、その内容のままを表していることがあり、また、そのキャッチコピーのテキストとしてのつまらなさを示していることがあります。

これらは、大手メジャーメディアの使用するキャッチとして、全国出版されるコピーライトがあり、文節にも、著作権絡みの様相が呈されます。

「アンビリーバボー」の例文2

アンビリーバボーは本当に信じることが難しい状況に使用します。

アンビリーバボーはその文言の論理的展開のとおりに、それを直訳し、信じること能わず、もしくは、信じること容易にあらずと認識してからのほうが、利用価値が高くなります。

これは、言語の持つイメージとして、人間の根底にある論理心理学の法則があり、それをマスターするには、辞書マニアでなくてはなりません。

「アンビリーバボー」の例文3

前代未聞アンビリーバボーの記事を見たら、よくある内容でした。

前代未聞アンビリーバボーの記事を見るのは、あまり面白くなさそうだと思われます。

これはありきたりのキャンチコピーなので、市民利用として、ただチャンネルを付けてみようかなとする程度か、もしくは何の興味も惹かないでしょう。

視聴消費者はその点は賢いので、優れたキャッチでなければ、見込み客は生じません。

「アンビリーバボー」の英語

アンビリーバボー meaning in english

アンビリーバボーの英語は、“unbelievable”となります。

「アンビリーバボー」の関連事項

アンビリーバボーの関連として、信じられないという方式をあえて、信じられうるという展開にもっていく、逆説正式法というのがあります。

これは、キャプションの展開として、対照的な二者を使用するというものです。

つまり、悪い製品といい製品を区別する手法や、笑いに関しても、その面白くない方と、面白い方を強調するキャプションになります。

  • 奇跡体験!アンビリバボー

奇跡体験!アンビリバボー

番組でこういったものがありますが、実際は、ありきたりの内容のキャッチコピーとしてタイトルにされています。

タイトルは手短く要件をつたえるものでなくてはなりません。

つまり、市民社会でそれがどのように噂に上るかをメインに考えます。

要するに短縮用語になる前にその短縮形から想起して企画しなくてはなりません。

「アンビリーバボー」の流用

アンビリーバボーはすでに商用利用されていて、それがタイトルにコピーライト権が含まれるケースが想定されます。

これは、そのタイトルにどこまで意匠や著作物としてのことばデザインがあるかによっても決定されます。

これを流用するには、意匠家にたいして、敬意をもって連絡を入れておき、直接連絡でなくても、間接的に公開しておくことが慣用とされます。

「アンビリーバボーの」転用

アンビリーバボーの転用は、それと解らなければ了解できます。

つまり、アンビリーバボーの論理的意味合いをぬすむのです。

これは、信じられない、要するに、市民一般ではそのようなはなしは聞いたことは無いだろうという、普遍的な論理学を含有しているのです。

ですので、そのアンビリーバボーのありきたりではない、さらに信じられない出来事を、オリジナルより展開すれば、その取材、制作努力、そして、展開方法に関してまで、一切の盗用をしないという形で、それを凌駕することができます。

「アンビリーバボー」を超過する

意匠や、デザインそして、著作物に関しては、歴史の土台があります。

つまり他国の歴史であれば、簡単なものでは良いですが、それは各国の事実認識と、その具体的な真実を含んでいます。

そして、ひとは実は本当のはなしは聞きたくないのです。

これを市民に流通するフィールドルーモアと称します。

そして、実話のはなしはほんとうにえぐい内容であったりします。

「アンビリーバボー」は侵害する

アンビリーバボーな件に関しては、それをプレスしたりネットであっても公開すると、関係者に迷惑になり、また営業妨害となれば、それは裁判沙汰の様相を呈します。

そして、そのアンビリーバボーな情報提供が、勝手に離散して犯罪が多発したときには、その責の一端を考えずにはいられないでしょう。

ですので、ネット・メディア・出版に関しては細心の調査が必要になります。

icon まとめ

アンビリーバボーな件とすれば、それは市民流用として、スラングの類です。

ですので、実際の実話話は隠されたままになります。

そして、その表層的なインフォメーションはすぐに忘れ去られるでしょう。

これを、市民フィールドのインフォメーションスパンと言います。

このスパンの時期が一般領域での記憶時間なのです。

人の噂は何日ということばの通りになります。