意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「印象操作」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「印象操作」とは、「他者に与える印象を意図的にコントロールすること」などを示しています。

「印象操作」「意味・読み方・類語・言い換え・使い方・例文と解釈・英語・対義語・印象操作の具体例」などについて、詳しく説明していきます。

印象操作

Meaning-Book
「印象操作」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「印象操作」の意味とは?
  • 「印象操作」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「印象操作」の言葉の使い方
  • 「印象操作」を使った例文や短文(解釈)
  • 「印象操作」の英語
  • 「印象操作」の対義語
  • 「印象操作」の具体例


「印象操作」の意味とは?

「印象操作」の意味は、「他者に与える印象(相手が直接的に受ける感じ)を意図的にコントロールすること」「何らかの工作によって、自分に良い印象を与えて敵に悪い印象を与えようとする行為」になります。

「印象操作」は主に、政治や議論、会議、裁判(弁護士・検察)、派閥対立、悪口(個人攻撃)、誹謗中傷などにおいて行われているものです。

それを見たり聞いたりしている人に「特定の良いイメージ+悪いイメージ」を与えようとして行われているレッテル貼りや虚偽の証拠・極論などの工作なのです。

「印象操作」は自分のイメージを良くして特定の目的を達成するため、あるいは対立している相手を陥れて失脚させるために行われますが、典型的な印象操作が行われる分野として「政治・マスメディア・マーケティング(宣伝広告)・誹謗中傷・凶悪犯罪者の弁護」などがあります。

カナダ出身の社会学者アービング・ゴフマンの印象操作の定義では、「社会的役割に合わせた自分の言動の意識的・無意識的なコントロールによる自己イメージの操作」になります。

  • 「印象操作」の読み方

「印象操作」の読み方

「印象操作」の読み方は、「いんしょうそうさ」になります。



「印象操作」の類語や言い換え・似た言葉

「印象操作」の類語や言い換え・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「印象操作」の類語・言い換え・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「レッテル貼り・ラベリング」
  • 「マインドコントロール・心理操作」
  • 「演出・偽装」
  • 「プロパガンダ」

「レッテル貼り・ラベリング」

「印象操作」の類語・言い換えとして、「レッテル貼り・ラベリング」があります。

「レッテル貼り」とは、「あの人はAである」という一義的なレッテルを貼って決め付けることで、特定の印象を形成することです。

「ラベリング」という言葉も「レッテル貼り」と同じで、人に特定のラベル(言葉)を貼り付けて、その人の人間性・特徴を決めつけることによって、「ラベル以外の印象形成」を妨害しようとするものです。

人の印象(イメージ)をコントロールする「印象操作」の類語として、「レッテル貼り・ラベリング」を上げることができます。

「マインドコントロール・心理操作」

「印象操作」の類語・似た言葉として、「マインドコントロール・心理操作」があります。

「マインドコントロール(心理操作)」とは、対象者の睡眠時間を削ったり催眠暗示にかけたり、単純作業を繰り返させたりして、対象者の心を思い通りにコントロールしようとすることです。

「印象操作」の意味として、「相手の持っている印象(相手に与える印象)を思い通りに操作すること」があります。

そのことから、「印象操作」に似た言葉として「マインドコントロール・心理操作」が上げられます。

「演出・偽装」

「印象操作」の類語・言い換えとして、「演出・偽装」があります。

「演出」という言葉の意味は、「演劇・映画・テレビなどで、台本を元にした表現を調整して効果を高めること」「ある効果を狙って物事の運営・進行を工夫すること」です。

「偽装」とは、「実際とは違うように見せかけること・騙す意図を持って事実をごまかすこと」を意味しています。

ある物事のイメージを操作する「印象操作」の類語として、「演出・偽装」を指摘できます。

「プロパガンダ」

「印象操作」の類語・言い換えとして、「プロパガンダ」があります。

「プロパガンダ」という言葉の意味は、「メディアと権力を活用した政治的な宣伝・誘導」です。

プロパガンダとは、「ある政治的意図のもとに主義・思想を強調する宣伝によって、自国や仮想敵国に対して特定の印象をつくり上げること」になります。

「印象操作」と似た意味を持つ類語として、「プロパガンダ」が上げられます。

「印象操作」の言葉の使い方

「印象操作」の言葉の使い方は、「自分のイメージを良くしたい」あるいは「相手(敵)のイメージを悪くしたい」という目的を持って、意図的な工作・レッテル貼り等をする時に使うというものです。

「印象操作」という言葉は、政治や議論、マーケティング、誹謗中傷などにおいて「自分を有利にして相手(敵)を不利にしようとする印象を形成しようとしている時」に使用することができるのです。

例えば、「野党が利敵行為をしているような印象操作をする」「印象操作によって彼女を悪者にする」などの使い方があります。



「印象操作」を使った例文や短文(解釈)

「印象操作」を使った例文・短文を紹介して、その意味を分かりやすく解釈していきます。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

国会では与党も野党も、相手のイメージを悪くしようとする印象操作ばかりに躍起になっていた。

この例文における「印象操作」は、「政治の与野党対決における双方のイメージを良くするための意図的な情報操作・レッテル貼り」などを意味しています。

与党は「野党の欠点・政策の短所ばかり」をあげつらい、野党は「与党の不祥事・問題発言ばかり」を槍玉に上げるというような時には、必然的に印象操作が行われることになります。

例文2

具体的根拠を上げることなく同じフレーズを繰り返してレッテル貼りをするのは、典型的な印象操作のやり方である。

この例文における「印象操作」は、「相手の良い部分(悪い部分)だけ」をひたすら取り上げて言及するレッテル貼りのことを意味しています。

典型的な印象操作方法として、「レッテル貼り」を指摘することができます。

例文3

マスメディアやインターネットを駆使した印象操作を見破ることによって、対象となる人物の本当の姿が浮かび上がってくるのです。

この例文における「印象操作」は、「マスメディアの情報の取捨選択+インターネットの一面的な物事の見方・極論」によって、「対象の人物の偏ったイメージ」が固定されてしまうことを意味しています。

「印象操作」の英語

印象操作 meaning in english

「印象操作」の英語は、“media(information) manipulation”“propaganda”“spin”“impressive operation”などになります。

“I was the bad guy in the media manipulation(impressive operation). ”(私は印象操作で悪者にされた。)

“Propaganda is being performed on the internet now. ”(今では、インターネットで印象操作・プロパガンダが行われている。)

「印象操作」の対義語

「印象操作」の対義語として、「客観的事実の提示」「ありのままの自分(ありのままの相手)の呈示」「小細工なし」があります。

「客観的事実の提示」とは、印象(直接の感じ)がコントロールされていないそのままの事実を提示することです。

「ありのままの自分(ありのままの相手)の呈示」は、演出・脚色が為されていない自然体の本当の自分(他者)を呈示することを意味しています。

「印象操作」は自分を良く見せるため(相手を悪く見せるため)にテクニカルな小細工をすることですから、その対義語として「小細工なし」を上げることができます。

「印象操作」の具体例

「印象操作」の具体例として、以下のような例を上げることができます。

  • 「印象操作する人」
  • 「印象操作の手法」

「印象操作する人」

「印象操作する人」の具体例として、有権者からの支持率(人気)を高めてたくさんの投票をしてもらう必要がある「政治家」が上げられます。

大勢のファンを作って、みんなの憧れの対象のようになることが、テレビ出演・収益につながる「芸能人」というのも、印象操作する典型的な人になるでしょう。

自社のイメージを良くしてたくさんの商品を買ってもらいたい企業の経営者・CEO・マーケッターも、間接的な印象操作の達人と言えるでしょう。

良くも悪くも特定の価値観に根ざした世論形成を促すマスメディアの報道関係者やジャーナリストというのも、「印象操作する人」の一人として位置づけることができます。

「印象操作の手法」

「印象操作の手法」の具体例として、「言及する対象の良い部分(悪い部分)だけを取り上げること」「良いイメージ(悪いイメージ)を強化する同じフレーズを繰り返すこと」「マスメディアで取り上げるニュース・情報について偏った取捨選択をすること」などがあります。

「印象操作の手法」として用いられる媒体として、「マスメディア(テレビ・新聞・雑誌)」「インターネット(サイト・SNS・ブログ)」がありますが、「相手が不祥事を起こしている時の過去の写真」などを繰り返し見せるような行為も印象操作の一手法になります。

「あの人は弱者の気持ちを踏みにじる冷血漢・悪魔だ」のように同じフレーズでレッテル貼りをするのも、印象操作の有効な手法とされます。

icon まとめ

「印象操作」という言葉について徹底的に解説しましたが、印象操作には「他者に与える印象を意図的にコントロールすること」「何らかの工作によって、自分に良い印象を与えて敵に悪い印象を与えようとする行為」などの意味があります。

印象操作の類語・言い換え・似た言葉としては「レッテル貼り・ラベリング」「マインドコントロール・心理操作」「演出・偽装」「プロパガンダ」などがあります。

「印象操作」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。