意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「印象に残る」の意味とは?「印象が残る」との違い、使い方や類語を紹介!

「印象に残る」とは、「人物・物事などを見た時の感じがなかなか忘れられないこと」です。

「印象に残る」「意味・読み方・英語と解釈・対義語・使い方・例文と解釈・類語や類義表現」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「印象に残る」の意味とは?「印象が残る」との違い、使い方や類語を紹介!>


目次

  • 「印象に残る」の意味とは?
  • 「印象に残る」の読み方?
  • 「印象に残る」の英語(解釈)・例文など
  • 「印象に残る」の対義語
  • 「印象に残る」の言葉の使い方
  • 「印象に残る」を使った言葉と意味を解釈
  • 「印象に残る」を使った例文や短文・言い換えなど(意味を解釈)
  • 「印象に残る」の類語や言い換え(シソーラス)
  • 「印象に残る」と「印象が残る」の違い


「印象に残る」の意味とは?

「印象に残る」の意味は、「人物・物事などを知覚した時の感じが強くて、なかなか忘れられないこと」「その人物(物事)が与える感じが強くて、記憶に残ること」になります。

「印象」というのは、「知覚した人物・物事が心に与える直接的な感じ・イメージ」を意味しています。

「印象に残る」という言葉は、「見たり聞いたりした対象に目立った特長・強い存在感(鮮烈なイメージ)などがあって、記憶に残ること。

簡単に忘れられないこと」
を意味しているのです。



「印象に残る」の読み方?

「印象に残る」の読み方は、「いんしょうにのこる」になります。

「印象に残る」の英語(解釈)・例文など

「印象に残る」の英語とその意味・例文の解釈は、以下のようになります。

  • 「印象に残る」を使った英語の例文1
  • 「印象に残る」を使った英語の例文2

「印象に残る」を使った英語の例文1

“Her nice expression left an impression on me.”

この「印象に残る」を使った英語の例文は、「彼女の素敵な表情が、私の印象に残りました」を意味しています。

“〜の印象に残る”の文章は、“leave an impression on〜”(〜に印象を残す)という英語で表現することができます。

「印象に残る」を使った英語の例文2

“What is the most impressive scene for you?”

この「印象に残る」を使った英語の例文は、「あなたにとって、もっとも印象に残ったシーン(場面)はどこでしたか?」を意味しています。

「印象に残る〜」という言葉は、“impressive”(印象的な・印象に残る)の英語で表現することができます。



「印象に残る」の対義語

「印象に残る」の対義語は、「記憶に残らない・存在感が薄い」になります。

「印象に残る」とは、知覚した人物やモノのインパクトが強くて、記憶に残ることを意味しています。

その「印象に残る」とは反対の意味を持つ対義語として、「対象の特徴がなかったり存在感が薄かったりしてすぐに忘れてしまうこと」を意味する「記憶に残らない」「存在感が薄い」を上げることができるのです。

「印象に残る」の言葉の使い方

「人物・物事などの対象を知覚した時の感じ(インパクト)が強くて、記憶に残る場合」に使うという使い方になります。

「他と比較して特別に目立つ特徴・個性などがあって、なかなか忘れられない時」にも、「印象に残る」の言葉を使えます。

例えば、「印象に残る絵画展を見て、とても満足しました」「彼女の美しい瞳と笑顔が今も印象に残っています」などの文章で、この言葉を使用することができます。

「印象に残る」を使った言葉と意味を解釈

「印象に残る」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「強く印象に残る」
  • 「印象に残る人」

「強く印象に残る」

「強く印象に残る」の言葉の意味は、「見たり聞いたりした対象の感じ・イメージが強くて、強く記憶に残ること」「簡単には忘れられないほどの対象のインパクトがあること」になります。

例えば、「強く印象に残った場面を思い出してみてください」などの文章で使えます。

「印象に残る人」

「印象に残る人」というのは、「その人に他と比べて際立った個性・特徴・言動などがあって記憶に残る人」「目にしたり会話をしたりした時のインパクトが強くて忘れられない人」を意味しています。

例えば、「印象に残る人だったので、一度見たら忘れることはありません」などの文章で使用されます。

「印象に残る」を使った例文や短文・言い換えなど(意味を解釈)

「印象に残る」を使った例文や短文・言い換えなどを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「印象に残る」を使った例文1
  • 「印象に残る」を使った例文2

「印象に残る」を使った例文1

「母親が毎朝、お弁当を作ってくれていた頃の姿が印象に残っています」

この「印象に残る」を使った例文は、「母親が毎朝、お弁当を作ってくれていた頃の姿が、なかなか忘れられない記憶(イメージ)として残っている」ということを意味しています。

「印象に残る」を使った例文2

「良い意味で、大切な人たちの印象に残るような人生を一生懸命に生きていきたいと考えています」

この「印象に残る」を使った例文は、「良い意味で、大切な人たちの記憶(思い出)に残るような感銘を与える人生を、一生懸命に生きていきたいと考えている」ということを意味しています。

「印象に残る」の類語や言い換え(シソーラス)

「印象に残る」の類語・言い換え(シソーラス)について、分かりやすく解説していきます。

  • 「記憶に残る・記憶に刻まれる」
  • 「思い出に残る・目に焼き付く」
  • 「インパクトが強い・感銘を受ける」

「記憶に残る・記憶に刻まれる」

「印象に残る」の類語(シソーラス)として、「記憶に残る・記憶に刻まれる」があります。

「印象に残る」という言葉の意味は、「対象から受ける感じや知覚したイメージが強くて、記憶に強く残ること」になります。

その意味から、「印象に残る」とほぼ同じ意味合いを持ったシソーラスとして、「記憶に残る・記憶に刻まれる」を指摘することができます。

「思い出に残る・目に焼き付く」

「印象に残る」の類語・言い換えとして、「思い出に残る・目に焼き付く」があります。

「印象に残る」の意味は、「対象から受けた感じが強くて、記憶や思い出に残ること」になります。

「目に焼き付く」の言葉の意味は、「目で見た対象(人・モノ)が持つインパクトが強くて、その視覚的なイメージが忘れられないこと」です。

それらの意味から、対象のイメージが強くて忘れられないを意味する「印象に残る」は、「思い出に残る・目に焼き付く」の言葉に言い換えられるのです。

「インパクトが強い・感銘を受ける」

「印象に残る」の類語(シソーラス)として、「インパクトが強い・感銘を受ける」があります。

「インパクトが強い」という言葉は、「知覚した対象の衝撃・存在感が強いこと」を意味しています。

「感銘を受ける」の意味は、「深く感動して忘れられないこと」になります。

知覚した対象の感じが強くて記憶に残るを意味する「印象に残る」の類語として、「インパクトが強い・感銘を受ける」が上げられます。

「印象に残る」と「印象が残る」の違い

「印象に残る」という言葉の意味は、「対象から受けた直接的な感じが私に残ること」ですが、助詞「に」の文法的な働きから「〜が印象に残る」「〜の印象に残る」という言い方になります。

例えば、「彼の元気な姿が印象に残る」「彼の印象に残る」という言い方になります。

一方、「印象が残る」の方は、主語を示す助詞「が」の働きから「〜が印象が残る」という言い方はできず、「〜の印象が残る」という言い方に必然的になります。

例えば、「彼の元気な姿が印象が残る」という言い方は文法的におかしくて意味が通らず、「彼の元気な姿の印象が残る」という言い方になるという違いがあるのです。

icon まとめ

「印象に残る」という言葉について徹底的に解説しましたが、印象に残るには「人物・物事などを見た時の感じがなかなか忘れられないこと」などの意味があります。

「印象に残る」の類語・類義表現としては、「記憶に残る・記憶に刻まれる」「思い出に残る・目に焼き付く」「インパクトが強い・感銘を受ける」などがあります。

「印象に残る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。