意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「紐帯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「紐帯」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「紐帯」という言葉を使った例文や、「紐帯」の類語を紹介して行きます。

紐帯

Meaning-Book
「紐帯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「紐帯」とは?
  • 「紐帯」を使った例文や短文など
  • 「紐帯」の類語や類義語・言い換え


「紐帯」とは?

「紐帯」という言葉を知っているでしょうか。

「紐帯を結ぶ」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「紐帯」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「紐帯」という言葉の意味を紹介します。

  • 「紐帯」の読み方
  • 「紐帯」の意味

「紐帯」の読み方

「紐帯」「ちゅうたい」または「じゅうたい」と読みます。

少し難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「紐帯」「ちゅうたい」「じゅうたい」と読みましょう。

「紐帯」の意味

「紐帯」には、どのような意味があるでしょうか。

「紐帯」には、「紐や帯」という意味があり、転じて「二つの物を固く結びつけるもの」という意味があります。

また「地縁や血縁、利害関係など、社会を形作る結びつき」という意味もあります。

このように、「紐帯」という言葉には、「紐や帯」という意味があり、「二つの物を固く結びつけるもの」「地縁や血縁、利害関係など、社会を形作る結びつき」という意味があります。



「紐帯」を使った例文や短文など

続いて「紐帯」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「紐帯」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「紐帯」を使った例文1
  • 「紐帯」を使った例文2

「紐帯」を使った例文1

「アイドル好きという共通点が、二人の『紐帯』になっている」

この例文は、二人をつなぎとめているものが、アイドル好きという共通点だという意味があります。

アイドルの話をすれば、すぐに盛り上がれ、素敵な友達でいられるため、アイドルが「紐帯」と言えるでしょう。

「紐帯」を使った例文2

「多くの夫婦の場合、子供が『紐帯』になっている」

この例文は、夫婦を固く結びつけているのは「子供」という意味があります。

「子は鎹」という言葉もあるように、子供は夫婦の「紐帯」になるかもしれません。

「紐帯」の類語や類義語・言い換え

「紐帯」の類語や類似表現を紹介します。

「紐帯」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「鎹」【かすがい】
  • 「橋渡し」【はしわたし】

「鎹」【かすがい】

「鎹」には、「人と人をつなぎとめるもの」という意味があります。

「子は鎹」という言葉には、夫婦をつなぎとめるものは、子供だという意味があります。

「橋渡し」【はしわたし】

「橋渡し」には「橋を架けること」という意味があります。

また「両者の間に入って取り持つこと」という意味もあります。

「新郎新婦の、橋渡しをする仲人」などという使い方をします。



icon まとめ

「紐帯」という言葉について見てきました。

二つのものを、堅く結びつける物を見た時、「紐帯」という言葉を使ってみましょう。