意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「紐帯」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

紐帯というものは、見えない線だとされます。

そして、これが為に、人は友人関係を結んでいくのです。

逆に友達がいないのであれば、学校や会社づとめをすれば、それで済むのです。

紐帯

Meaning-Book
「紐帯」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「紐帯」の意味とは?
  • 「紐帯」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「紐帯」の言葉の使い方
  • 「紐帯」を使った例文と解釈
  • 「紐帯」の英語
  • 「紐帯」の語源や由来
  • 「紐帯」を使った言葉と意味を解釈


「紐帯」の意味とは?

紐帯の意味は、紐と帯の両方を結びつけた造語になります。

この紐帯という意味は、紐縛りのようながんじがらめの意味ではありません。

これは、しがらみよりも自然で、人と人をつなぐ線の構造になっています。

つまり、友達と称する関係には、この紐帯線が関与しているという、経済学の中の心理学という内容や、組織学の中の同僚線というものがそれです。

  • 「紐帯」の読み方

「紐帯」の読み方

紐帯はちゅうたいと読みます。

このちゅうはひもという訓読みでもあります。

そして、紐帯という言葉で、紐やおびとしての連結性が確かになっている、社会的なグールプ系人間関係学を含んでいる用語です。

また、ステークホルダーという経済関連動線の結びつきの意味ではなく、企業体の中にあっても、同じ会社から給料をもらう同僚という意味ではありません。



「紐帯」の類語や言い換え・似た言葉

紐帯の類語としては、男女関連での用法で、紐という言葉があり、これは紐女・紐男としての用法があります。

これらの人間関連学の中における恋愛学を始めてとするものですが、これらの紐の意味は、紐帯の内容とは異なっています。

つまり、友人同士の線の事を紐帯と言います。

紐帯では、その組織員同士のコミュニケーションをつなぐ線です。

「紐帯」の言葉の使い方

紐帯の言葉の使用法は、社会学問の要素が強く、人間の関係性をどこまで強化なものか信じるのか、それとも、その組織から外れてしまえば、なんでもない関係だったのかを捩るものです。

つまり、同僚というまでの友情ではなく、人間が言葉を交わす際の、家族以外の仕組みのことを論じるのが正式な紐帯の言葉の使用法になります。



「紐帯」を使った例文と解釈

紐帯を使用した例文では、紐帯を論じる項目としての学論が有り、また社会経済学の側学としての利用法があります。

これは、人間関係をスムーズに行うための社会学・心理学における項目となるでしょう。

そして、そこから派生する学問には、家族間ではないコミュニケーションが、正当に結ばれるのであれば、やはりそこには、紐帯線があったとすべき社会学になります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

紐帯という認識は無いが、同僚同士はよく話をします。

紐帯理論では、その話の筋の結びやすさがあります。

ただし、紐帯理論でも、会社の中で部門別に分かれていたり、雇用形態が分離されていたりすると、はなしが合わない世界があります。

これは、それぞれの個の中で形成される言語パターンが違うからになります。

ただしそれを乗り越えて、血縁関連にまでなる仕組みは、紐帯越えの人間関係だと言えます。

例文2

紐帯における学問は、それを犯罪方面から分離し、そして未来の関係予想図を描ける戦略です。

紐帯を学問するとは、その正当な関連を認めうる事柄として、認識する方面と、また、紐帯の連結動詞で行われる、それからの関連性を含む未来性があります。

ですので、今の時点での紐帯が全てではないという意味に成り、紐帯を時間枠を超えて考えることも、ありえるはなしです。

例文3

紐帯というものは、見えない線ですが、それがなければ全く関係のない赤の他人でしょう。

紐帯というものは、見えない線とも言われます。

それは社会的なステージの違いや、収入の違いというものだけで決まるのではありません。

それは社外で婚活のコーナーに行くときには、社内の従業員同士でも、つながりを持てるようになっている仕組みなのです。

ただし関連性の無いところでは、やはりただの他人なのです。

「紐帯」の英語

紐帯 meaning in english

紐帯の英語は、“cords”です。

「紐帯」の語源や由来

紐帯の語源は、言語学における社会的な領域を扱う部門でしょう。

これは、紐や帯といった連結性の言葉を文字している用語です。

そして、紐帯の連携に依って、社内や組織内コミュニケーションが為されます。

これは、同僚という言葉になり、家族・親戚とは別の学問に成り、人間関係学の上では、学校組織も含まれます。

それが、私設・公設の違いにより雰囲気が違ってくることもあるのです。

「紐帯」を使った言葉と意味を解釈

紐帯では、否応無しの関連性になる、会社組織での上限関連は、除外された用法になります。

つまり、上下の権力関連での主従関連は、またパワーシフトの問題から紐帯とは別個に考えなくてはなりません。

ただし社外でのゴルフでの会話に紐帯が入ることもあるでしょう。

また、紐帯には、部門別で強制的に会話をしなくてはならない、立場の弱さもあります。

  • 「社会的紐帯」
  • 「未来的紐帯」
  • 「抑圧的紐帯」

「社会的紐帯」

社会的紐帯とは、社会のそれぞれの枠組みの中で、組織員同士が会話をする仕組みと考えても良好な関連性を見いだせます。

また、社会的紐帯がなければ、精神の健康は保てないという精神医学の領域もあります。

これらは、通信式のネット社会となっている世間一般でも、あえて有効な場面があるとする、社会の副次作用の学問が生じます。

「未来的紐帯」

未来的紐帯というのは、この関係性を掴むために、あえて同じ組織に入るという、用意周到な人間関連の動向を示します。

また、その後の関連で、あたらしい家族となるような事象もあり、それが、人間関係をつなぐ動線になっていることも確かです。

社内結婚というものはその代表例であり、また社内で飲みに行くときの友人関係も、その同僚としての関連も実は紐帯を起因としているのは確かでしょう。

「抑圧的紐帯」

抑圧的紐帯と呼べるものは、上下関係の差ではなく、部門別の違いにより話しがしづらいという現象や、今までの組織員に新人が入っていった場合に、言語学における様相が脳に入り込めない為に、取っ掛かりとなる会話が難しい様相を言います。

抑圧的紐帯では、その人の個性が未然で解らないという意味であったり、紐帯が現場の中でそれぞれが認識できる客観的な人間位置関係を指します。

ただし、それは主観と客観の入り交じる観相の世界になります。

icon まとめ

紐帯という学問は、それがあるために、人はその対象の人を噂に登らせるという意味があり、それは、紐帯でなくなれば、まったく話をしなくなる対象なのです。

経済学では、雇用主から雇用されている同僚同士の関連であったとしても、そして、その時に仲が良くなって、友達同士で飲んだとしても、それはやはり紐帯の線引があるのです。

この人間関係での線の結び合いは、ドラマや映画などで演出される人間動線になります。