意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思いを馳せる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

心が飛んでいって、その人や土地、物事を思う。それが「思いを馳せる」です。

それでは、「思いを馳せる」を紹介します。

思いを馳せる

Meaning-Book
「思いを馳せる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「思いを馳せる」の意味とは?
  • 「思いを馳せる」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「思いを馳せる」の言葉の使い方
  • 「思いを馳せる」を使った例文と解釈
  • 「思いを馳せる」の英語
  • 「思いを馳せる」の馳せるについて解釈
  • 「思いを馳せる」の具体例


「思いを馳せる」の意味とは?

思いを馳せるの意味は、遠く離れている人や物事を思いやる事で、思いが渡り飛んでいって、その現地にいるかのようというイメージです。

  • 「思いを馳せる」の読み方

「思いを馳せる」の読み方

思いを馳せるの読み方は、「おもいをはせる」です。



「思いを馳せる」の類語や言い換え・似た言葉

思いを馳せるの他の用語は、心が飛んでいくというものがあります。

これは、鳥のようにという意味が近く、遠くに母国を残している人がよく経験で味わうはなしです。

他には、飛び立って自由になりたいというイメージもあります。

「思いを馳せる」の言葉の使い方

思いを馳せるでは、時間的な思いにも該当します。

これは過去に飛んでいく場合と、未来を想起して想像するという思いを馳せるがあり、一人の人が、その当時の自分や、未来の自分を想定することがあるのです。

また、歴史上の人物に思いを馳せると言えば、考古学マニアにとってはたまらない物語の実話を指します。



「思いを馳せる」を使った例文と解釈

思いを馳せるを使用した例文は、思いの都度という時間的な単位として扱う、手紙を書いているときなどのシーンがあります。

また、思いを馳せるのに、勉強しているさなか、目標とすべき人に思いを馳せるがあります。

そして、馳せるという言葉のとおりに、遠距離恋愛の対象の人を思うこともあるでしょう。

  • 「思いを馳せる」の例文1
  • 「思いを馳せる」の例文2
  • 「思いを馳せる」の例文3

「思いを馳せる」の例文1

「思いを馳せることを度々文にしたためました」

思いを馳せることを、実行に移すのであれば、手紙を書くのが一番です。

手紙には本人のイマジネーションが移りますから、その手紙の筆記に依って、その思いを伝えるというかたちで、本人に会いに行くのが適当です。

それは、思いを馳せると当時に、いつか本人に会おうとする気持ちとなり、きっと現実が近くなります。

「思いを馳せる」の例文2

「思いを馳せながら、猛勉強を果たし、資格を取りました」

思いを馳せながら、という状態では、誰かに憧れながらというイメージでも伝わります。

そして、それを実行に移すのであれば、それに倣ってという意味で、勉学を習得する契機になります。

この契機づけがしっかりとできているのであれば、実際その師のレベルに近づくことは可能なのです。

「思いを馳せる」の例文3

「遠距離恋愛でも思いを馳せなかった日は一日たりともありません」

遠距離恋愛で思いを馳せるというのは、すぐに電話ができるような昨今ではなかった歴史があります。

つまり、思いを馳せてメールをしたり電話ができるようになったのは、近代からなのです。

ですので、恋愛での周到な手段というのは、恋文になります。

これが、基本でその思いを馳せるのです。

「思いを馳せる」の英語

思いを馳せる meaning in english

思いを馳せるという英語は、“really makes you think about”です。

「思いを馳せる」の馳せるについて解釈

思いを馳せるという馳せるについては、乗馬の中にそのイメージがあります。

実際早馬を走らすことは、馬の世界ではあまりないのですが、その早馬が伝令を伝えるようにイメージすると解りやすいです。

この為に、飛んでいくように馬をかけるという表現方法が一番最適な想像力となります。

「思いを馳せる」の具体例

思いを馳せるの具体的な状態は、夢に見てあの人を見るというものや、ぼーっとしていてもすきな人が目に浮かぶ状態でしょう。

恋をする青年期にはこのような状態があります。

思春期とも言われますが、それは遠くに思い当たる人がいるときに、人は実際の現場に居てもそこに居ないかのような状態になっているのです。

これが、恋で言う思いを馳せる状態です。

  • 「恋愛」
  • 「過去」
  • 「未来」

「恋愛」

恋愛における思いは、馳せることをその苦悩への代価とします。

恋愛における思いは、自然とこころが飛んでいくものになります。

ただし、これはその対象の人に会えないことの代償でもあるのです。

つまり、現実世界があえなくてつらいことの替わりとして、人を思うこと、思いを馳せることがあるのです。

「過去」

過去における思いを馳せる事項は、楽しかった時期の事になります。

過去における事は、いつまでも思っていても仕方がないといういいかたはされます。

ですが、自分自身の過去の事を思い出すという、思い出の宝としては、温故知新の響きも有るのです。

それは、過去の苦悩と同時に、何かの教訓を思い出させてくれます。

「未来」

未来を想起することで、思いを将来の自分の姿になぞらえます。

未来を想起することで、思いを遂げるという方法もあります。

これは、未来を念じるかのように猛勉強を繰り返す姿として現れます。

夢はかなわないといういいかたも従来通りされていますが、それでも、信念としてなりたい自分をイメージして、近づいていくという仕組みがあるのです。

icon まとめ

思いを馳せるという行為は、うじうじしていてなにもしないという意味ではありません。

思いを馳せる以上は現地に行ってみたいという観念になるのです。

またそれは、遠くへ旅立ちたいという逃避であってはならないのは、人生の教訓です。

つまり、目的地に行きたいと願うのは、その会いたいひとがそこに居るからという意味で伝わると正解です。

そして、逃げたいという意味ではあまり成功はありません。

ですので、避暑地に行くというケースでも、実際は資金不足で断念する計画があっても、観光雑誌で満足したりするものなのです。

これは、人間の感覚では視覚的にも現地のストーリーとしても愉しみたいという、旅行文学を形成します。