意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「齎す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

難読漢字が使われている「齎す」の意味や読み方、類語を紹介します。

さらに「齎す」の使い方や「齎す」を使った例文を紹介します。

齎す

Meaning-Book
「齎す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「齎す」の意味とは?
  • 「齎す」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「齎す」の言葉の使い方
  • 「齎す」を使った例文
  • 「齎」という言葉を使った熟語


「齎す」の意味とは?

「齎す」という言葉を見ても、どのように読むのか分からないという人が多いかもしれません。

初めて「齎す」という言葉を見たという人も多いのではないでしょうか。

しかし「齎す」を平仮名表記すると、誰でも知っている一般的に使われる事が多い言葉だと分かります。

そこで難しい感じが使われていて読みにくい、「齎す」の読み方と意味を紹介します。

  • 「齎す」の読み方
  • 「齎す」の意味

「齎す」の読み方

「齎す」の読み方を想像してみても、ほとんどの人が正解にたどり着けないのではないでしょうか。

「齎す」「もたらす」と読みます。

「齎」という漢字は、画数が多く、とても書き方を覚えられるような気がしないかもしれません。

「齎」という漢字には「持ち物」「贈り物」などの意味があります。

ここでは「齎す」「もたらす」と読むという事を覚えておきましょう。

そして友達や知り合いの方などに、「齎す」の読み方について質問し、自慢してみましょう。

「齎す」の意味

「齎す」にはどのような意味があるでしょうか。

「齎す」には、「持ってくる」「ある状態を生じさせる」という意味があります。

AがBを「齎す」という場合、Aという要因が、Bという結果を生じさせるという意味になります。

例えば「若さが驕りを『齎す』」という場合、まだ精神的に若すぎるという要因が、おごり高ぶる態度を引き起こしてしまったという意味になります。

「齎す」はとても難しい漢字が使われていますが、「もたらす」という言葉は、とても一般的で、意味が通じやすい言葉だと感じられたのではないでしょうか。

このように「齎す」には「持ってくる」「ある状態を生じさせる」という意味があります。



「齎す」の類語や言い換え・似た言葉

「齎す」を他の言葉に言い換えたいと思った時に、どのような言葉を選べばよいでしょうか。

そこで「齎す」の類語や似た意味の言葉を紹介します。

「齎す」はどの言葉と言い換えられるのかを知ると、「齎す」の意味が理解しやすくなるかもしれません。

  • 「引き起こす」
  • 「誘発」
  • 「招く」

「引き起こす」

「齎す」「引き起こす」という言葉と、似た意味があります。

「引き起こす」には「新しい事態を生じさせる」という意味があります。

さらに「引き起こす」が生じさせる新しい事態とは、事件や事故である場合が多くなっています。

例えば「交通渋滞が、玉突き事故を引き起こす」などという具合に、「引き起こす」という言葉が使われています。

「齎す」にも、「ある状態を引き起こす」という意味がありますので、「引き起こす」は言い換えができるような似た意味の言葉と言えるでしょう。

「誘発」

「誘発」という言葉も「齎す」と似た意味を持っています。

「誘発」には「ある出来事が原因になって、他の出来事を引き起こす」という意味があります。

例えば一つの交通事故が次の交通事故を引き起こす時、「交通事故を誘発する」という言葉が使われます。

一つのミスが大きなミスを招く原因になる事がありますので、注意深くミスを取り扱うようにして、次のミスを「誘発」するのを防ぐようにしましょう。

「招く」

「招く」「まねく」と読み、「呼び寄せる」という意味があります。

呼び寄せるのは人であったり、様々な出来事だったりします。

「ホームパーティに近しい人を招く」という、平和的な状況で「招く」という言葉を使うケースもあります。

また「好ましくない事態を引き起こす」という意味で使われる時は、「誘発」という意味に近く、「齎す」をネガティブな意味で使った時に、意味が近くなります。

「油断が大惨事を『招く』」という文章と、「油断が大惨事を『齎す』」という文章はほとんど同じ意味になりますので、両者を入れ替える事も可能です。

「齎す」の言葉の使い方

「齎す」という言葉を使う時は、AがBを『齎す』という方程式に当てはめると便利です。

原因になるような出来事や物事をAに当てはめて、その結果どうなったかをBに当てはめると良いでしょう。

例えば、「私の不細工な顔が、彼女に振られるという結果を『齎した』」などという感じで使う事ができます。

また「齎す」は良い出来事も悪い出来事にも使う事ができます。

結果的にどのようになったかに関わらず、「齎す」という言葉を使う事が可能です。



「齎す」を使った例文

続いて「齎す」を使った例文を見て行きましょう。

どのような場面で「齎す」という言葉を使えば良いかが、いくつかの例文を見る事で理解しやすくなるかもしれません。

  • 「齎す」の例文1
  • 「齎す」の例文2
  • 「齎す」の例文3

「齎す」の例文1

まず新聞やテレビのニュースなどで目にするような出来事を、「齎す」という言葉を使った例文として見て見ましょう。

「経済の発展が、現在の平和な世界を『齎す』事になった」「革命が起きた事により、この国の社会に大きな変化を『齎す』事になった」「彼の世界的な発明が、人類に『齎す』恩恵はとても大きいだろう」などです。

いかにも新聞やテレビのニュースで取り扱いそうな大きな出来事が、結果的にどのような出来事や物事を引き起こすか、そのような文章を『齎す』を使って作る事ができます。

「齎す」の例文2

ビジネスシーンにおける、「齎す」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

「課長が『齎した』職場革命により、スタッフの雰囲気は一変し、みな真面目に仕事をするようになった」「私が取った契約が、会社に対してどの程度の利益を『齎す』のかは分からない。しかし私個人の満足度は100点だ」「私は仕事を通じて、世界中の子供たちに素晴らしい未来を『齎したい』と願っている。 願いが大きすぎるかもしれないが、私は本気でそう思っている」などです。

仕事を通じて世の中に良い影響を「齎す」事は可能です。

これから社会人になる人、すでに社会人として活躍されている人は、世界の人々にプレゼントを「齎す」よう、大きな夢を持ちましょう。

「齎す」の例文3

悪い出来事が起こったケースでの、「齎す」を使った例文を見て行きましょう。

「この発明は、人類に良い影響を与えなかったばかりでなく、悪影響を『齎した』」「ジャングルで起こった小さな事故が、全人類を危機に巻き込むような事件を『齎す』とは誰も思わなかった」などです。

「齎す」はスケールが大きな出来事も扱う事ができますので、大きな災いを引き起こすような場合でも「齎す」という言葉を使う事ができます。

「大統領に打ち込まれた銃弾により、全世界に火の海を『齎す』事になった」「彼の演説が、全ての人の心に悪魔を『齎した』」などです。

「齎」という言葉を使った熟語

最後に「齎す」「齎」という文字を使った熟語を紹介します。

「齎」には「持ち物」「贈り物」という意味がありますが、その意味に近い言葉がいくつか登場します。

まず、入用の品物や金銭という意味のある言葉に、「齎用」という言葉があります。

さらに「齎送」という言葉には、葬式の時に死者とともに埋める品物という意味があります。

どちらも「持ち物」「贈り物」という意味を含んだ言葉です。

このように「齎」という文字を使ったいくつかの言葉についても知っておきましょう。

icon まとめ

「齎す」の意味や使い方を見てきました。

難しい漢字が使われていますが、読めるようになってみると、意味が分かりやすく、応用できる範囲も広いでしょう。

ぜひニュースを見た時、日常生活を送っている時などに、「齎す」という言葉を使った文章を作ってみましょう。