意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アバンチュール」の意味・類語【使い方や例文】

「アバンチュール」の意味や類語を紹介して行きます。

さらに「アバンチュール」の使い方や例文を紹介して行きます。

アバンチュール

Meaning-Book
「アバンチュール」の意味・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「アバンチュール」の意味とは?
  • 「アバンチュール」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「アバンチュール」の言葉の使い方
  • 「アバンチュール」を使った例文
  • 「アバンチュール」な恋の具体例


「アバンチュール」の意味とは?

「アバンチュール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

以前ほどは耳にする機会が少なくなったため、若い人はほとんど聞いた事がないかもしれません。

中年以降の世代の方々は「アバンチュール」という言葉を聞くと、胸が高まる人も中にはいるかもしれません。

そんな少し死語になりかけている言葉、「アバンチュール」の意味を紹介します。

  • 「アバンチュール」のフランス語表記
  • 「アバンチュール」の意味

「アバンチュール」のフランス語表記

「アバンチュール」というカタカナ語は、実はフランス語がもとになっています。

「アバンチュール」をフランス語表記すると、「aventure」となります。

「アバンチュール」という言葉が、どことなくオシャレなフレーズだと感じられるのは、もとになった言語がフランス語だという理由があるのかもしれません。

ここでは「アバンチュール」は、フランス語の「aventure」がもとになっているとい事を知っておきましょう。

「アバンチュール」の意味

「アバンチュール」には「危険を冒す恋愛」「火遊びの冒険」という意味があります。

このように「アバンチュール」は、「恋愛」「冒険」がセットになっている言葉ですが、ほとんどの場合「危険を冒す恋愛」という意味で使われます。

「ひと夏のアバンチュール」という場合は、ある夏に限定された、危険な恋愛という意味になります。

それでは「危険な恋愛」とは何かという事になりますが、それは「不倫」かもしれませんし、他の人には絶対に知られてはいけないような二人が恋をする事かもしれません。

このように「アバンチュール」という言葉は、「危険を冒す恋愛」という意味があります。



「アバンチュール」の類語や言い換え・似た言葉

次に「アバンチュール」の類語や、言い換えられるような似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と言い換えられるのか、似た意味の言葉を知る事で「アバンチュール」の意味がより深く理解できるかもしれません。

  • 「一夜限りの恋」
  • 「ひと夏の恋」
  • 「略奪愛」
  • 「浮気」

「一夜限りの恋」

「一夜限りの恋」という言葉があります。

「今晩だけ」という合言葉で、男女が肉体関係を持つ事を指す言葉です。

恋愛の王道は、お付き合いをして結婚をする事で、肉体関係を持つ事は、ゴールの結婚が前提になっているといえます。

その道から外れた「一夜限りの恋」は、「危険な恋愛」と言えるでしょう。

付き合う気持ちがないのに、肉体関係を持つ二人の心には「アバンチュール」という言葉が浮かんでいるかもしれません。

「ひと夏の恋」

「アバンチュール」の代名詞といえば「ひと夏の恋」です。

日本ではそれほど多くありませんが、欧米では夏の暑い時期を、別荘地で過ごすという習慣があります。

別荘地には、様々な場所から人々が集まります。

新しい出会いがあるため、恋愛関係になる人もいます。

ただし夏が終わったら別れるのが前提になっている恋愛です。

既婚者や恋人がいる男女も、「ひと夏の恋」「アバンチュール」を楽しみます。

「略奪愛」

「アバンチュール」には「危険を冒す恋愛」という意味があります。

「略奪愛」「危険を冒す恋愛」という点でぴったりです。

「略奪愛」はすでに彼氏や彼女がいる人、結婚している人を強引に手に入れる恋愛です。

奪われる人の恨みを買うリスクがある、とても危険な恋愛です。

「浮気」

「浮気」という言葉は知らない人がいないくらい、一般的な言葉です。

結婚している人や、恋人がいる人が、他の異性を好きになる事を意味します。

ほとんどの場合、高いリスクを負って恋愛する事になるので、「浮気」「アバンチュール」と似た意味と言えるでしょう。

「アバンチュール」の言葉の使い方

「アバンチュール」という言葉はどのように使えばいいでしょうか。

現在は若い人の間でほとんど使われていない言葉ですので、「アバンチュール」を使う相手は40代以上の人に限定した方がいいかもしれません。

「危険な恋愛」をしている時、浮気をしている時などに、「アバンチュール」という言葉を使ってみましょう。

また誰かが浮気をしていたり、リスクが高そうな恋愛をしている時も「○○さん、『アバンチュール』中だよ」などと噂する事もできるでしょう。

さらに、若い人同士があえて「アバンチュール」という言葉を使って、危険な恋愛をしているという共通認識を持ってみるのも、楽しいかもしれません。



「アバンチュール」を使った例文

「アバンチュール」を使った例文を見て行きましょう。

恋愛シーンはもちろん、ビジネスシーンでも、「アバンチュール」という言葉を使う事ができるかもしれません。

  • 例文1

例文1

恋愛シーンでは、「アバンチュール」をしている人が多く見られます。

そのような人を題材にした「アバンチュール」を使った例文を見て行きましょう。

「私の親友は、大学の教授に恋している。

もしカップルが成立したら、年の差が離れた『アバンチュール』になりそうだ」
「結婚している女性の事が好きだ。

『アバンチュール』だと分かっているけど、好きな気持ちが止まらない」
「今年の夏休みは南の島に遊びに行こう。

素敵な女性と知り合って『アバンチュール』を楽しみたいな」
などです。

「アバンチュール」な体験をしたいと思う人は、そのような出会いを求めて積極的に動いてみましょう。

例文2 ビジネスシーンでも「アバンチュール」な場面に遭遇する事があります。

「A課長と、新入社員の○○さんが、どうやら『アバンチュール』しているらしい。

A課長の奥さんに気付かれないといいけど」
「取引先の女性と一夜限りの恋に落ちた。

自分が『アバンチュール』な経験をするなんて信じられない」
「○○さんと、△△さんは『アバンチュール』だって言うけど、不倫にしか見えない」などです。

会社内で道ならぬ恋愛関係になる人は多いので、見かけた時は「アバンチュール」という言葉で表現してみましょう。

「アバンチュール」な恋の具体例

最後に「アバンチュール」な恋の具体例を紹介します。

「アバンチュール」体験に興味がある人は参考にしてみましょう。

  • 「不倫」
  • 「友達の恋人との恋愛」
  • 「仕事関係者との恋愛」
  • 「身分違いの恋」
  • 「近しい人との恋」

「不倫」

「不倫」「アバンチュール」な恋の代表例といえます。

「不倫」は既婚者と既婚者、あるいは既婚者と独身の男女の恋愛を意味します。

既婚者には旦那さんや奥さんがいますので、「不倫」をすると間違いなく彼ら彼女らの怒りを買う事になります。

まさに「危険を冒す恋愛」と言えるでしょう。

「友達の恋人との恋愛」

「友達の恋人との恋愛」「危険を冒す恋愛」です。

親友の彼女、友達の彼氏は、普通の男女よりもなぜか素敵に見えるものです。

しかし恋に落ちてしまうと、たくさんの人を傷つける事になる、禁断の恋愛のひとつです。

「仕事関係者との恋愛」

「仕事関係者との恋愛」もリスクが高い恋愛で、「アバンチュール」な恋と言えるでしょう。

恋愛関係を解消した後も、周囲の人に「○○さんの元カレや元カノ」という目で見られるリスクがあります。

さらに不倫だった場合は、会社をクビになる可能性すらあります。

「身分違いの恋」

現在の日本は身分制度がないので、ぴんと来ないかもしれませんが、「身分違いの恋」「アバンチュール」と言えるでしょう。

貴族と平民の恋愛などは許されない「危険を冒す恋愛」の代表的なものでした。

「近しい人との恋」

「近しい人の恋」「アバンチュール」な恋のひとつです。

血がつながっていない兄弟の恋、若くて美しい父親の再婚相手との恋は、映画でも取り上げられる事が多い題材です。

icon まとめ

「アバンチュール」という言葉の意味を知ると、「アバンチュール」という言葉自体は使う事が少なくなっていますが、「危険を冒す恋愛」を楽しむ人は増えていると感じます。

リスクは高いですが、いつかは「アバンチュール」をしてみたい人も多いかもしれません。