意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「センシティブ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「センシティブ」の意味や類語を紹介します。

さらに「センシティブ」の使い方や例文を紹介して行きます。

センシティブ

Meaning-Book
「センシティブ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「センシティブ」の意味とは?
  • 「センシティブ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「センシティブ」の言葉の使い方
  • 「センシティブ」を使った例文
  • 「センシティブ」な人の特徴


「センシティブ」の意味とは?

カタカナ語のひとつ「センシティブ」という言葉を耳にした事があるでしょうか。

あるいは、今回初めて目にした言葉だという人もいるかもしれません。

「センシティブ」は日常的な場面でも、ビジネスシーンでも広く使われています。

特に最近は頻繁に使われている言葉ですので、言葉の意味を知っていた方が何かと便利です。

そこで知っておきたいカタカナ語「センシティブ」の意味を紹介します。

  • 「センシティブ」の英語
  • 「センシティブ」の意味
  • 「センシティブ」のもう一つの意味

「センシティブ」の英語

「センシティブ」は英語表記にすると“sensitive”になります。

「敏感」「感じやすい」という意味や、「傷つきやすい」「過敏だ」という意味もあります。

カタカナ語の「センシティブ」も同じ意味があります。

まずは「センシティブ」は英語をもとにしたカタカナ語である事を知っておきましょう。

「センシティブ」の意味

「センシティブ」には英語の“sensitive”と同じように、「敏感な」「感じやすい」「傷つきやすい」という意味があります。

「敏感で感じやすい」という言葉は、どちらかといえばポジティブな意味で使われます。

他の人が気付けないような違いに気付く事ができるので、企画を立てる時や計画を立てる時、マーケティングに役立つからです。

一方で「傷つきやすい」「過敏」という意味で使われる時は、ネガティブな意味で「センシティブ」という言葉が使われています。

「扱いにくい人材」「面倒な人」という意味があるからです。

このように「センシティブ」という言葉には、「敏感な人の性格」を表現する時に使われます。

「センシティブ」のもう一つの意味

「敏感な人の性格」「センシティブ」という一方で、「繊細な問題」などの事柄を「センシティブ」と呼ぶ事もあります。

慎重で微妙な判断を要する案件などは「センシティブな案件」と呼ばれて、丁寧な扱いを受ける事になります。

社内人事が絡んでいるような案件は、「センシティブな案件」と呼ばれやすく、引き受け手がすくないかもしれません。

このように「取扱注意な○○」という場合も、「センシティブ」という言葉を使います。



「センシティブ」の類語や言い換え・似た言葉

「センシティブ」に似た言葉を紹介していきます。

言い換えができるような似た意味の言葉には、どのようなものがあるでしょうか。

  • 「敏感」
  • 「繊細」
  • 「デリケート」

「敏感」

「敏感」という言葉があります。

「センシティブ」には「敏感」という意味も含まれていますので、言い換えが効く言葉と言えます。

「敏感」「物事に感じやすい様子」という意味があります。

「敏感な性格」「敏感な人」という使い方をされます。

「繊細」

「繊細」という言葉も、「敏感」と同じくらいメジャーな言葉です。

「繊細」には「感情が細かくて鋭い」という意味があります。

「繊細な性格」という場合は、感情が細かすぎるという、ややネガティブな意味が含まれる事があります。

一方で「繊細なピアノタッチ」という場合は、細かくて鋭いピアノタッチという意味があり、ポジティブな意味で使用されます。

「デリケート」

「センシティブ」に意味が似ていて、昔からあるカタカナ語といえば「デリケート」です。

「デリケートな性格」「センシティブな性格」はほとんど同じで、使う人の好み次第と言えるでしょう。

「デリケート」には「繊細で鋭敏」という意味があります。

若い人ほど「センシティブ」という言葉を使い、やや年齢が高い方は「デリケート」という表現を好んで使います。

「センシティブ」の言葉の使い方

「センシティブ」という言葉はどのような時に使えばいいでしょうか。

まず「繊細」「敏感」または「過敏」と思えるような性格の持ち主を、カタカナ語で表現したい時に使いましょう。

「彼女は『過敏』な性格の持ち主だから、扱いに注意してね」と言うよりも、「彼女は『センシティブ』だから気を付けて」と言った方が、雰囲気が軽くなり、言われた方の負担が少なくなります。

またビジネスシーンで「ここは少し神経を使わなければならない案件だ」という時に、「今回の案件は『センシティブ』だ」と言った方が、受け取る側の気持が楽になります。

同じ事を言う時でも、「センシティブ」というカタカナ語を使った方が、オシャレでライトな感覚になるので、言い換えられる時は使っていきましょう。



「センシティブ」を使った例文

続いて「センシティブ」を使った例文を見て行きましょう。

例文を見る事で、文章に「センシティブ」という言葉を組み込むコツを知りましょう。

  • 「センシティブ」の例文1
  • 「センシティブ」の例文2

「センシティブ」の例文1

「繊細な人」が周囲にいる人は「センシティブ」という言葉を使う機会が多いかもしれません。

そのような場面を「センシティブ」を使った例文にしてみましょう。

「彼女はとても『センシティブ』だ。だから隣の席に座る人はおおらかな人がいい」「こんなに『センシティブ』で、結婚生活を送る事ができるのだろうか」「彼はとても『センシティブ』だから、一般の人には描けないよう絵を描く事ができる」という感じです。

「センシティブ」な性格は、ポジティブな面もありますし、ネガティブな面もあります。

「センシティブ」の例文2

適当には済ませられないような微妙な事案を扱う時にも、「センシティブ」という言葉を使います。

そのような場面を「センシティブ」を使った例文にしてみましょう。

「彼女はどうやら女性の事が好きらしい。しかしこれは『センシティブ』な問題だから、他の人には言わないで欲しい」「民族間の問題は、とても『センシティブ』だ。適当に扱う事は絶対にできない」「この事案は専務肝いりの『センシティブ』な案件だ。他のスタッフにもそれとなく伝えておいてくれ」という感じです。

社会人になると、時々「センシティブ」な案件を扱う時があります。

「センシティブ」という言葉を知っていれば、適当に扱って大きなミスを犯してしまう機会も減るでしょう。

「センシティブ」な人の特徴

最後に「センシティブ」な人に共通する特徴を見て行きましょう。

どのような人が「センシティブ」なのか、見極められるようになるかもしれません。

  • 「人が気付かない事に気が付ける」
  • 「傷つきやすい」
  • 「反応が大きい」
  • 「オープンスペースが苦手」
  • 「きちんと仕事をする」

「人が気付かない事に気が付ける」

「センシティブ」な人は、普通の人が気付けないような事に気が付きます。

そのため書類の小さなミスを発見するのも得意です。

プロジェクトの小さなほころびもみつける事ができるので、危機管理のために「センシティブ」なメンバーを入れるチームもあります。

「傷つきやすい」

「センシティブ」な人は感じやすく傷つきやすい人です。

そのため取り扱いに注意が必要です。

ネガティブな言葉は、「センシティブ」な人にはかけないほうが無難でしょう。

「反応が大きい」

後ろから声をかけた時に、びくんと体全体が飛び上がるような「大きな反応」をするのが、「センシティブ」な人です。

体中にアンテナを張り巡らせているため、小さな刺激にも大きな反応をしてしまいます。

「オープンスペースが苦手」

「センシティブ」な人は感受性が強すぎるため、広場などたくさんの人が集まるようなオープンスペースが苦手です。

小さな喫茶店などの、あまり人の出入りがない場所を好みます。

「きちんと仕事をする」

「センシティブ」な人は、完璧主義的な所がありますので、他の人よりもきちんと仕事をする傾向があります。

反面、こだわりが強すぎて、仕事を終えるのに時間がかかる事もあります。

icon まとめ

「センシティブ」という言葉は、「敏感」「感じやすい」という意味がある言葉です。

周囲の誰かが敏感だったり、扱っている案件が繊細な時は、「センシティブ」という言葉を使ってみましょう。