意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「バカッター」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「バカッター」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「バカッター」という言葉を使った例文や、「バカッター」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「バカッター」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「バカッター」とは?意味
  • 「バカッター」の表現の使い方
  • 「バカッター」を使った例文や短文など
  • 「バカッター」の類語や類義語・言い換え


「バカッター」とは?意味

「バカッター」には、「短文投稿サービス『ツイッター』を揶揄した言葉」という意味があります。

また「バカッター」は、「犯罪や反社会行為など、人から非難されるような投稿を自らツイッターにして、墓穴を取る人」を意味します。



「バカッター」の表現の使い方

「バカッター」の表現の使い方を紹介します。

「バカッター」には、「短文投稿サービス『ツイッター』を揶揄した言葉」という意味があります。

また「バカッター」は、「犯罪や反社会行為など、人から非難されるような投稿を自らツイッターにして、墓穴を取る人」を意味します。

ツイッターを使っている人は、非難を浴びるような投稿をして、墓穴を掘る人を見た時に、「あいつはバカッターだ」などと、「バカッター」という言葉を使ってみましょう。

「バカッター」を使った例文や短文など

「バカッター」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「バカッター」を使った例文1
  • 「バカッター」を使った例文2

「バカッター」を使った例文1

「また『バカッター』を使って、墓穴を掘ったやつが出た」

この例文は、ツイッターを使って、また墓穴を掘る人が誕生したという文章になります。

このように「バカッター」には、「短文投稿サービス『ツイッター』を揶揄した言葉」という意味があります。

ツイッター自体が、このような墓穴を掘る人をたくさん生んでしまう装置のようになっているため、「バカッター」と呼ばれてしまうことがあります。

「バカッター」を使った例文2

「後のことを考えずに馬鹿な投稿する『バカッター』が多い」

この例文は、ツイッターに非難を浴びるような投稿を、後先を考えずにしてしまうバカな人が多いという文章になります。

このように「バカッター」は、「犯罪や反社会行為など、人から非難されるような投稿を自らツイッターにして、墓穴を取る人」を意味します。

全世界の人に見られるという覚悟がない場合は、ツイッターに投稿すべきではないでしょう。



「バカッター」の類語や類義語・言い換え

「バカッター」の類語や類似を紹介します。

  • 「バカ発見器」【ばかはっけんき】
  • 「バカッター事件」【ばかったーじけん】

「バカ発見器」【ばかはっけんき】

「バカ発見器」「ツイッターを揶揄した言葉」になります。

ツイッターの投稿を見ていると、バカとしか思えないような投稿が数多くみられるため、誰がバカなのか見分ける発見器のような役割を、ツイッターが果たしているという意味があります。

「バカッター事件」【ばかったーじけん】

「バカッター事件」には、「ツイッターに非難を浴びるような投稿をして事件を起こすことや、その事件」という意味があります。

「またバカッター事件が起こった」などという使い方をします。

icon まとめ

「バカッター」という言葉について見てきました。

短文投稿サービス『ツイッター』を揶揄した言葉について話す時、犯罪や反社会行為など、人から非難されるような投稿を自らツイッターにして、墓穴を取る人について話す時、「バカッター」という言葉を使ってみましょう。