意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「バカッター」の意味とは?危険性やその後、漢字や類語、使い方や例文を紹介!

インターネットが日常になった今の世の中、昨日までは一般人だとしても、SNSへの投稿次第で一夜にして有名人になるケースも多々あります。

よい意味で有名になればいいですが、「バカッター」として有名になると、その後にどのようなことが待ち受けているのでしょうか。

今回は「バカッター」についてご紹介します。

バカッター

Meaning-Book
「バカッター」の意味とは?危険性やその後、漢字や類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「バカッター」の意味とは?
  • 「バカッター」の言い換え
  • 「バカッター」の類語
  • 「バカッター」の言葉の使い方
  • 「バカッター」の具体例
  • 「バカッター」の行動から心理を探る
  • 「バカッター」の危険性やその後


「バカッター」の意味とは?

「バカッター」とは、その語感の通り、「バカ」「ツイッター」の合成語です。

「バカ」という言葉がついているように、これは相手を蔑む言葉。

悪ふざけしている自分の様子を自ら写真撮影し、ツイッターなどのSNSに投稿しインターネット上に言い逃れできないような決定的証拠写真を残すような愚かな行為をする人物を指します。

また、ツイッターそのものを揶揄して「バカッター」といいます。



「バカッター」の言い換え

2013年に「ネット流行語大賞2013」の4位となるほど、今やインターネット用語として浸透している「バカッター」を言い換えると、悪ふざけや非常識な行為、反社会的行為を、「武勇伝」と勘違いしているバカです。

「バカッター」の類語

では、「バカッター」の類語にはどのようなものがあるでしょうか?インターネットの闇深い言葉を中心に集めてみました。

  • 「バカ発見器」
  • 「無分別」【むふんべつ】
  • 「浅はか」【あさはか】

「バカ発見器」

スマホで簡単につぶやきを投稿できるツイッター。

今の気持ちを残し、コミュニケーションに役立つアプリですが、使い方によっては自分の「バカさ」を晒してしまう危険性があります。

自分から問題になることをつぶやいて大問題に発展する、つまり、「バカ」を見つけやすいことから「バカ発見器」といわれています。

「無分別」【むふんべつ】

思慮がなく軽率なこと、そのさまを「無分別」といいます。

よく考えないで行動やツイートをして炎上してしまう「バカッター」は、まさに「無分別」ですね。

「浅はか」【あさはか】

「浅はか」な人とは、思慮が足りなくて軽々しい人をいいます。



「バカッター」の言葉の使い方

「バカッター」はインターネットスラングの中でも蔑称なので、日常的にあまり使用する言葉でないでしょう。

多くの場合、迷惑行為をSNSで発信した「バカッター」を報じるニュースを見た人たちが、ネット上で「またバカッターが出たよ」とツイートしたり、エンターテイメント系の報道番組で投稿者に対して「バカッター」と表現したりすることが多いでしょう。

「バカッター」の具体例

では、「バカッター」とはどのような行為を指すのでしょうか?いくつかの例をもとに「バカッター」について考えてみましょう。

  • 「バカッター」の例文1
  • 「バカッター」の例文2
  • 「バカッター」の例文3
  • 「バカッター」の例文4

「バカッター」の例文1

バイトの従業員が販売する食品を入れるための貯蔵庫や冷蔵庫に入り込んで寝そべったりする様子を写真に撮って投稿し、炎上、店舗が閉店に追い込まれ、損害を受けた企業より「バカッター」に損害賠償を求められた。

「バカッター」の例文2

飲食店やホテル、ショップの店員が芸能人の来店を暴露して、悪口を書き立てる。

「あんな『バカッター』のいる店は信用ならないよね」

「バカッター」の例文3

飲酒運転、カンニング、万引き、未成年が行ってはいけない行為(飲酒、喫煙)などの犯罪や不正行為、迷惑行為を自慢して写真つきで投稿する。

「また『バカッター』が自撮して炎上してるよ」

「バカッター」の例文4

国民を代表として選出された政治家の発言は誰もが注目していますが、軽はずみなツイートから「バカッター」扱いされる政治家も数多くいます。

いくら簡単に投稿できるからといっても、公で発言するのにふさわしい内容かどうか一度精査してからツイートすることが大切ですね。

「『バカッター』○○議員は、またどうでもいいことに噛み付いてるよ。

そんなことよりしっかり政治してくれ」


「バカッター」の行動から心理を探る

では、どうしてこのような「バカッター」が増えているのでしょうか?「バカッター」の行動からその心理を探ってみましょう。

  • とにかく目立ちたい
  • 視野が狭く客観的にみれない
  • 偏った思考
  • 想像力がない

とにかく目立ちたい

おかしな行動をインターネットという公の場に晒すのは、自己顕示欲を満たすためです。

とにかく目立てばよし、の考えですから後先のことなど考えられないのです。

小さな子供が親の気を引こうといたずらをするようなものです。

小さい子供ならまだしも、思慮も分別もつくような大人がすることではありませんね。

視野が狭く客観的にみれない

なぜ「バカッター」は人の反感を買う発言や写真を軽率にのせてしまうのでしょうか? それは、視野が狭く客観的にみれないからです。

自分の考えにとらわれてしまい、その考えを他人がどのように受け取るかを考えられないため、うかつな行動や発言をしてしまうのです。

偏った思考

わざと奇抜な行動をしたり、非道徳的な行動をしたわけでもないのに「バカッター」認定されてしまう人たちにありがちなのは、偏った思考を持っていることがあげられるでしょう。

自分だけの偏った思考にとらわれた発言は、他人を不愉快にしてしまうことがあるのため「バカッター」になってしまうのです。

想像力がない

どんな「バカッター」にも共通していえることは、ツイートした後にどんなことが起こるのかを想像しない、つまり、想像力がないことです。

軽はずみなツイート、悪ふざけをとった自撮り写真を一度投稿してしまうと、インターネット上に永遠に残ってしまうということ、その後何が起こるのかを想像するのが大切なのです。

「バカッター」の危険性やその後

「バカッター」と評されてしまうと、その痕跡を消そうと思っても消すことはできません。

「匿名だから大丈夫」

なんて安心できません。

インターネットは匿名性のあるものではない、と思い知らされることになるのです。

  • 軽はずみな投稿によって瞬く間に個人情報が特定される
  • 仲間うちの悪ふざけ写真を公開したその後
  • インターネットに匿名性はない
  • 自分だけではなく家族も苦しむ

軽はずみな投稿によって瞬く間に個人情報が特定される

「もぐら虐殺WWW」と書いてSNSに投稿たA君。

実は親が庭や畑のもぐらを駆除したのですが、軽はずみなツイートとともにその写真を投稿しました。

すると、「残虐」「動物虐待」と騒がれ、またたく間に個人情報が特定され、ものの数時間でインターネット上に 公開されてしまいました。

仲間うちの悪ふざけ写真を公開したその後

バイト仲間と一緒にその場ののりで飲食店の店舗内で悪ふざけをした写真をSNSに公開した大学生のB君。

インターネットに載せてすぐに炎上、バイト先の飲食店は閉店になり、就職先からもらった内定も取消しになりました。

その後飲食店経営者側からは損害賠償を求められました。

インターネットに匿名性はない

全世界とつながっているインターネットは探せないものはないといっても過言ではないほどの情報があふれています。

たとえ、顔を映した写真ではなくても、どこにいるかをまったく知らない他人にもわかってしまうことがあります。

近頃のスマホ写真は解像度がよく、後ろに写った電柱や自動販売機から住所を読み取ることも出来るのです。

自分だけではなく家族も苦しむ

軽はずみなツイートをしてしまえば、自分ひとりの問題ではなくなります。

犯罪まではいかなくとも、不道徳、反社会的なツイートをしたことによって家族まで巻き込むことも多々あるのです。

その人の人となりは実際に接してみないとわかりません。

現実の情報がないままにその人を評し、そんな人物の家族なら、と家族も同じような目でみられてしまうのです。

後先考えないツイートをしてしまうと自分だけではなく回りの人たちを巻き込むということをしっかり覚えておきましょう。

icon まとめ

ツイッター等のSNSは趣味が共通する見知らぬ人たちとも友だちになれたりと楽しい面もたくさんありますが、後先考えない発言をすると「バカッター」になるという危険性があります。

インターネットは公の場であるということをしっかりと認識して、良識を持ってSNSを楽しみたいですね。