意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尾を引く」の意味とは?使い方や例文を紹介!

長く尾を引いて流れる流れ星は、とてもきれいで、神秘的ですが、過去のでき事が、長く尾を引いているというのは、そのことが、現在の日々の生活にまで、暗い影を落としてきそうな気がします。

問題が起きたら、できるだけ早期に、誠意をもって、解決することが大事です。

それでも残る不満や遺恨は、尾をひきやすい代物です。

そこで、尾を引かせないためには、まず、相手をよく知ることです。

「尾を引く」とは、何を意味するのか、しらべてみましょう。

尾を引く

Meaning-Book
「尾を引く」の意味とは?使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「尾を引く」の意味とは?
  • 「尾を引く」と似た言葉や類語
  • 「尾を引く」の言葉の使い方
  • 「尾を引く」の例文
  • 「尾を引く」の対義語や反対語
  • 「尾を引く」の英語


「尾を引く」の意味とは?

長いしっぽをもった動物が、そのしっぽを引きずりながら、移動する様子をもとに生み出された慣用句です。

その様子のように、「物事が済んだ、終わった後までも、その名残や影響が、いつまでも続く様子を意味する」言葉です。

種々雑多のもめ事や相続、結婚といった問題など、様々な物事に関しては、話し合いや裁判、示談、和解などによって、表面上は、無事に、解決し、済んだ、終わったかにみえます。

しかし、問題の内容や、大きさによっては、後々まで、その名残や影響が、続くことがあります。

それも、細部に渡って検討を加えると、大きくは二つの種類に分類することができます。

内一つについては、さらに、二つに分けられるようで、合せて三つのパターンがあるようです。

大きな二つの種類は、名残や影響が、周りの外部に残る場合と、自分の内面に残る場合の二つです。

また、周りの外部に残る場合には、精神的なものが残る場合と、後々問題を起こす原因となるような火種が残る場合とがあります。

  • 「尾を引く」の読み方

「尾を引く」の読み方

「オヲヒク」と、そのまま素直に読みます。



「尾を引く」と似た言葉や類語

  • 「影を引きずる」
  • 「禍根を残す」
  • 「後を引く」
  • 「しこりが残る」

「影を引きずる」

過去の出来事で、自分の身にふりかかったいやな記憶とか、脳裏を離れない衝撃的なワンシ-ンなど、過去に受けた、悪い部分や良くない部分について、どうしても自分の中で、解決することも出来ず、といって、積極的に自ら解決に努力する訳でもなく、受けた影響や精神的なショックなどから、離れずにいる様子を表しています。

過去のでき事の名残や影響が、自分の内面に残る典型的な例と言えます。

「禍根を残す」

物事が、一定の終結を見せた後に、後々、問題を起こすかもしれない原因となるものを残すことを言います。

いわゆる、問題を再燃させる基となる、火種を残して幕を引くことになる物事の終わり方で、好ましくありません。

さらに言えば、自分の内面の問題であった「尾を引く」と違い、周りの外部に、わだかまりやこだわりが、残っているわけですから、コントロールは難しく、再燃する可能性は、かなり高いと予想されます。

「禍根」「禍」は、「わざわい。災難」を意味していて、それが「根」にあるのですから、かなり深い、不満であり、わだかまりであると推測されます。

「後を引く」

大きく二つの方向で、意味があります。

まず一つ目は、「食べたり、飲んだりしたもののお代わりが欲しくなる、続けて食べたくなる様子を表わしますが、自分の内面を表す言葉です」

二つ目は、「でき事の影響が、後々まで残る様子を表したものですが、これは、周りの外部に残る問題です」

それも、「禍根」のように火種が残ると言うよりも、精神的なものが残る方の言葉です。

その意味では、「禍根を残す」ような大きなでき事でもなく、収拾もさほど大げさなものでは、なかったと思われます。

しかし、なかなか人々の間からは、消えていかない(後を引く)でき事であったのは、事実なのです。

「しこりが残る」

「しこり」と一口に言っても、程度に差があります。

まずは、残ったしこりが大きくて、後々、再度問題化する可能性が高い、火種を残している場合での(しこりが残る)という意味があります。

別の言葉で言えば「禍根」に近い「しこり」という言葉だと言えます。

次に言う「しこり」は、後に問題が再浮上した際には、その原因の一つになる可能性があるという、禍根ほど大きくはないけれども、小さくても「火種」と呼ばれる直接の原因となりうる力は、有していると言うことで、手放しでの安心は、できないレベルの言葉です。

最後は、自分自身の心の中に、どうしても引っかかって、振り切れない、心の底からは安心ができないという、一抹の不安を抱えての「しこりが残った」状態を意味しています。

これら、三つのパターンは、全て、物事が起きた時点や解決が試みられた経緯や内容によって、どれに当たるか、決まることになります。

当然のこととして、パターンの境目であったり、両方にまたがったりすることが、あります。

パターンを見極めて、再燃する前に手を打つことが大事です。

「尾を引く」の言葉の使い方

過去のでき事が気になっている、何かしら、わだかまりのあることが、「尾を引く」ですから、社会の目である一般の人々の興味や関心の面が「尾を引く」場合と、個人の内面にどうしても忘れられない、わだかまりや納得のいかない気持ちの面で「尾を引く」場合があります。

しかし、特に、違った言い方や留意するところは、ありません。



「尾を引く」の例文

  • 「尾を引く」の例文 1
  • 「尾を引く」の例文 2

「尾を引く」の例文 1

「三年前に、この通りで起きた負傷者だけでなく、死者もでた通り魔事件が(尾を引いて)いて、今でも、この通りを利用する人は、少ないです」

「尾を引く」の例文 2

「仲の良い友達に言われたことが(尾を引いて)いるみたいで、元気がないらしい。 例のことなら、そんな(尾を引く)ようなことでもないので、早く、リセットするように、言ってやろう」

「尾を引く」の対義語や反対語

対義語や反対語となると、まるで、何事もなかったかのように、何の遺恨も残さずに、すっきりと終わることです。

過去を蒸し返さない、すっきり終わる、そんな言葉を集めてみました。

  • 「払拭する」
  • 「水に流す」
  • 「けりを付ける」
  • 「帳消しにする」
  • 「リセットする」

「払拭する」

いろいろとあった過去のいざこざの全てを、汚れなどをすっかり拭い去るように、除き去ってきれいにすることを言います。

「払拭」「払」「払いのける」という意味があり、「拭」には、「汚れを拭き清める。ぬぐう」とい意味があります。

不満や言いたいこともあろうけれど、きれいさっぱり、拭い去りましょうという意味合いの言葉ですから、「尾を引く」とは、対をなす言葉になります。

「水に流す」

過去の事は、一切水に流して、なかったことにしましょうということを表しています。

過去にあったこと、それまでのいざこざなどを、全て、水に流して、すっきりしましょうという、ある面では、大胆な提案です。

しかし、全てを水に流すのですから、公平なやり方とも言えそうです。

その上、水に流すことに、深いわけが、あるのです。

この水に流すという行為は、神社にお参りするとき、手水場で体を清める仕草をすることに、由来しています。

手水場で、手を洗ったり、口をゆすいだりするのは、神前に上がるのに、体中に付いている、いわゆる世間の垢を、落とすことを意味しています。

本来は、裸になって全身に水をかぶるべきですが、現実的ではありません。

そこで、簡易な方法で、しかし、その意味するところは、はずさないように、体を清めているのです。

これを「禊ぎ」と言います。

川につかったり、滝に打たれたりといった正式な「禊ぎ」はできませんから、簡易な方法で、垢を落としているのです。

つまり、「水で濯ぐ」という行動が「水濯ぎ」であり、「禊ぎ」につながるのです。

だから、水に流すというのは、とても神聖な行為ですので、「水に流す」は大きく二つの方向で、意味があります。

「けりを付ける」

決着が容易でなかった物事に、何らかの形で結論を出して、これで終わりとする意味をもつ言葉です。

短歌や俳句の世界では、句の終わりを「〜月の出にけり」のように「けり」を付けて終わることから、けりをつければ、短歌や俳句が、終わるのと同じように、このもめごとやいざこざにも「けり」を付けて、終りにしようという、ある種、駄洒落のような表現ですが、意味的には「尾を引く」とは、対比的な表現になっています。

今の言葉でいえば、「ピリオドを打つ」とでもいうのでしょうか。

「帳消しにする」

帳面に記載してあることを、横に棒線を引いて、帳面から消して、なかったこととすることが、基になっています。

お互いに、いろいろな不満や意見もあるけれど、それらのことについて、互いに損得がなくなるように、差し引きの勘定をして、過去のいざこざや問題はなかったことにする、という意味です。

ここで「横に棒線を引いて」とありますが、昔は、借金に関する出納関係は、全て帳簿に記していたので、帳簿に棒線を引いて、借金をなかったことにすることを、「棒引きにする」と言う訳です。

「リセットする」

便利な世の中になりました。

ワンクリックするだけで、ゼロに戻すことも、全てをクリァにすることもできます。

かなりの量の情報も、一瞬にして、消えます。

あの潔さで、過去の事は、クリックして、ゼロに戻しましょうという新感覚の(尾を引く)問題の解決方法です。

「チャラにする」という、口から出任せを言うことやでたらめなことなどを意味する言葉と、同じ意味合いで、「貸し借りをなしにすること。差し引きゼロ、帳消しにすること」からきた言葉で、ずいぶんと都合の良い言葉です。

今までのしがらみを、全てチャラにして、新たな歩みを始めましょうということですが、そうそう勘案に(リセット)や(チャラ)ができているなら、尾は引かなかったのではとも思います。

「尾を引く」の英語

尾を引く meaning in english

機械的な英訳では“to leave a trail.” (尾を引く) “Leave”(残す。置き忘れる) “trail(跡)to leave trces.”(跡を残す) “trces”(足跡。跡)

icon まとめ

物事を丸く収めることは、容易なことではありません。

増して、双方に、わだかまりや不平、不満など、様々な感情の食い違いまで考えると、何らかの課題は、残って当然のような気がします。

ただし、再燃することだけは、避けたいものです。

そのためには、「禍根」「火種」を残さずに、事態の収拾を図ることが、大事です。