意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ヤグる」の意味とは?「元モー娘。」の事件が発端!?類語、例文を紹介!

元モー娘。好きには察しがつく言葉です。

「ヤグる」と聞いても「何の意味?」と疑問に思う人は多いはず。

ただし、元モーニング娘。

ファンにはピンとくる言葉かもしれません。

それでは詳しくみていきましょう。

Meaning-Book
「ヤグる」の意味とは?「元モー娘。」の事件が発端!?類語、例文を紹介!>


目次

  • 「ヤグる」の意味とは?
  • 「ヤグる」の類語や言い換え
  • 「ヤグる」の使い方
  • 「ヤグる」の例文
  • 「ヤグる」の語源


「ヤグる」の意味とは?

「ヤグる」の意味としては、「浮気現場を目撃される」「不倫をする」「他の異性と不適切な関係を結ぶ」などになります。

自分には交際相手がいるにも関わらず、他の人と、肉体関係を持ってしまうことを意味しています。

この言葉の語源は、「浮気現場を目撃される」こととなっていますが、意味は目撃されるという意味だけにとどまっていないようです。

誰にも現場を目撃されていなくても、浮気や不倫をしたら「ヤグる」などと使われています。

とはいっても、誰も浮気や不倫をしていることを公にさらすようなことは言わないので、「ヤグる」などと話している人はいないでしょう。



「ヤグる」の類語や言い換え

「ヤグる」の類語や言い換えをみていきましょう。

  • 「火遊び」【ひあそび】
  • 「アバンチュール」
  • 「つまみ食い」【つまみぐい】

「火遊び」【ひあそび】

「火遊び」という言葉には文字通り、火をもてあそぶという意味もありますが、ここで類語として挙げられる言葉はその言葉ではありません。

「火遊び」のもう一つの意味、「男女間における危険な遊びのこと」を指しています。

無分別なその場限りの恋愛遊戯に興じることを意味しています。

勢いが出たり、感情や情愛が高まることを「火がつく」といいますが、「火」には人の感情の高まりを表す比喩表現として用いられています。

このことからも分かるように、「火遊び」「火」も、人の感情の高まりを示した表現だといえるでしょう。

男女間の燃え上がるような情愛、誰にも止められない勢いのある様子で、浮気や不倫に走っていく様子を伺うことができます。

また、一般的に「火遊び」は男女間における一夜限りの恋愛関係を表す場合が多いです。

そのため、純粋な愛というよりは、ふしだらな愛だと呼べます。

その意味では「ヤグる」も同じ。

交際相手や配偶者がいながら、他の人と肉体関係を結ぶことを意味しているので、ふしだらな関係を結ぶ行為だといえます。

その点で、「火遊び」「ヤグる」は類語であるといえるでしょう。

ただし、「火遊び」の場合は、交際相手や配偶者がいることは問わない言葉です。

交際相手や配偶者がいなくても一夜限りの危険な恋愛情事にふけているのなら、それは立派な「火遊び」です。

例文としては、「あの二人、真剣に付き合っているわけじゃないよ。単なる火遊びだと思うよ。」などが挙げられます。

真剣な男女間のお付き合いではなく、単に恋愛を楽しんでいる様子が伺える言葉です。

「アバンチュール」

「アバンチュール」は、もともとフランス語からきた言葉です。

“aventure”と表記し、冒険を表す言葉となっています。

英語における意味も同じ。

ですが、日本の場合は、「恋愛における冒険」という意味があり、恋愛のことだけに限定されて使われています。

この言葉「アバンチュール」も、「ヤグる」と同様、ふしだらな愛を表現している言葉です。

「アバンチュール」は真剣な恋愛というよりも、一夜限りの恋愛、その場限りの恋愛という意味があり、単に恋愛を謳歌している様子を表しています。

そういった意味では「アバンチュール」「ヤグる」の類語だといえるでしょう。

「アバンチュール」という綺麗な言葉の響きから、なんとなく、その場だけの、はかない男女の素敵な恋を思い描くことができます。

浮気をする、不倫をするということに違いはないのですが、言葉によってこうも恋愛に対する印象が違ってきます。

例文としては、「若い頃、ひと夏のアバンチュールを楽しんだ記憶が鮮明に蘇った。」などです。

偶然、見かけた、一夜限りの恋愛を楽しむ若い男女。

そしてその様子をみて、一夜限りの恋愛を楽しむ、昔の自分を思い出した様子を表しています。

「つまみ食い」【つまみぐい】

「つまみ食い」とは、もともと食べ物を指先で少しつまんで食べることから意味を欲しています。

そこから様々な言葉として転用されている言葉ですが、恋愛においてもこの言葉が用いられている場合があります。

「つまみ食い」には、「恋人や配偶者以外の異性と戯れた関係を結ぶこと」という意味もあります。

本来、すでに愛を誓い合った交際相手や配偶者がいるのも関わらず、相手にそむいて他の異性と情事を楽しむことを意味しています。

この言葉も「ヤグる」と同様、背徳的な恋愛であることから、「ヤグる」の類語としてあてはまるでしょう。

自分の気に入った異性に声をかけ、あわよくばお持ちかえりし、情事にふけってしまう様子が、「異性をつまみ食い」している様子に見えることから、このように使われることになったのでしょう。

例文としては、「今夜はどの女性をつまみ食いしようかな。」などが挙げられます。

今夜の恋愛情事に共にふけってくれそうな女性を探している表現です。

「ヤグる」の使い方

「ヤグる」の使い方を説明します。

この「ヤグる」という言葉をつかえる前提条件としては、「交際相手や配偶者がいること」が前提となります。

使うときの状況としては、以下のような状況に陥ったときです。

  • 浮気現場を目撃される
  • 浮気・不倫をする

詳しくみていきましょう。

まずは、「浮気現場を目撃する」について。

自分の浮気現場を交際相手や配偶者に「浮気現場を目撃される」ことを「ヤグる」といいます。

思わぬアクシデントで、自信の交際相手と不倫相手が鉢合わせしてしまうことを「ヤグった」「ヤグってしまった」などと表現します。

ここで注意してほしいのが、「ヤグる」「ヤグられる」の使い方です。

二つの言葉はよく混同されがちなので、注意しましょう。

「ヤグる」…自分の浮気現場を交際相手や配偶者に目撃されること 「ヤグられる」…交際相手や配偶者の浮気現場を目撃してしまうこと なんとなく、目撃されることを「ヤグられる」と勘違いしやすいのですが、それは間違いです。

あくまでも「ヤグる」は自身の行動を表す言葉であり、自身の浮気現場を目撃されることを「ヤグる」といいます。

次の「浮気・不倫をする」ことを「ヤグる」と表現することについてですが、これも同様で、自身が浮気をすることを「ヤグる」といいます。

相手が浮気をしたら「ヤグられる」です。

もともとの「ヤグる」の意味は、交際相手や配偶者に浮気現場を目撃されるという意味がありますが、実際には浮気現場を目撃したかどうかまでは問わずに使っていたりします。

例えば、相手に浮気がバレていないことを良いことに、友達に「今日、〇〇君とヤグるから、彼氏には私とずっと一緒にいたことにしておいて。」

などとお願いするなどということもあるでしょう。

浮気現場をおさえられているのかどうかを問わず、自身が浮気や不倫を楽しんでいれば、それが「ヤグる」です。

ただし、実際には「ヤグる」よりも「ヤグられる」という意味で多く使われています。

自身の不倫というよりも、交際相手や配偶者に浮気や不倫をされたときに用いられている言葉です。



「ヤグる」の例文

「ヤグる」の例文をみていきましょう。

  • 「ヤグる」の例文1
  • 「ヤグる」の例文2

「ヤグる」の例文1

浮気をする、不倫をするという意味で使われている「ヤグる」の例文。

「今日は○○君とヤグっちゃおう。」

(今日は〇〇君と遊んじゃおう(浮気しちゃおう)。)

「昨日、ヤグッたばかりだから、今日は大人しくしてようかな。」

(昨日、他の異性と遊んだばかりだから、今日は大人しくしていようかな。)

「ヤグる」の例文2

浮気現場を目撃したという意味で使われている「ヤグる」の例文。

「許せない。彼氏にヤグられた!」(許せない。彼氏の浮気現場に遭遇しちゃった!)

「ヤグられて悔しい。絶対に後悔させてやる。」(浮気されて悔しい。絶対に後悔させてやる。)

こちらの「ヤグられる」の使い方が主流となります。

「ヤグる」の語源

浮気をしたときや浮気現場を目撃したときに使う「ヤグる」という言葉。

この言葉の語源は一体何なのでしょう。

この「ヤグる」の言葉は「矢口る」(やぐちる)という言葉がもとになっています。

「矢口る」「矢口」とは、あの元モーニング娘の矢口真理さんのことです。

なぜ、矢口さんの言葉がこのように使われるようになったのかというのは、言わなくても大抵の人はすでに察しがついていることでしょう。

事の発端は、2013年5月。

「元モーニング娘。」「矢口真理」さんが、配偶者がいるにも関わらず、他の男性と浮気をするという事件が発生したことによります。

この事件が話題となったのは、浮気をしたというだけでなく、浮気現場を配偶者に目撃されてしまったというところにあります。

当時、矢口真理さんの配偶者であり、俳優の「中村昌也」さんが、帰宅したところ、知らない男性が矢口真理さんとベッドで戯れている姿を目撃したそうです。

その後、壮絶な修羅場と化したようです。

結局、その後、矢口真里さんと中村昌也さんは離婚をしています。

元モーニング娘。のファンだった人には、かなりショッキングな話題だったのではないでしょうか。

そうでなくても、手を繋ぐとか、一緒に食事を楽しむなどの現場ではなく、二人で素っ裸で戯れているところを旦那に見られるという事件は、かなり衝撃を与えるニュースでした。

もともと矢口真理さんは小柄な身長で可愛らしい容姿ではありますが、中身は男の子っぽいところがあり、それが売りとなっていました。

自分のことを「オイラ」と呼んだり、サバサバした性格のキャラクターで親しまれていたのですが、この事件で女の悲しいさがを露呈することとなり、すっかりキャラクターが変わってしまいました。

「ヤグる」などという言葉まで生まれ、すっかりお尻の軽い女のイメージが定着してしまいました。

icon まとめ

「ヤグる」という言葉は若者を中心に使われています。

浮気をされたという俗っぽい話題をするときに使われる言葉であり、正しい日本語ではないので、いい大人の方は使わない方がよいかもしれません。

品格を落としかねない言葉であるので、自分をどう見せたいのか考えてから使うようにしましょう。