意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「便りがないのは良い便り」の意味とは?類語、四文字熟語や使い方、例文や英語を紹介!

「便り」とは連絡をとることをいいます。

では、「便りがないのは良い便り」とは、どんな意味を持っていて、どんな時に使えるでしょうか?「便りがないのは良い便り」を色々な角度から見ながら考えてみましょう。

便りがないのは良い便り

Meaning-Book
「便りがないのは良い便り」の意味とは?類語、四文字熟語や使い方、例文や英語を紹介!>


目次

  • 「便りの無いのは良い便り」の意味とは?
  • 「便りの無いのは良い便り」の類語のことわざや四文字熟語
  • 「便りの無いのは良い便り」の使い方
  • 「便りの無いのは良い便り」の反対語や似た対義語はなんだろう?
  • 「便り」を送る側、「便り」を受け取る側で「便りの無いのは良い便り」を解釈してみると…
  • 「便りの無いのは良い便り」を英語ではどう表現するの?


「便りの無いのは良い便り」の意味とは?

「便りの無いのは良い便り」とは、長い間連絡がこなくても、悪い知らせがくるわけでもないから、きっと(相手は)無事に暮らしているだろうと考えましょう、ということを言い表した表現です。

便りとは、様子を伝えたり情報を知らせること。

昔は便りを送る方法といえば、手紙や電話が多かったのですが、現在では電子メールやSNSでの簡単にやりとりができるようになりました。

それでいて遠くで暮らしている知り合いや親族から長い間、連絡がなかったとしても、相手を信頼していれば「『便りの無いのは良い便り』なんだから元気にしているに違いない」と思えるのではないでしょうか。

  • 「便りの無いのは良い便り」の読み方

「便りの無いのは良い便り」の読み方

「便(たよ)りの無(な)いのは良(よ)い便(たよ)り」と読みます。



「便りの無いのは良い便り」の類語のことわざや四文字熟語

では、「便りの無いのは良い便り」の類語のことわざや四文字熟語にはどのようなものがあるでしょうか。

「元気にしている(だろう)」「連絡がない」をキーワードに考えてみましょう。

  • 「無沙汰は無事の便り」
  • 「好事門を出でず」
  • 「無事息災」
  • 「梨の礫」

「無沙汰は無事の便り」

「無沙汰(ぶさた)は無事(ぶじ)の便(たよ)り」とは、何か変わったことがあれば連絡があるものだから、何もないのは無事であるのだろうという意味で、ほぼ「便りの無いのは良い便り」と同じ意味を持っていることわざです。

無沙汰とは、久しく便りや訪問をしないことに「申し訳なく思っています」という気持ちが入った言葉です。

「ご無沙汰しております」「お久しぶりです」とは同じ意味ですが、目上の人へは「ご無沙汰しております(ご挨拶がなかなかできずに、あるいはお会いできずにすみませんでした)」という気持ちの入った言葉を使うと、より丁寧で適切であると言えるのです。

「好事門を出でず」

「好事(こうじ)門(もん)を出(い)でず」は、よい行いは、なかなか世間に伝わらないという意味で、宋代の説話集『北夢瑣言(ほくぼうさげん)』に出てくる言葉です。

よいこと、よい噂は簡単には広がっていかない、伝わってこないこと、つまり、悪い噂は回りまわって耳にはいるけれど、息災にしていれば伝わってこないのだから、「便りの無いのは良い便り」と同じニュアンスを含んでいる言葉ではないでしょうか。

「無事息災」

「無事息災(ぶじそくさい)」とは、病気や災いなど、心配事がなく平穏に暮らしていることを表す四文字熟語です。

「便りのないのは良い便り」「なんの連絡もないのなら、『無事息災』でいるのだろう」と思いますよね。

つまり、元気で平穏に暮らしていることは「便りのないのは良い便り」なのではないでしょうか。

「梨の礫」

梨は「無し」の語呂合わせで、礫(つぶて)は投げた小石のこと。

投げた小石のように帰ってこないことを、音沙汰がない、返事がないことに例えて「梨(なし)の礫(つぶて)」といいます。

連絡しても返事がこないときなどに使う表現です。

いくら「便りのないのは良い便り」といえども、「梨の礫」では段々と疎遠になり縁が切れてしまうかもしれませんよ。

「便りの無いのは良い便り」の使い方

では、どのような場合に「便りの無いのは良い便り」が使えるのでしょうか。

なんの連絡がないということは、きっと無事でいるのだろうと思う気持ちからきたことわざです。

受けて側の思いがこもった言葉でもあるのです。

  • 「便りの無いのは良い便り」の例文1
  • 「便りの無いのは良い便り」の例文2

「便りの無いのは良い便り」の例文1

「『便りの無いのは良い便り』とはいうものの、親としては、たまには声をきかせてほしいものだ」

子の無事を願い、思いやる気持ちは親なら誰もが持っているものではないでしょうか。

「便りの無いのは良い便り」ではあるものの、受けて側としては寂しい思いを紛らわすときに使う言葉でもあるのです。

「便りの無いのは良い便り」の例文2

「もうあなたの両親だって年とってきたのよ。『便りの無いのは良い便り』だと思って連絡取らなかったら、あとで後悔するかもしれないわよ」

では、送る側ではどうでしょうか。

忙しいから、特に連絡することもないから、などとコミュニケーションを怠っていれば、ますます疎遠になってしまいます。

「歳月人を待たず」というように、時間は一方通行に進んでいきます。

「後悔先に立たず」とならないように「便りの無いのは良い便り」にあぐらをかかないでコミュニケーションを大事にしたいものですね。



「便りの無いのは良い便り」の反対語や似た対義語はなんだろう?

「便りの無いのは良い便り」の反対語や対義語は何があるのでしょうか?「良い知らせ」「情報がない」この二つをポイントに考えてみましょう。

どのような言葉がみつかるでしょうか。

  • 「悪事千里を走る」
  • 「人の口に戸は立てられぬ」

「悪事千里を走る」

悪い行いは、たちまちの間に世間に知れ渡るということをいいます。

正式には「好事(こうじ)門(もん)を出(い)でず、悪事(あくじ)千里(せんり)を走(はし)る」(人孫光憲『北夢瑣言(ほくぼうさげん)六』)といいます。

よい行いはなかなか世間に伝わらないけれど、悪い行いはすぐに世間に広がることを言った言葉です。

前の文「好事(こうじ)門(もん)を出(い)でず」はさきほど「便りの無いのは良い便り」とよく似た言葉としてあげましたが、「悪事千里を走る」と対にして言われることが多い言葉です。

「悪い知らせ」は、耳に入りやすいので「便りの無いのは良い便り」とは反対の意味になりますね。

「人の口に戸は立てられぬ」

「人(ひと)の口(くち)に戸(と)は立(た)てられぬ」とは、世間のうわさ話は、防ぎようがない、ことのたとえです。

「ここだけの話だからね」「誰にもいわないでね」といっても、内緒話は知らないうちに人に漏れ伝わってしまうことが多いですよね。

誰にもいっていないとしても、憶測で、あることないことの噂話が広がっていくこともあります。

「うわさ(情報)が広がって耳に入ってくる」ことは、「便りの無いのは良い便り」とは反対の意味を持っているのではないでしょうか。

「便り」を送る側、「便り」を受け取る側で「便りの無いのは良い便り」を解釈してみると…

「便り」は一人で完結することはできません。

送る側、受け取る側がいてはじめてやりとりができるのです。

それぞれの側で考えて「便りの無いのは良い便り」を深く掘り下げてみましょう。

  • 「便り」を送る側の気持ち
  • 「便り」を受け取る側の気持ち
  • 現代での事情は「便りの無いのは良い便り」の意味が少し変わってきてる?
  • 便りがあったら裏がある?

「便り」を送る側の気持ち

「便り」を送らないのはどのような状況でしょうか。

  • 日々の生活におわれて忙しくしているから連絡をする時間がないから。
  • 特に何の出来事もなくとりたてて書くことが何もないから。

日常生活を忙しく過ごしていることは活動的であるということですし、何事もないことは平穏無事でいることですね。

かといって何も思わずにいるわけではないでしょう。

日常に追われながらも、ふとした瞬間に遠くにいる親兄弟やもう何年も連絡をとっていない友人などを思い出すことがあるはずです。

「便(たよ)り」が送らないことは、「頼(たよ)る」必要がない、すなわち、元気で過ごしていることなのです。

「便り」を受け取る側の気持ち

では、「便り」を受け取る側ではどうでしょうか。

「便りの無いのは良い便り」とは、「きっと無事にやっているに違いない」「あの子(あの人)のことだから、うまくいっているはずだ」と相手のことを肯定的に思っている言葉です。

それは、「無事である」ことを願っている希望や願いでもあるのです。

遠くにいる子どもや兄弟、久しく連絡がとれていない友人が「無事で元気に暮らしていてほしい」という「思いやり」の表現なのではないでしょうか。

現代での事情は「便りの無いのは良い便り」の意味が少し変わってきてる?

まだまだ通信技術が発達していない頃の連絡方法は「手紙」でした。

古くは「木簡(もっかん)」という薄い細長い木の板に、墨をつけた筆で文字を記したものを使い、紙漉きの技術が発達してからは紙で書かれるようになりました。

そして電話が登場してからは、遠く離れた相手と会話ができるようになりました。

現代ではインターネットの発達により、遠く離れた海外からとでもメールやテレビ電話で簡単にやり取りができるようになりました。

しかし、まだ「便りの無いのは良い便り」という言葉は残っています。

それは何故なのでしょうか。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発達

近頃は様々なSNSが登場して、誰もが簡単に自分の近況を写真やブログなどで発信できるようになりました。

つまり、「便り」を不特定多数の人たちに送っているようなものなのではないでしょうか。

しかし、「友だち登録」していたり、探し出してたまたま見つけていない限りは知ることはできません。

SNSはメッセージ欄でやりとりができるので一見双方向性があるように思えます。

しかし、公共性が強いため、個人で送る「手紙」とは別物なのではないでしょうか。

便りがあったら裏がある?

もし何年も音沙汰がなかった親しくしていた友人から連絡がきたとしたら、うれしいですよね。

はじめは昔話に花を咲かせて楽しい会話を続けていたけれど、お互いの近況を知らせているうちに、なんだか怪しいムードが漂います。

気が付けば、ねずみ講や宗教の勧誘だった…昔の楽しかった友人との思い出の上に苦い思いが追加されてしまった、なんてよく耳にする話ですね。

「便りがない」とは信頼の証(あかし)があってのことなのかもしれません。

「便りの無いのは良い便り」を英語ではどう表現するの?

便りがないのは良い便り meaning in english
  • “No news is good news.”
  • “Bad news has wings.”

“No news is good news.”

直訳すると「ニュースがないというのはよいニュースだ」です。

「便りの無いのは良い便り」の訳としてインターネットで検索すると必ずヒットする言葉です。

ニュースキャスターが「本日のニュースは何もありません」ということがあるとしたら、世界中が平穏無事であることなのではないでしょうか。

“Bad news has wings.”

「悪い知らせは翼を持つ」つまり、「悪い知らせはすぐに広がる」という意味です。

「悪事千里を走る」の訳でもある言葉ですが、「悪い知らせはすぐに伝わる」ことは逆を返せば「無事だとは伝わってこない」ことです。

逆もまた真なり、“Bad news has wings.”「便りの無いのは良い便り」とよく似ている英語の表現としてご紹介しました。

icon まとめ

日本にはお正月に年賀状を送る習慣がありますが、日本郵便の発表によると、年々配達する年賀状の数は減少しているそうです。

「便りがないのは良い便り」としないで、せめて年に一度は自分たちの近況をお知らせしてコンタクトをとってみてはいかがでしょうか。