意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未経験者歓迎」とは!意味や使い方!例文も解説

「未経験者歓迎」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「未経験者歓迎」という言葉の理解を深めていきましょう。

未経験者歓迎

Meaning-Book
「未経験者歓迎」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「未経験者歓迎」の意味
  • 「未経験者歓迎」の表現の使い方
  • 「未経験者歓迎」を使った例文と意味を解釈
  • 「未経験者歓迎」の類語や類義語


「未経験者歓迎」の意味

「未経験者歓迎」とはその物事に対して、実際にしたことがない、知らない、技術がないという人であっても喜んで受け入れますという意味になります。

仕事であれば、その職種に就いたことがない人でも大丈夫という意味になりますので応募する人の心理的ハードルが下がる言葉となります。

  • 「未経験者歓迎」の読み方

「未経験者歓迎」の読み方

「未経験者歓迎」の読み方は、「みけいけんしゃかんげい」になります。



「未経験者歓迎」の表現の使い方

「未経験者歓迎」を使った表現を紹介します。

「未経験者歓迎」とはその物事に知識や技術がない、したことがないという人でも喜んで迎えますという意味です。

求人や勧誘などにこの言葉はよく使われます。

「うちは未経験者歓迎だから、遠慮せず入って」などと、何かのサークルや活動に人を誘う文句として使うのです。

また「未経験者歓迎」と書かれてあったり、言われますと「自分でも大丈夫かもしれない」と未経験な人が安心もできますので、何かと使われることが多いのでしょう。

「未経験者歓迎」を使った例文と意味を解釈

「未経験者歓迎」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「未経験者歓迎」を使った例文1
  • 「未経験者歓迎」を使った例文2

「未経験者歓迎」を使った例文1

「未経験者歓迎とあるからアルバイトを始めたのに、全然丁寧に教えてもらえず苦労したよ」

アルバイトの募集などで、その職種をしたことがない人でも採用しますということを表しているのが「未経験者歓迎」という言葉です。

例文では、仕事の経験がなくても大丈夫と言われたが、教えてもらえず結局大変な思いをしたと言っているのです。

「未経験者歓迎」を使った例文2

「コーラス部は未経験者歓迎です。一緒に楽しく歌いましょう」

ある物事をしたことがない人でも喜んで迎えますというのが「未経験者歓迎」の意味です。

例文は、歌ったことがない人もぜひご一緒にという意味合いになります。



「未経験者歓迎」の類語や類義語

「未経験者歓迎」の類語や類義語を紹介します。

  • 「初心者歓迎」【しょしんしゃかんげい】
  • 「ビギナー可」【びぎなーか】

「初心者歓迎」【しょしんしゃかんげい】

「初心者歓迎」とは、その物事に経験が少ない、始めたばかりでほとんどできない人でも大丈夫、喜んで迎えますという意味になります。

「大人向けピアノ教室、初心者歓迎」「初心者歓迎と言われたけれど、実際は中級レベルの人ばかりで場違いな気がする」などと使います。

「ビギナー可」【びぎなーか】

「ビギナー可」とは、初心者でもよいという意味になります。

「うちの教室はビギナー可だから気楽においで」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「未経験者歓迎」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。