意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「進度調整」とは!意味や使い方!例文も解説

「進度調整」という表現は「進度調整をすることで、予定通りに計画を達成できます」などの文章で使われますが、「進度調整」にはどのような意味があるのでしょうか?

「進度調整」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語や言い換え」について、詳しく解説していきます。

進度調整

Meaning-Book
「進度調整」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「進度調整」の意味
  • 「進度調整」の表現の使い方
  • 「進度調整」を使った例文と意味を解釈
  • 「進度調整」の類語や言い換え


「進度調整」の意味

「進度調整」という表現は、「仕事(課題)・物事・学習が前に進んでいく度合いを整えて、スケジュールやそれぞれの人の能力に合わせていくこと」を意味しています。

「進度調整」というのは、「仕事・勉強・物事が前進していく時の進み具合を、事前の計画やその時の状況(その人の能力)に合わせて整えていくこと」を意味している表現です。

  • 「進度調整」の読み方

「進度調整」の読み方

「進度調整」の読み方は、「しんどちょうせい」になります。



「進度調整」の表現の使い方

「進度調整」の表現の使い方を紹介します。

「進度調整」の表現の使い方は、「仕事や勉強などが前に進んでいく度合いを、事前の計画やその人の状況に合わせて整えていく場合」に使うという使い方になります。

例えば、「作業の進度調整をしないと、仕事の納期にまず間に合わないでしょう」といった文章において、「進度調整」の表現を使うことができます。

「進度調整」を使った例文と意味を解釈

「進度調整」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「進度調整」を使った例文1
  • 「進度調整」を使った例文2

「進度調整」を使った例文1

「このタブレットを使用する学習教材は、子供の学力や学校の授業に合わせて進度調整をすることができるので実用的なのです」

この「進度調整」を使った例文は、「進度調整」の表現を、「子供の学力や学校の授業に合わせて、教材の進み具合を整えて変えることができるので」という意味を持つ文脈で使っています。

「進度調整」を使った例文2

「今回の新規プロジェクトを予定通りに完成させるため、社内会議で思い切った進度調整をすることが決められました」

この「進度調整」を使った例文は、「思い切って新規プロジェクトの進捗度合いを整えて早めていくことが、社内会議決められました」という意味合いで、「進度調整」の表現を使用しています。



「進度調整」の類語や言い換え

「進度調整」の類語や言い換えを紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「進捗管理」【しんちょくかんり】
  • 「進み具合の調整」【すすみぐあいのちょうせい】

「進捗管理」【しんちょくかんり】

「進捗管理」という表現は、「仕事・作業・学習などが前に進んでいる度合い(進捗の程度)を、取り仕切って指示・調整すること」を意味しています。

その意味合いから、「物事の進み具合を外部条件に合わせて整えること」を示す「進度調整」の表現は、「進捗管理」という表現に言い換えることができます。

「進み具合の調整」【すすみぐあいのちょうせい】

「進度調整」という表現は、「物事(仕事・勉強)の進み具合を、予定や状況、能力に合わせて整えること」を意味しています。

この意味から、「進み具合の調整」という表現を、「進度調整」の類語として上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「進度調整」の表現には、「仕事や勉強が前に進んでいく程度を、予定・状況・能力に合わせて整えていくこと」などの意味があります。

「進度調整」の類語・類義語として、「進捗管理」「進み具合の調整」などがあります。

「進度調整」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。