意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「滑り込みセーフ」の意味とは!類語や例文!

皆さんは日頃の行動の中で、「滑り込みセーフ」という状態になったことがあるかと思います。

この言葉を耳にすると、かなり緊迫したような空気を感じるのですが、実際にはどんな意味を持っているのでしょうか?

今回はこの「滑り込みセーフ」という言葉にフォーカスして考えて行くことにします。

滑り込みセーフ

Meaning-Book
「滑り込みセーフ」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「滑り込みセーフ」とは?意味
  • 「滑り込みセーフ」の表現の使い方
  • 「滑り込みセーフ」を使った例文と意味を解釈
  • 「滑り込みセーフ」の類語や類義語


「滑り込みセーフ」とは?意味

「滑り込みセーフ」と言うと、野球でホームにスライディングして、何とか逆転したような場面を想像することでしょう。

そんなイメージを例えて、「締め切り直前で、なんとかギリギリ間に合うこと」「期限や終わり間際で終了するギリギリの手前で間に合うこと」というような意味を持つ表現です。



「滑り込みセーフ」の表現の使い方

「滑り込みセーフ」「締め切り間際で何とか間に合うこと」という意味があることから、仕事でも締め切りが差し迫った直前で間に合うようなシチュエーションで使われることになります。

「滑り込みセーフ」を使った例文と意味を解釈

ここで「滑り込みセーフ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「滑り込みセーフ」を使った例文1
  • 「滑り込みセーフ」を使った例文2

「滑り込みセーフ」を使った例文1

「あと5分で何とかコンクールのエントリーに間に合うことができた。まさに滑り込みセーフと言ったところです」

物事には何でも締め切りがあるものです。

この例文では何かのコンクールに出ようとしている人が応募するのですが、締め切り直前で何とか「滑り込みセーフ」の状態でエントリーが間に合ったようです。

もし、この人はコンクールのために、かなり前から準備をしていたのであれば、エントリーできなかった場合、笑うに笑えなかったところです。

「滑り込みセーフ」を使った例文2

「あと1分遅かったなら、もう新幹線に乗ることができなかった。滑り込みセーフで乗れたのでひと安心だ」

電車やバス、新幹線などに乗るようなケースでも、「滑り込みセーフ」が使われることがあります。

交通機関を利用する時に「滑り込みセーフ」をいつもしている人は、注意した方がいいでしょう。

新幹線の駅に辿り着くまでに、どんなハプニングがあるか分からないからです。

「滑り込みセーフ」は確かにラッキーなことですが、ギリギリのことなので、どこでどんでん返しがあるか分かりません。

やはり余裕を持った行動をしておきたいものです。



「滑り込みセーフ」の類語や類義語

「滑り込みセーフ」をほかの言葉で置き換えるとするなら、どんな言葉が使えるか考えてみることにしました。

  • 「きわどいところで間に合う」【きわどいところでまにあう】
  • 「首の皮一枚でつながる」【くびのかわいちまいでつながる】

「きわどいところで間に合う」【きわどいところでまにあう】

「きわどいところで間に合う」「滑り込みセーフ」の類義語として言い換えることができます。

「かなり切迫して危険な状態だったが、何とか助かった」という意味になります。

「首の皮一枚でつながる」【くびのかわいちまいでつながる】

「首の皮一枚でつながる」「滑り込みセーフ」の代わりに使える表現です。

「まだ僅かな可能性が残っていること」という意味になりますが、このフレーズは「本当にギリギリの線で持ちこたえた」という緊迫した雰囲気があります。

icon まとめ

「滑り込みセーフ」を常にやって生き延びた人は、普段の活動を見つめ直す必要があるかもしれません。

と言うのも、いつもこんなことが成功するとは限らないからです。

常にゆとりを持って行動すべきでしょう。