意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頓知」とは!意味や使い方!類語や例文も解釈

「頓知」という表現は「そのお坊さんに質問をすると、面白い頓智が効いた答えが返ってきました」などの文章で使われますが、「頓知」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「頓知」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

頓知

Meaning-Book
「頓知」とは!意味や使い方!類語や例文も解釈>


目次

  • 「頓知」の意味
  • 「頓知」の表現の使い方
  • 「頓知」を使った例文と意味を解釈
  • 「頓知」の類語と解釈


「頓知」の意味

「頓知」という表現は、「その場で時間をかけずに、すぐに発揮することができる適切・有用な知恵」のことを意味しています。

「頓知」というのは、「その場の状況や質問内容に応じて、すぐに気の利いた発言・対応ができる機知」のことを意味している表現なのです。

  • 「頓知」の読み方

「頓知」の読み方

「頓知」の読み方は、「とんち」になります。



「頓知」の表現の使い方

「頓智」の表現の使い方を紹介します。

「頓智」の表現の使い方は、「その場の状況や質問内容に応じて、すぐに発揮することができる知恵」のことを意味して使うという使い方になります。

例えば、「仏教の禅宗の公案では、臨機応変な頓智を効かせられるかも重視されます」といった文章で、「頓智」という表現を適切に使うことができます。

「頓知」を使った例文と意味を解釈

「頓知」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「頓知」を使った例文1
  • 「頓知」を使った例文2

「頓知」を使った例文1

「問題状況に合わせた頓智を働かせることができれば、難しい問題も意外と簡単に解決することができます」

この「頓知」を使った例文は、「頓知」という表現を、「問題状況に合わせて、その場ですぐに使える気の利いた知恵を働かせられれば」という意味を持つ文脈で使っています。

「頓知」を使った例文2

「その生徒は先生の質問に対して頓智の効いた回答をして、教室にいるみんなを感心させました」

この「頓知」を使った例文は、「先生の質問に対して、即座に適切な反応・言葉を生み出せる知恵が効いた回答をして」という意味合いで、「頓知」という表現を使用しています。



「頓知」の類語と解釈

「頓知」の類語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「機知」【きち】
  • 「ウイット」【ういっと】

「機知」【きち】

「機知」という表現は、「その場面やある問題状況に応じて、即座に適切な応対や面白い発言ができる鋭くて効果的な才知」「臨機応変に問題を解決に導いたり周囲にいる人たちを楽しませたりする有用な知恵・才知」のことを意味しています。

この意味から、「機知」という表現を、「その場でとっさに発揮することができる効果的な知恵」を示す「頓智」と近しい類似の意味を持っている類語(シソーラス)として解釈できます。

「ウイット」【ういっと】

「ウイット」という言葉は、「相手を楽しませたりもてなしたりする気の効いた会話(感嘆させる文章)などを作り出すことができる知恵・機知」のことを意味しています。

その意味合いから、「その場に対応した即座の有用な知恵」を示す「頓智」とよく似た意味を持つ類義語として、「ウイット」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「頓知」の表現には、「その場やその相手に応じて、すぐ発揮することができる適切な知恵」などの意味があります。

「頓知」の類語・類義語として、「機知」「ウイット」などがあります。

「頓知」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。