意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ローテーション」の意味とは!類語や例文!

私達が仕事をしている中で、「ローテーション」という言葉を耳にすることがよくありますが、この言葉はスポーツの世界でも、野球やバレーボールでよく使われています。

今回はビジネスの世界や日常会話の中でも出てくる「ローテーション」について説明をしていくことにします。

ローテーション

Meaning-Book
「ローテーション」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「ローテーション」とは?意味
  • 「ローテーション」の表現の使い方
  • 「ローテーション」を使った例文と意味を解釈
  • 「ローテーション」の類語や類義語


「ローテーション」とは?意味

「ローテーション」とは、英語の“rotation”をカタカナ語としたもので、「回転」「循環」、あるいは「輪番」という意味を持つ言葉です。



「ローテーション」の表現の使い方

「ローテーション」「回転」という意味がありますが、スポーツの世界では、野球であるチームが投手を順番に登板させたり、バレーボールのチームでサーブ権を持ったチームが選手の右回り方向にずらしながら、打つような場面で使われています。

しかし、ビジネスシーンにおいては、人材交流や異動させるシチュエーションで使われています。

「ローテーション」を使った例文と意味を解釈

では、「ローテーション」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ローテーション」を使った例文1
  • 「ローテーション」を使った例文2

「ローテーション」を使った例文1

「うちの部署では業務ローテーションを定期的に繰り返していくことで、全体的な業務を社員にマスターさせて、組織の活性化を図ることにしている」

企業の組織の中では定期的に人材の「ローテーション」が図られている所があります。

長年、1つの職種を担当する職人レベルの部署や匠の世界もあるのですが、このような「ローテーション」を図ることで、組織全体のスキルを底上げすることもあります。

長い目で見ると、「ローテーション」を図ることで、組織の活性化につながることが、とても効果的なのです。

「ローテーション」を使った例文2

「今年度からコールセンターで人員強化をして、休日中のローテーションを組むことで、24時間フルサービスを実現させることにした」

サービス業では、24時間フルタイムで顧客との接点を維持させるような動きがあります。

特に不特定多数の顧客からの相談やクレームを受けて対応するには、コールセンターの存在は大きくなってきます。

そのためにはコールセンターの人材を増やし「ローテーション」を組むことで、土日も稼働させるフルタイムの組織が必要なのです。



「ローテーション」の類語や類義語

「ローテーション」をほかの言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「交互」【こうご】
  • 「代わりばんこ」【かわりばんこ】

「交互」【こうご】

「交互」「ローテーション」の類義語として挙げることができます。

これは 「2つの異なるものが1つ飛びに配置された状態になっていること」という意味になります。

「代わりばんこ」【かわりばんこ】

「代わりばんこ」という言葉も「ローテーション」から置き換える言葉として使うことができます。

「交代でかわるがわる行うこと」という意味になりますが、「ローテーション」より身近な言い方かもしれません。

icon まとめ

「ローテーション」という言葉は、ビジネスの世界では、様々なシチュエーションで使われています。

それだけに、この言葉の意義を十分に理解して正しく使いこなしてください。