意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マスゴミ」とは?「報道しない自由」についても解釈!

この「マスゴミ」という言葉は、うまく作ったものだと言われることも多いです。

マスゴミ

Meaning-Book
「マスゴミ」とは?「報道しない自由」についても解釈!>


目次

  • 「マスゴミ」とは?
  • 「マスゴミ」の表現の使い方
  • 「マスゴミ」の関連を解釈


「マスゴミ」とは?

「マスゴミ」とは、「マスコミ」を批判する際に用いられる言葉で、その揶揄の為に使われる蔑称となっています。

ネット上で誕生したという説もありますが、1966年に公開された「野良犬」という映画の中でこの言葉を用いているシーンがあり、これが初出だとされているようです。



「マスゴミ」の表現の使い方

「マスゴミ」は、マスコミと呼ばれる各メディアで常識的や道徳的に考えて酷い、または何を言っているんだと思われる言動があった時に使われる言葉です。

例えば、亡くなった人の遺族に対して(普通に考えればそっとしておくべきなのに)執拗にインタビューしたり、無理に特定の対象を持ち上げるような報道などがそれらに当たります。

そういった言動から、存在が「ゴミ」のようだと揶揄する為の言葉なので、いい意味で使われることはなく、特に先の亡くなった人の例のような何の配慮もない報道があるとよく用いられています。

マスコミが注目を集める為、視聴率の為と考えて行うような言動がこのように呼ばれてしまう対象になる場合が多く、あまりに行き過ぎたものがあると、訴訟騒ぎになる場合も珍しくありません。

「マスゴミ」の関連を解釈

「マスゴミ」と呼ばれる原因は、行き過ぎた言動だけでなく、それとは逆の場合も少なくありません。

その時に使われるのがこの言葉です。

  • 「報道しない自由」

「報道しない自由」

本来国民に対して伝えるべき情報を遭えて報道しないことがあると、この「報道しない自由」だと揶揄されて使われることがあります。

マスコミは、よく「報道の自由」を盾にして「マスゴミ」と呼ばれるような報道に及んでいますが、自分たちや関連する存在に都合が悪いことは逆に何も語らないものです。

そのようなことが「報道しない自由」だと(いつもの「報道の自由」はどうしたといった意味合いから)使われる言葉です。



icon まとめ

マスコミの色々な意味での酷さを集約した言葉が、この「マスゴミ」だと考えていいでしょう。