意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「タフネス」の意味とは!類語や例文!

厳しい世の中を渡り歩くには、忍耐的にも精神的にも強くなくてはなりません。

そのような時に出てくる言葉として、「タフネス」という言葉が出てきます。

この言葉は、ビジネスシーンだけでなく、身近なシーンでも耳にすることがある言葉です。

今回はこの「タフネス」にフォーカスしていくことにします。

タフネス

Meaning-Book
「タフネス」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「タフネス」とは?意味
  • 「タフネス」の表現の使い方
  • 「タフネス」を使った例文と意味を解釈
  • 「タフネス」の類語や類義語


「タフネス」とは?意味

「タフネス」は英語の“toughness”を語源てした言葉で、「タフなこと」「頑強であること」という意味を持っています。



「タフネス」の表現の使い方

「タフネス」「強靭なこと」という意味になりますが、どんな厳しい環境にあっても、決して弱音を吐かない強い意思を持った人を指す時に使われます。

しかも、肉体的な強さだけでなく、強靭な精神力を持っている人も「タフネス」で示すことができます。

「タフネス」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「タフネス」を使った例文がない見ながら、具体的な活用シーンをとイメージしてみることにしましょう。

  • 「タフネス」を使った例文
  • 「タフネス」を使った例文2

「タフネス」を使った例文

「俺のあの一撃を食らっても、全く怯むことなく、反撃に出てくるとは、なんとタフネスな人間性なのだろうか」

格闘技の世界で激しい闘いのワンシーンの出来事を描いているような例文です。

どんなに激しい攻撃を受けても、倒れることなく立ち向かって来るのですから、「タフネス」なだけでなく、とても恐ろしい存在かもしれません。

「タフネス」を使った例文2

「厳しいビジネスの世界で生き残っていくためには、ちょっとした失敗でも気を落とすことなく進んで行けるタフネスさが必要だ」

前の例文とは異なり、ビジネスの世界でも求められる「タフネス」ですが、この時は肉体的な「タフネス」だけでなく、強い精神力も兼ね備えることが必要であることを言っています。

厳しい世界だからこそ、心身ともに充実した「タフネス」なビジネス戦士が必要なのです。



「タフネス」の類語や類義語

では、「タフネス」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「強靭さ」【きょうじんさ】
  • 「粘り強さ」【ねばりつよさ】

「強靭さ」【きょうじんさ】

「強靭さ」「タフネス」と同じ意味を持つ言葉として、置き換えることができます。

「心身ともに強くしなやかで粘りのあること」という意味で使われます。

「粘り強さ」【ねばりつよさ】

「粘り強さ」「タフネス」の類義語として扱うことができます。

「粘着力が強くて粘り気がある」という意味になりますが、転じて「根気強くて最後まで諦めずに物事をやり通そうとすること」という意味になります。

icon まとめ

「タフネス」という言葉を見てきましたが、この言葉は、とても厳しく流れの速い現在社会で人が生き残りをかけて戦う時に、求められる重要なキーワードになってきます。

それだけに強さに憧れる若い世代の人々もたくさんいるのだと思います。

しかし、それに併せて優しさも兼ね備えていることも求められるので、ますます大変な時代と言えるでしょう。