意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「底辺感」とは?意味や概要

ネット上で「底辺感」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、概要を紹介します。

底辺感

Meaning-Book
「底辺感」とは?意味や概要>


目次

  • 「底辺感」とは?意味
  • 「底辺感」の概要


「底辺感」とは?意味

「底辺感」とは、ネットスラングで「みじめに思える物や人」という意味です。

自分から見て「みすぼらしい」「レベルが低い」「低俗である」と思うの物や人を表す表現です。

一方的に人を見下す言葉であり、道徳的に正しい言葉ではありません。



「底辺感」の概要

「底辺感」の背景と使い方について紹介します。

  • 背景
  • 使い方

背景

「底辺」とは「三角形で頂点に対する辺」という意味の他に、「組織や団体で最も人数の多い部分」「社会で下層部の人達のこと」という意味があります。

これに「~の感じ」を表す「感」が付き、「社会の下層部の人達という感じ」という意味で使われる様になりました。

使い方

「底辺感」は、ネット上で人を見下す言葉として使われます。

個人のツイッターやブログなどで、「#底辺感」として、自分が「レベルが低い」「みじめだ」と思う人やものを投稿した時に使います。

「底辺感」の対象となるものは幅広く、「ギャンブル・職業・振る舞い」など、生活レベルや人間性が低いと思う様なことに対して使われます。

icon まとめ

「底辺感」「みじめに思える物や人」という意味です。

人を見下す言葉ですので、なるべく使うのは避けましょう。