意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「諭旨解雇」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「諭旨解雇」という表現は「彼は万引きしたことで逮捕され、会社から諭旨解雇の処分を通達されました」などの文章で使われますが、「諭旨解雇」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「諭旨解雇」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

諭旨解雇

Meaning-Book
「諭旨解雇」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「諭旨解雇」の意味
  • 「諭旨解雇」の表現の使い方
  • 「諭旨解雇」を使った例文と意味を解釈
  • 「諭旨解雇」の類語や類義語


「諭旨解雇」の意味

「諭旨解雇」という表現は、「会社(雇用者)が、従業員に対して解雇に相当する理由・趣旨について諭しながら告げて解雇すること」「退職金は支払われ両者が合意の上で雇用契約を解除する(依願退職を勧奨する)懲戒処分の一つ」を意味しています。

「諭旨解雇」というのは、「従業員に懲戒解雇に相当するような事由(落ち度・犯罪・不祥事・損害など)がある場合に、会社が酌量して懲戒解雇よりも処分の程度を軽減したもの」と解釈することができます。

  • 「諭旨解雇」の読み方

「諭旨解雇」の読み方

「諭旨解雇」の読み方は、「ゆしかいこ」になります。



「諭旨解雇」の表現の使い方

「諭旨解雇」の表現の使い方を紹介します。

「諭旨解雇」の表現の使い方は、「強制的にクビにするのではなく、落ち度のある従業員に理由・趣旨を諭して伝えて、雇用関係を解消することに合意させる懲戒処分(依願退職に導く懲戒処分)」の意味で使うという使い方になります。

例えば、「彼は諭旨解雇されても仕方がないようなパワハラを繰り返し行っていました」などの文章で使われます。

「諭旨解雇」を使った例文と意味を解釈

「諭旨解雇」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「諭旨解雇」を使った例文1
  • 「諭旨解雇」を使った例文2

「諭旨解雇」を使った例文1

「懲戒解雇ではなく諭旨解雇であったことが、会社側のあなたに対する温情なのだと解釈してください」

この「諭旨解雇」を使った例文は、「諭旨解雇」の表現を、「退職金なしの懲戒処分で強制的にくびにするのではなく、理由を諭して伝える形で穏当に解雇する(退職金もある)処分だったことが」という意味を持つ文章で使用しています。

「諭旨解雇」を使った例文2

「同僚の女性に対するストーカー行為を何度警告してもやめなかったため、彼は諭旨解雇の処分を受けることになったようです」

この「諭旨解雇」を使った例文は、「ストーカー行為をやめなかったからという理由を諭しながら伝えられて、彼は雇用契約を解除する処分を受けることになったようだ」という意味で、「諭旨解雇」の表現を使っています。



「諭旨解雇」の類語や類義語

「諭旨解雇」の類語や類義語を紹介します。

  • 「懲戒解雇」【ちょうかいかいこ】
  • 「依願退職」【いがんたいしょく】

「懲戒解雇」【ちょうかいかいこ】

「懲戒解雇」という表現は、「従業員が窃盗・横領・性犯罪・傷害・殺人などの不祥事を起こした場合に、会社が強制的に解雇するもっとも重い懲戒処分」を意味しています。

「諭旨解雇」「依願退職を強く勧められる実質的な解雇処分ですが、退職金は支払われるなど懲戒処分よりは程度が甘い処分」を意味しています。

これらの意味から、「懲戒解雇」「諭旨解雇」と似た意味を持つ類義語として考えることができます。

「依願退職」【いがんたいしょく】

「諭旨解雇」という言葉は、「解雇に相当する理由・趣旨について諭しながら説明した上で、自主的な依願退職を勧める実質的な解雇処分」を意味しています。

「依願退職」というのは、「自発的に仕事・会社を辞めたい旨を願い出る退職」を意味している表現です。

その意味合いから、「諭旨解雇」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「依願退職」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「諭旨解雇」の表現には、「解雇相当の理由を説明して、両者が合意の上で雇用契約を解除する(依願退職に誘導する)懲戒処分の一つ」などの意味があります。

「諭旨解雇」の類語・類義語として、「懲戒解雇」「依願退職」などがあります。

「諭旨解雇」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。