意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「都合」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「都合」という表現は「私の都合にわざわざ合わせていただき、本当に感謝しております」などの文章で使われますが、「都合」の表現はどのような意味合いを持っているのでしょうか?

「都合」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

都合

Meaning-Book
「都合」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「都合」の意味
  • 「都合」の表現の使い方
  • 「都合」を使った例文と意味を解釈
  • 「都合」の類語や類義語


「都合」の意味

「都合」という表現は、「何かを実行しようとする時に、他の物事にまで影響を及ぼす事情・理由」「自分にとって好ましい状況・タイミングであるかどうかということ」を意味しています。

「都合」という表現には、「金銭・スケジュールを調整(融通)してやり繰りすること」「(副詞的用法で)すべてを合わせると」といった別の意味合いもあります。

  • 「都合」の読み方

「都合」の読み方

「都合」の読み方は、「つごう」になります。



「都合」の表現の使い方

「都合」の表現の使い方を紹介します。

「都合」の表現の使い方は、「都合により欠席させて下さい」のように「他の物事にまで影響がある事情・わけ」の意味合いで使う使い方になります。

「ご都合が良い時にご連絡を下さい」のように、「その人にとって具合が良いか悪いか」の意味でも、「都合」の表現は使えます。

また、「都合」の表現は「都合をつけてその会合に参加します」のように「予定を調整して合わせる時」にも使われます。

「1万円だけでも都合してもらえれば助かります」のように「金銭を融通してやり繰りする」の意味で使う使い方もあります。

「都合10人になります」のように、「合計で」という意味でも「都合」の表現を副詞的に使用可能です。

「都合」を使った例文と意味を解釈

「都合」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「都合」を使った例文1
  • 「都合」を使った例文2

「都合」を使った例文1

「彼女の都合によって、今回の海外旅行は直前になってキャンセルすることになりました」

この「都合」を使った例文は、「都合」という表現を、「(海外旅行に行けなくなった)彼女の事情によって」という意味を持つ文脈で使っています。

「都合」を使った例文2

「お伝えすべき大切なお知らせがございますので、都合の良い日時があればお知らせください」

この「都合」を使った例文は、「あなたにとって具合・タイミングの良い日時があれば」という意味合いで、「都合」という表現を使用しています。



「都合」の類語や類義語

「都合」の類語や類義語を紹介します。

  • 「事情」【じじょう】
  • 「工面」【くめん】

「事情」【じじょう】

「都合」という表現は、「ある物事をする場合に、他の物事にも影響を及ぼす事情・理由(わけ)」のことを意味しています。

「事情」というのは、「物事・関係がある状態になってしまった理由・経緯・わけ」を意味する言葉です。

それらの意味から、「都合」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「事情」の表現を指摘できます。

「工面」【くめん】

「工面」という表現は、「あれこれ工夫したり手はずを整えたりして、必要なお金を準備すること」を意味しています。

「都合」の意味は、「何かに必要となる金銭を融通して(どこかから準備して)、やり繰りすること」になります。

その意味合いから、「工面」の表現は、「都合」と類似の意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「都合」の表現には、「他の物事にまで影響を与える事情・わけ」「自分にとって望ましい状況・時機があるかないか」「金銭を融通すること・予定を調整すること」などの意味があります。

「都合」の類語・類義語として、「事情」「工面」などがあります。

「都合」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。