意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「都合がつかない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、仕事の打ち合わせや、友達との会話のやり取りの中で、「都合がつかない」という表現を使うことがあるかと思います。

しかし、よく使われている言葉だけに、どのような意味があるのか深く意識することが少ないかもしれません。

そこで今回は、この「都合がつかない」について見ていくことにします。

都合がつかない

Meaning-Book
「都合がつかない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「都合がつかない」とは?
  • 「都合がつかない」の表現の使い方
  • 「都合がつかない」の英語と解釈
  • 「都合がつかない」を使った例文と意味を解釈
  • 「都合がつかない」の類語や類義語・言い換え

「都合がつかない」とは?

「都合がつかない」とは、「暇がない」「時間を調整することができない」という意味を持つ表現です。

特に「都合がつかない」というフレーズは、時間を調整することが難しい時に使うことが多い言葉でもあります。

「都合がつかない」の表現の使い方

「都合がつかない」を使うケースとしては、「時間の調整が難しい」というニュアンスがあるので、待ち合わせの約束やビジネスで取引先への訪問する前のスケジュール調整ができない時があります。

「都合がつかない」の英語と解釈

都合がつかない meaning in english

「都合がつかない」を英語で訳すと“I can't make it”という表現で訳すことができます。

「都合がつかない」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「都合がつかない」を使った例文を使いながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「都合がつかない」を使った例文1
  • 「都合がつかない」を使った例文2

「都合がつかない」を使った例文1

「今回は都合がつきませんので、次の機会にお願いできないでしょうか?」

この例文のような使い方は、ビジネスシーンではよく出てきます。

先方から日程調整の打診があったのですが、提示された日程案とこちらの予定が合わない場合に使われます。

また、断る場合に、差し障りのない言い方としても使われることがあります。

「都合がつかない」を使った例文2

「誠に申し訳ございませんが、今回の会合の出席は都合がつきませんので、お断りさせてください」

これも日程が合わない場合の時に、お詫びとしての使い方です。

しかし、ビジネスの場合には、次の仕事や自社の評価にも影響を及ぼす可能性もあるので、返信する際には配慮が必要です。

「都合がつかない」の類語や類義語・言い換え

「都合がつかない」を他の言葉や言い回しで置き換えるとすると、どのような言葉が使えるかを見ていくことにしましょう。

  • 「都合が悪い」
  • 「日程が合わない」
  • 「予定が調整できない」

「都合が悪い」

「都合が悪い」「都合がつかない」の類義語としてありますが、「計画に合わせて自分の予定を調整することができない」という意味になります。

「日程が合わない」

「日程が合わない」も類義語の1つに挙げられますが、「先方の提示した日程に合わせることができない」「まったく自由に動ける日がなくて、スケジュール調整ができない」という意味になります。

「予定が調整できない」

「予定が調整できない」も類語になり、よく使われるフレーズです。

この言葉が出てくる人は、かなり忙しいイメージがありますが、もしかすると断り文句として使っている可能性もありますので、真意を計る必要がありそうです。

嫌な相手に対して、このような言い回しで、遠回しに断るケースもあるので、先方の言葉の裏を理解することが大切でしょう。

icon まとめ

「都合がつかない」という表現は、多忙を極める現代のビジネスマンにとっては、よく出てくる言葉のようにも思えます。

確かに分刻みで毎日バタバタと活動している人は、数ヶ月先まで、予定がビッシリと入っていることが少なくありません。

しかし、あまりにもギシギシに予定を入れているとら身体が持たなくなってきます。

ましてや、「スケジュール調整ができないできない人」というイメージさえ持たれてしまいそうです。

したがって、ある程度は余裕のある計画性にしておくことも必要です。