意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「わがままボディ」とは?意味や由来など!徹底解説

この「わがままボディ」は、女性の体形に対して使われる言葉です。

わがままボディ

Meaning-Book
「わがままボディ」とは?意味や由来など!徹底解説>


目次

  • 「わがままボディ」とは?
  • 「わがままボディ」の語源や由来
  • 「わがままボディ」を使った例文と意味を解釈


「わがままボディ」とは?

「わがままボディ」は、いわゆる「出ている所は出ている、引っ込む所は引っ込んでいる」女性の体形を指して使われます。

具体的に表現すると、大きな胸の割にウエストが細く、ボリュームのあるヒップといった体形で、「ボン、キュッ、ボン」などとも表現されます。

基本的に男性がそのような女性に対して用いる言葉ですが、女性が使う場合もある言葉です。



「わがままボディ」の語源や由来

「わがままボディ」が何故先のような意味で使われるのかと言えば、そのような女性は「豊満なボディ」と表現される場合が多いことからきています。

その「豊満」という言葉を嫌う女性が多く、少々卑猥にも聞こえてしまうことから、近年記述では同じ読みの「放漫」と置き換えられることが増えてきました。

その「放漫」をそのまま解釈すると「わがまま」という意味になる為、「豊満なボディ」「わがままボディ」と使われるようになったという次第です。

初出は男性誌でそのような体形の女性のグラビア写真に使われていたキャッチコピーだと言われています。

「わがままボディ」を使った例文と意味を解釈

「わがままボディ」を使った例文と、その意味の解釈になります。

この言葉も女性はあまり好んでいないようです。

  • 「わがままボディ」を使った例文1
  • 「わがままボディ」を使った例文2

「わがままボディ」を使った例文1

「彼女にわがままボディだと言ったら、あまり喜んでくれなかった」

使った方としては褒め言葉だったのかも知れませんが、相手の女性としてはあまり好まなかった表現のようです。

実際にもそのようなことが多い為、直接女性に対して使うのは避けた方が賢明かも知れません。

「わがままボディ」を使った例文2

「彼はわがままボディのあるグラビアアイドルが好みだと言っていた」

「わがままボディ」は、いかにも男性に好まれそうな体形なのは間違いありませんが、そういった好みは人それぞれなので、何とも言えない部分もあります。



icon まとめ

このように、「わがままボディ」「わがまま」についての解釈が分かれば意味の分かる言葉となっています。