意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「デモンストレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「デモンストレーション」という言葉を色々な場面で聞いたり、実際に使ったりする経験を持っているのではないかと思います。

この言葉はビジネスの世界では「デモ」という略された言い方で使われています。

そこで、今回はこの「デモンストレーション」について考えていくことにしましょう。

デモンストレーション

Meaning-Book
「デモンストレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「デモンストレーション」とは?意味
  • 「デモンストレーション」の表現の使い方
  • 「デモンストレーション」を使った例文と意味を解釈
  • 「デモンストレーション」の類語や類義語


「デモンストレーション」とは?意味

「デモンストレーション」とは、「ある物事や考え方など勢力やテクニック・性能などを大衆の前で示すこと」「そのための行動や実演」という意味を持っています。

また、スポーツ競技などシチュエーションでも、「正式に行われる種目以外に行われる競技」と意味で使われることもあります。

俗に言われる「公開演技」というものです。



「デモンストレーション」の表現の使い方

「デモンストレーション」の表現の使い方を見ると、「カーディーラーショップで、新車発売のデモンストレーションが行われた」というような使われ方をします。

これは「大衆の面前で実演する」という解釈で使われることになります。

「デモンストレーション」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「デモンストレーション」を使った例文をいくつか見ながら、どのようなケースで使われるかイメージしてみることにしましょう。

  • 「デモンストレーション」を使った例文1
  • 「デモンストレーション」を使った例文2

「デモンストレーション」を使った例文1

「新しいアプリケーションが発売開始される前に、デモンストレーション用のソフトが無償提供される」

コンピューターを使ったアプリは、実に多くの種類があります。

それはビジネスで使われるofficeのようなアプリもあれば、スマホで楽しめるゲームアプリもあります。

その多くは正式版がリリースされる前にデモンストレーション用として、無償リリースされています。

いわゆるベータ版というものですが、この時でも「デモンストレーション」として使われることになります。

「デモンストレーション」を使った例文2

「当社の新製品を取引先に持ち込んで、デモンストレーションを行って、その機能を十分に理解してもらうことができた」

「デモンストレーション」「ある物事など性能などを大衆の前で示すこと」という意味がありました。

このことから、この例文でもある企業が自社で扱う新製品の「デモンストレーション」を取引先で行うことで、その機能を相手にアピールすることができたことを指しています。



「デモンストレーション」の類語や類義語

「デモンストレーション」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるか見ていきます。

  • 「実演」【じつえん】
  • 「示威」【じい】

「実演」【じつえん】

「実演」「デモンストレーション」と同じ意味を持つ類義語として理解することができます。

「ある物事や製品などの仕組みや行動、動きを視覚的に見せて理解してもらうこと」という意味があります。

よくあるのは、百貨店の売り場の一角で、新製品の実演ショーを行っている光景があります。

「示威」【じい】

「示威」という言葉もありますが、「威力や力を誇示すること、示すこと」という意味があります。

「デモンストレーション」の類義語として扱うことができますが、普段の会話だけでなく、ビジネスの世界でも使われる機会が少ないかもしれません。

政治の世界で「グループや組織の考えや思想を公に示す」という意味で使われることがあります。

icon まとめ

今回は「デモンストレーション」について触れてきましたが、言葉としてはよく耳することがある言葉なので、感覚的に意味を理解している人が多いでしょうが、詳しく意味を理解しないままに使っている人も少なくないでしょう。

この記事を見てじっくりと理解を深めてください。