意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「礼儀を知らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「礼儀を知らない」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「礼儀を知らない」という言葉の理解を深めていきましょう。

礼儀を知らない

Meaning-Book
「礼儀を知らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「礼儀を知らない」の意味
  • 「礼儀を知らない」の表現の使い方
  • 「礼儀を知らない」を使った例文と意味を解釈
  • 「礼儀を知らない」の類語や類義語


「礼儀を知らない」の意味

「礼儀を知らない」とは、社会のルールを守ったり、他の人に接する態度など、しっかりとした作法を学んでいない、知らないという意味になります。

  • 「礼儀を知らない」の読み方

「礼儀を知らない」の読み方

「礼儀を知らない」の読み方は、「れいぎをしらない」になります。



「礼儀を知らない」の表現の使い方

「礼儀を知らない」の表現の使い方を紹介します。

「礼儀を知らない」とは、社会の秩序を保つ為に人がする作法が身に着いていないこと、他の人に失礼がないようにすることができていない、という意味で使う言葉です。

それは単純に作法を学んでいないという意味合いで言う場合もあれば、相手の言動に呆れたり、批判をする為に言うこともあります。

また「礼儀を知らない」人のことを「あの、礼儀知らず」という風に言いますのは批判、罵り、叱責ということになりますし、この言葉自体にいい意味はありませんので、人に直接言うのはよく考えないといけないでしょう。

そして自分が人から「礼儀を知らない」と思われないように気をつけることも大事なのです。

「礼儀を知らないまま大人になった」「本当に彼は礼儀を知らない人で、情けないことだ」「礼儀を知らない子に一から教える」などと使います。

「礼儀を知らない」を使った例文と意味を解釈

「礼儀を知らない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「礼儀を知らない」を使った例文1
  • 「礼儀を知らない」を使った例文2

「礼儀を知らない」を使った例文1

「私が礼儀を知らないことで、相手を激怒させてしまった」

物事の決まり事、付き合う時のルールなどをわきまえていないことは「礼儀を知らない」という言葉で言い表します。

相手からすれば、それぐらい知っていて当たり前であるという認識であれば、例文のように激怒させてしまう事態へとなってしまうのです。

「礼儀を知らない」を使った例文2

「いい大人が、礼儀を知らないとは恥ずかしい話だ」

社会の秩序を守る為、また他の人との付き合いをする為において知っておかねばならない常識、作法などを身に着けていないことを「礼儀を知らない」と言います。

若いうちならば「若さゆえ」で大目に見てもらえることもありますが、ある程度社会人経験を重ねていますとそういうわけにもいかないということを例文は伝えているのです。



「礼儀を知らない」の類語や類義語

「礼儀を知らない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「失礼極まりない」【しつれいきわまりない】
  • 「マナーが悪い」【まなーがわるい】

「失礼極まりない」【しつれいきわまりない】

「失礼極まりない」とは、礼儀を欠いた言動であり、またその程度が非常に悪いという意味になります。

「こんな失礼極まりない話ってあるかしら」「あいつの対応は失礼極まりない」などと使います。

「マナーが悪い」【まなーがわるい】

「マナーが悪い」とは行儀、作法などが悪いことを言います。

その場にふさわしくない言動をすると「マナーが悪い」ということになります。

「マナーが悪い客が増えて困っている」「今、携帯電話を使うのはマナーが悪いからやめなさい」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「礼儀を知らない」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。