意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワンフレーズ」の意味とは!類語や例文!

皆さんは小説を読んでいたり、曲を聴いていた時に、その中の含まれている言葉や歌詞に心を打たれて感動することがあるでしょう。

そのような1つの文書や歌詞を「ワンフレーズ」という言葉で表現することがあります。

今回はこの「ワンフレーズ」について、説明をしていきたいと思います。

ワンフレーズ

Meaning-Book
「ワンフレーズ」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「ワンフレーズ」とは?意味
  • 「ワンフレーズ」の表現の使い方
  • 「ワンフレーズ」を使った例文と意味を解釈
  • 「ワンフレーズ」の類語や類義語


「ワンフレーズ」とは?意味

「ワンフレーズ」の中にある「フレーズ」とは、「文法の単語の集まり」「慣用句」「メロディの区切り」という意味があります。

このことから「ワンフレーズ」というと「一言」「1つの文節」ということを指しています。



「ワンフレーズ」の表現の使い方

「ワンフレーズ」「1つの文節」という意味になりますが、これだけでは何となく味気ない言葉のように思えます。

しかし、曲や小説などの中にあるたった一言、すなわち「ワンフレーズ」が多くの人に感動を与えるとしたなら、この「ワンフレーズ」という言葉は、とても重みのある使い方をしていることになるでしょう。

このことからでも、「ワンフレーズ」の使い方は人の心理的な面なだけでなく、行動に大きな変化を与えるような場面で使われます。

「ワンフレーズ」を使った例文と意味を解釈

ここで「ワンフレーズ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ワンフレーズ」を使った例文1
  • 「ワンフレーズ」を使った例文2

「ワンフレーズ」を使った例文1

「僕は中学生の時に聴いたあの歌のワンフレーズが今でも忘れることができない」

誰でもこんな経験を持っているのではないかと思います。

中学生は多感な時期ですが、そんな時に心に暖かな気持ちを与えてくれる「ワンフレーズ」は一生忘れることはないでしょう。

「ワンフレーズ」を使った例文2

「憧れていた先輩の歌のワンフレーズが、私の淡い思い出となっています」

これもまた懐かしい淡い思い出なのですが、学生時代の憧れの先輩の作った曲の「ワンフレーズ」が、今でも心の中に刻み込まれているのでしょう。



「ワンフレーズ」の類語や類義語

ここで「ワンフレーズ」に近い意味を持っている言葉をいくつか挙げてみることにしました。

どのようか類義語があるのでしょうか?

  • 「キーワード」【きーわーど】
  • 「感動の言葉」【かんどうのことば】

「キーワード」【きーわーど】

「キーワード」「ワンフレーズ」の類義語として挙げてみました。

「キーワード」自体は「ある内容を把握するための重要な手がかりとなる言葉」としての意味になりますが、その重要な言葉が人の心に感動を与えるトリガーになるという意味では、「ワンフレーズ」に近いニュアンスがあるかもしれません。

「感動の言葉」【かんどうのことば】

これもまた「ワンフレーズ」のように「人に感動を与える」という観点から類義語の1つとして使うことができるでしょう。

icon まとめ

「ワンフレーズ」という言葉は、何故か人の心に大きく作用を及ぼすニュアンスが感じられます。

「一言」というシンプルな解釈のはずなのですが、それでも音楽や小説の中の「ワンフレーズ」という使い方があるので、この言葉の語感には、優しく暖かなものがあるように思えてなりません。