意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ペシミスティック」とは?意味や対義語「ネガティブ」との違い

この「ペシミスティック」は、そのような考え方、またはそのような人といった使われ方をします。

ペシミスティック

Meaning-Book
「ペシミスティック」とは?意味や対義語「ネガティブ」との違い>


目次

  • 「ペシミスティック」とは?
  • 「ペシミスティック」の表現の使い方
  • 「ペシミスティック」と「ネガティブ」の違い
  • 「ペシミスティック」の対義語


「ペシミスティック」とは?

「ペシミスティック」とは、「厭世的」と解釈できる言葉で、世の中が嫌になっている様の表現になります。

よって、ペシミスティックな考え方と言えば、何事に対しても嫌になっており、生きているのさえ嫌だという考え方のことになります。

そのような考え方をもっている人は一般に「ペジミスト」と呼ばれます。



「ペシミスティック」の表現の使い方

「ペシミスティック」は、先の「ペシミスト」の考え方という使われ方をすることが多い言葉で、そのような人の発言に対して、「何ともペシミスティックな…」のように用いられます。

また、「そんなペシミスティックなことではいけない」などとも使われる言葉で、この場合は世の中をそれほど嫌うことない、そんな考え方でどうすると表現していると解釈してください。

「ペシミスティック」と「ネガティブ」の違い

この「ペシミスティック」と似た意味の「ネガティブ」という言葉がありますが、こちらは何事も否定的(悪い方)に考えることで、嫌っているとは多少意味合いが異なります。

ただし、ペシミスト(ペシミスティックな考え方の人)は総じてネガティブだと言える為、正確な意味は違いますが、類語として扱われることも多いです。



「ペシミスティック」の対義語

「ペシミスティック」の反対の意味になる言葉は、「オプティミスティク」です。

こちらは「楽天的」と解釈でき、何事もいい方に考えるという意味になります。

性格として、ペシミスティックとは全く逆の考え方になり、そちらよりはいいと言われることが多いものの、簡単に考え過きると揶揄される事も少なくありません。

icon まとめ

「ペシミスティック」な考え方をしていては人生がつまらないのは言うまでもないでしょうが、そうなってしまう原因が今の世の中に多く存在しているのかも知れません。