意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敵対的TOB」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敵対的TOB」という表現は「敵対的TOBを仕掛けられて、経営権を奪われました」などの文章で使われますが、「敵対的TOB」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「敵対的TOB」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

敵対的TOB

Meaning-Book
「敵対的TOB」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敵対的TOB」の意味
  • 「敵対的TOB」の表現の使い方
  • 「敵対的TOB」を使った例文と意味を解釈
  • 「敵対的TOB」の類語や類義語


「敵対的TOB」の意味

「敵対的TOB」という経済用語の表現は、「買収対象として狙っている会社の経営陣(取締役会)や関連会社の同意を得ることなく強引に行われるTOB(株式公開買い付け)」のことを意味しています。

「敵対的TOB」は、「経営陣がその買収に同意していない企業と敵対して、TOB(株式公開買い付け)によって力づく(資金量)で買収しようとする行為」を意味している表現です。

  • 「敵対的TOB」の読み方

「敵対的TOB」の読み方

「敵対的TOB」の読み方は、「てきたいてきてぃーおーびー」になります。



「敵対的TOB」の表現の使い方

「敵対的TOB」の表現の使い方を紹介します。

「敵対的TOB」の表現の使い方は、「会社の経営陣(取締役会)の同意を得ることなく、力づくで行われるTOB(株式公開買い付け)」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「敵対的TOBを突然仕掛けてくるなんて、企業経営の常識に反しています」などの文章で使用できます。

「敵対的TOB」を使った例文と意味を解釈

「敵対的TOB」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「敵対的TOB」を使った例文1
  • 「敵対的TOB」を使った例文2

「敵対的TOB」を使った例文1

「株価が企業価値に比べて割安になっている状態を放置すると、敵対的TOBを仕掛けられやすくなります」

この「敵対的TOB」を使った例文は、「敵対的TOB」の表現を、「株価が割安な状態のままだと、経営陣(取締役会)の同意を得ることなく強引・敵対的な姿勢で株式公開買付け(TOB)を仕掛けられやすくなる」の意味を持つ文章で使っています。

「敵対的TOB」を使った例文2

「日本で初めて試された敵対的TOBは、スティールによるユシロとソトーに対する敵対的TOBとされています」

この「敵対的TOB」を使った例文は、「日本で初めて試された、現経営陣の同意を得ずに敵対的な姿勢で行われた株式公開買付け(TOB)は」という意味合いで、「敵対的TOB」の表現を使用しています。



「敵対的TOB」の類語や類義語

「敵対的TOB」をされないための予防策・対抗策を紹介します。

  • 「ゴールデンパラシュート」【ごーるでんぱらしゅーと】
  • 「ホワイトナイト」【ほわいとないと】

「ゴールデンパラシュート」【ごーるでんぱらしゅーと】

「敵対的TOB」に対する予防策である「ゴールデンパラシュート」とは、「現経営陣(特に創業者一族)に巨額の割り増し退職金を提示することで、株式公開買付け(TOB)のコストを高くすること」を意味しています。

「ゴールデンパラシュート」によって、企業を強引に買収するコストが上がり、買収後の企業価値も下がるので、「敵対的TOB」を控えやすくなるのです。

「ホワイトナイト」【ほわいとないと】

「敵対的TOB」に対する対抗策である「ホワイトナイト」とは、「買収されようとしている企業を救ってくれる友好的買収企業(白馬の騎士)に資金力を借りること」を意味しています。

「ホワイトナイト」とは、「友好的買収企業(白馬の騎士)に株式を大量購入してもらい、敵対的買収者を撤退させる敵対的TOBの対抗策」なのです。

icon まとめ

この記事で解説した「敵対的TOB」の表現には、「現経営陣(取締役会)の同意を得ずに、力づくで行われる株式公開買付け(TOB)」などの意味があります。

「敵対的TOB」の予防策・対抗策として、「ゴールデンパラシュート」「ホワイトナイト」などがあります。

「敵対的TOB」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。