意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「年明けうどん」とは?意味!

「年越しそば」に対して「年明けうどん」という言葉があります。

一体どの様なものなのか、概要を紹介します。

年明けうどん

Meaning-Book
「年明けうどん」とは?意味!>


目次

  • 「年明けうどん」とは?意味
  • 「年明けうどん」はいつ食べるべき?


「年明けうどん」とは?意味

「年明けうどん」の意味と背景について紹介します。

  • 「年明けうどん」の意味
  • 「年明けうどん」の背景

「年明けうどん」の意味

「年明けうどん」とは、「その年の初めに純白のうどんを食べること」という意味です。

元はさぬきうどん業界を中心に、お正月にうどんを食べる機会を増やしてより経済効果を生み出そうという目的で行われている活動のことでした。

日本の習慣である「年越しそば」に対抗する為に考えられたものです。

「年明けうどん」の背景

「うどん」は太くて長く、白いことから「縁起物」とされています。

しかも「うどん」は消化が良く、子どもからお年寄りまで安心して食べられるものです。

一年の初めに真っ白なうどんを食べることで、「太く長く=1年間健康で幸せが続く様に」という願いが込められているのです。



「年明けうどん」はいつ食べるべき?

「年明けうどん」を食べる時期として推奨されているのは「1月1日~1月15日」です。

お店でメニューとして出しているところも多くありますが、自宅で調理して食べることが多くなります。

普通のうどんとの違いは「赤いトッピングをする」という決まりがあることです。

紅白かまぼこ、海老天、梅干し、紅ショウガなど、赤いものならば何でもOKです。

トッピングの赤とうどんの白で紅白にするとことで縁起が良くなるとされています。

icon まとめ

「年明けうどん」「その年の初めに純白のうどんを食べること」という意味です。

赤いトッピングをのせて、自宅で作って食べてみましょう。