意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「モックアップ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスの世界では「モックアップ」という言葉を時々、聞くことがあります。

しかし、この言葉は普段の生活の中ではあまり使われることがないので、一般の方々は知らないかもしれません。

そこで今回は、この「モックアップ」に焦点を当てて、どのような意味があり、使われそうな活用法を説明していくことにします。

モックアップ

Meaning-Book
「モックアップ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「モックアップ」とは?意味
  • 「モックアップ」の表現の使い方
  • 「モックアップ」を使った例文と意味を解釈
  • 「モックアップ」の類語や類義語


「モックアップ」とは?意味

「モックアップ」とは、「工業製品や電化製品などの設計・デザイン段階で試作されるもの」で、「外見上を実際の製品そっくりに似せて作られている実物のサイズや重さが全く同じ模型のこと」を指しています。



「モックアップ」の表現の使い方

「モックアップ」はいわゆる「見本品」のことを言っているので、身近なシチュエーションとしては、携帯電話ショップの店頭に並んでいあるスマートフォンやタブレットなどの模型のことを「モックアップ」と言っています。

本物と寸分違わぬ模型なので、手応え感がよく分かります。

「モックアップ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「モックアップ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンを連想してみてください。

  • 「モックアップ」を使った例文1
  • 「モックアップ」を使った例文2

「モックアップ」を使った例文1

「スマホ等の通信機器のモックアップは、その外観や構造が実機と全く同じなので、実際の素材が金属ですが、安価な材質の木材やプラスチックなどで作られているものもあります」

携帯ショップの店頭に並んでいる「モックアップ」は外観は実物と同じ材質で作られていることが多いのですが、大きな製品になると、さらに安価な材質で作られることがあります。

「モックアップ」は大量生産されるものではないので、1個数百万円の費用がかかる場合もあります。

「モックアップ」を使った例文2

「モックアップは、3次元コンピュータグラフィックスを使って、製品の外観や構造を製図するデジタルモックアップという手法もあります」

モックアップを1つ製作することは非常に手間のかかる作業です。

カラーリングや細から意匠を成型するのも、非常に時間のかかることですが、CGを活用した「デジタルモックアップ」はその点がかなり効率化されています。



「モックアップ」の類語や類義語

「モックアップ」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見て行くことにしましょう。

  • 「見本」【みほん】
  • 「サンプル」【さんぷる】

「見本」【みほん】

「見本」という言葉が「モックアップ」の類義語として置き換えることができます。

「全体の質や状態を見る人に理解してもらうために、その中から取り出して示す部分的なもの」という意味があります。

「サンプル」【さんぷる】

「サンプル」「モックアップ」に近い意味を持つ言葉ですが、「見本」「標本」という解釈ができる言葉です。

icon まとめ

私達がよく行っている携帯ショップでも、見本品を「モックアップ」と呼んでいるお客さんはそんなにいないかと思われます。

それだけ珍しい言葉なので、ここで理解を深めると、また興味深いキーワードの1つとして記憶に残ることでしょう。