意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

名古屋や中部地方に多い方言「机をつる」とは?意味

名古屋や中部地方で使われている「机をつる」とは、どんな意味なのでしょうか。

机をつる

Meaning-Book
名古屋や中部地方に多い方言「机をつる」とは?意味>


目次

  • 名古屋や中部地方に多い方言「机をつる」とは?
  • 「机をつる」の表現の使い方
  • 「机つり係」とは?どんな係?


名古屋や中部地方に多い方言「机をつる」とは?

名古屋や中部地方では「机をつる」という言葉を普通に使っています。

標準語でこの「つる」「釣る」「吊る」のどちらかになりますが、その後者が語源となっています。

その「吊る」を持ち上げることと解釈し、「移動させる」とも使われる言葉です。

つまり、「机をつる」は単に持ち上げる、またはどこかに移動することだと解釈してください。



「机をつる」の表現の使い方

「机をつっといて」と使うと、どこかに移動させておいてという意味になります。

持ち上げるだけという場合は、「ちょこっとつって」といったようなニュアンスで使うことが多く、どちらかなのかはその場の状況から判断してください。

「机つり係」とは?どんな係?

この方言が使われている地方では、学校のクラス内に「机つり係」という係が存在することがあります。

要は机を運ぶ係で、掃除の際の「ほうき係」「ごみ捨て」などと同列に考えるといいでしょう。



icon まとめ

「机をつる」は、吊るから考えていくと意味が分かると思います。

名古屋や中部地方ではごく普通の表現なので、このような意味だと覚えておいてください。