意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「メンター」の意味とは!類語や例文!

最近、ビジネス業界では「メンター」という言葉をよく耳にすることが出てきました。

まだ一般的な言葉としては浸透していない感じもあるのですが、仕事を円滑に進めていく上では、重要なキーワードになります。

そこで今回は、「メンター」について考えて行きたと思います。

メンター

Meaning-Book
「メンター」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「メンター」とは?意味
  • 「メンター」の表現の使い方
  • 「メンター」を使った例文と意味を解釈
  • 「メンター」の類語や類義語


「メンター」とは?意味

「メンター」は、ビジネスの世界では「仕事や人生における指導者やアドバイザー的な立場の人」という意味になる言葉です。

この他にも、「教育者」「理解者」、あるいは「支援者」という解釈でも使われます。



「メンター」の表現の使い方

「メンター」の語源を探って行くと、ギリシャ神話の中に、“Mentor”(メントール)という人物が登場しますが、彼は王の教育や助言を与える賢者としての役割を果たしていました。

これが「メンター」という言葉に変化してきたのですが、仕事や人生でも充実した時間を送るための支援者として、対象者への指導や助言をする人のことを指すようになっています。

このことからも「メンター」は、良きアドバイザーとしての役割を担う人を指して使うことになります。

「メンター」を使った例文と意味を解釈

ここで「メンター」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「メンター」を使った例文1
  • 「メンター」を使った例文2

「メンター」を使った例文1

「多くの企業で導入されているメンター制度は、人材育成メニューとして活用されています」

「メンター」制度により、仕事上での知識や経験を持つ先輩がサポート役となって、後輩社員に助言を与えたりします。

この制度は本人と上司や先輩と本人の1対1の関係を築くことがポイントです。

若手社員に対しては、中堅の先輩社員がメンターになることが多いです。

「メンター」を使った例文2

「アドバイスをしてくれる人がメンターで、その相手が「メンティー」て呼ばれています」

「メンティー」とは「指導を受ける人のこと」で言わば「弟子のこと」になります。

もし、自分が「メンター」を求めているのであれば、まず自分自身がメンティーとしての振る舞いをしなくてはなりません。

ここでメンティーとしての心構えは、「メンター」に時間の負担をかけさせないことや、素直に教わったアドバイスを実行して、その都度、報告することが必要です。



「メンター」の類語や類義語

ここで「メンター」の類義語を見ていくことにします。

  • 「ブレーン」【ぶれーん】
  • 「相談役」【そうだんやく】

「ブレーン」【ぶれーん】

類義語の1つとして挙げるのが、「ブレーン」です。

「政府や企業の諮問機関、政治家などの相談役としての役割を持つ専門家のこと」を指しています。

「相談役」【そうだんやく】

「相談役」「メンター」の類義語となりますが、「企業や団体、政府から依頼を受けて、専門的知識と経験を元に指導に当たる役職のこと」になります。

シチュエーションによっては、「アドバイザー」と呼ばれることもあります。

icon まとめ

「メンター」という言葉は比較的に新しい言葉ですが、この役割を持つ人は、職場に必ずいるものです。

自分が困った時の「メンター」を決めておくことも、円滑に仕事を進める上で必要です。