意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

広島県や近畿地方で使われるの方言「たちまち」とは?標準語との違いを詳しく解説!

この「たちまち」は、標準語と同一の表現で広島では方言となっています。

たちまち

Meaning-Book
広島県や近畿地方で使われるの方言「たちまち」とは?標準語との違いを詳しく解説!>


目次

  • 広島県や近畿地方で使われるの方言「たちまち」意味とは?
  • 「たちまち」の表現の使い方
  • 「たちまち」の標準語での意味
  • 方言の「たちまち」を使った例文と解釈


広島県や近畿地方で使われるの方言「たちまち」意味とは?

広島や近畿地方で「たちまち」は、「とりあえず」という意味で使っています。

その為、標準語としての解釈とは全く違うので気を付けてください。

特に普段は標準語の地域の人がこれらの地域で見聞きした際には注意が必要となります。



「たちまち」の表現の使い方

方言として使われている地域では、「たちまち、生ビール」などと「とりあえず」の置き換えとして普通に用いられています。

居酒屋でこのような会話を聞くと、標準語としては意味が通らないので、方言なのだと分かります。

「たちまち」の標準語での意味

「たちまち」は標準語では「すぐに」「短時間に」という意味になります。

「たちまち売り切れとなった」と使うと、すぐに売り切れてしまったという表現になります。



方言の「たちまち」を使った例文と解釈

「たちまち」を使った例文と意味の解釈です。

先の生ビールの例のように、方言として使っている地域では日常的に見聞きします。

  • 方言の「たちまち」を使った例文1

方言の「たちまち」を使った例文1

「たちまち行ってみるけーね」

標準語だと「とりあえず行ってみるわ」となります。

このように、「とりあえず」の置き換え表現だと解釈すれば何も問題はない言葉です。

icon まとめ

「たちまち」は、地域によっては方言として標準語とは違う意味で使われている言葉だと覚えておきましょう。