意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「約束を反故にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや小説などで「約束を反故にする」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や使い方などについて紹介します。

約束を反故にする

Meaning-Book
「約束を反故にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「約束を反故にする」の意味
  • 「約束を反故にする」の表現の使い方
  • 「約束を反故にする」を使った例文と意味を解釈
  • 「約束を反故にする」の類語や類義語


「約束を反故にする」の意味

「約束を反故にする」の意味は、「一度お互いが納得して取り決めた内容を取り消すこと」です。

ビジネスでよく使われ、相手と「やります」と言って交わしたことを守らないことを言います。

「反故」とは「不要なものとして捨てる」「約束や決まりを破ること」という意味があり、「約束を反故にする」「約束を破る」の硬い表現として使われます。

  • 「約束を反故にする」の読み方
  • 「反故」の語源・由来

「約束を反故にする」の読み方

「約束を反故にする」の読み方は、「やくそくをほごにする」になります。

「反故」という漢字はむずかしく「はんご」と読み間違える人が多いので注意しましょう。

「反故」の語源・由来

「約束を反故にする」「反故」の由来は、漢語からきています。

漢語で「反」「裏返す」「故」「使用済みの紙」という意味があります。

昔は、紙は貴重品で書き損じたり必要がなくなっても簡単に捨てずに、裏返して再利用していました。

この「裏返しの紙」のことを「反故」と言っていたのです。

ここから段々と書き損じた紙のことを「反故」と言う様になり、更に転じて「要らなくなった紙」「なかったことにする」「約束を破る」という意味で使われる様になりました。



「約束を反故にする」の表現の使い方

「約束を反故にする」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • ビジネスで使う

文法的な使い方

「約束を反故にする」はこれだけで意味が通じますので、主語を付ければ文章として成り立ちます。

副詞として使う時には「約束を反故にして」になり、受け身形として「約束を反故にされる」と使うこともあります。

ビジネスで使う

「約束を反故にする」はビジネスでよく使われる言葉です。

「約束を破る」というのが一般的な言い方ですが、ビジネスでは「破る」言葉は直接的過ぎるので、「反故」という硬い言葉を使います。

「約束を反故にする」を使った例文と意味を解釈

「約束を反故にする」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「約束を反故にする」を使った例文1
  • 「約束を反故にする」を使った例文2

「約束を反故にする」を使った例文1

「取引先が約束を反故にした」

取引先が契約に関する取り決めについて、取り消しを求めてきたことを表しています。

「約束を反故にする」を使った例文2

「銀行に融資の約束を反故にされた」

銀行が融資をしてくれると約束してくれていたのですが、後になって出来なくなったと言って来たことを表しています。



「約束を反故にする」の類語や類義語

「約束を反故にする」の類語や類義語を紹介します。

  • 「白紙に戻す」【はくしにもどす】
  • 「なかったことにする」【なかったことにする】

「白紙に戻す」【はくしにもどす】

「一度決まったことを、何もなかった時の状態に戻す」という意味で、「何も書いていない白い紙に戻すこと」から来ています。

「なかったことにする」【なかったことにする】

「それまでの経緯や取り決めなどを全て取り消すこと」という意味です。

icon まとめ

「約束を反故にする」「一度お互いが納得して取り決めた内容を取り消すこと」という意味です。

どちらかが約束を破った時に使いましょう。