意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目を惹かれる」の意味とは!「引かれる」との使い分けはできる?類語や例文など詳しく解釈

「目を惹かれる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「目を惹かれる」という言葉の理解を深めていきましょう。

目を惹かれる

Meaning-Book
「目を惹かれる」の意味とは!「引かれる」との使い分けはできる?類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目を惹かれる」の意味
  • 「目を惹かれる」の表現の使い方
  • 「目を惹かれる」を使った例文と意味を解釈
  • 「目を惹かれる」の類語や類義語


「目を惹かれる」の意味

「目を惹かれる」とは、視線がそちらに向くことで、注意、心が向かうといった意味になります。

  • 「目を惹かれる」の読み方

「目を惹かれる」の読み方

「目を惹かれる」の読み方は、「めをひかれる」になります。



「目を惹かれる」の表現の使い方

「目を惹かれる」を使った表現を紹介します。

「目を惹かれる」とは自分の目がある対象に向かうこと、注意、気持ちがその対象に奪われるといった意味合いも含みます。

つまり「目を惹かれる」とは基本的には素晴らしいと感じる、自分の心がそちらに向かうといった時に使う表現です。

「このティーカップに目を惹かれて、衝動買いしてしまいました」「彼女の演技には誰でも目を惹かれるだろう」「自分が男性に目を惹かれる美しさを持っていることに彼女は気づいていない」「宝石の輝きには、目を惹かれるけれど買うお金はない」などと使います。

また「目を惹かれる」「引かれる」との使い分けなのですがどちらの漢字を当てても間違いではありません。

自分の気持ちが奪われるほど素敵だという時は「惹かれる」、単なる注意、心が向く程度ならば「引かれる」といった風に自分なりに使い分けるといいでしょう。

「目を惹かれる」を使った例文と意味を解釈

「目を惹かれる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目を惹かれる」を使った例文1
  • 「目を惹かれる」を使った例文2

「目を惹かれる」を使った例文1

「彼女の美貌、スタイルの良さには誰だって目を惹かれるだろう」

「目を惹かれる」とは他の人からの注意、心を向けられるという意味になります。

例文は、美しくスタイルが良いと、人から注目を集めてしまうのは当然だということを言い表しているのです。

「目を惹かれる」を使った例文2

「誰にでも目を惹かれるような華があるわけではないが、彼は味のある素晴らしい俳優だ」

「目を惹かれる」とは思わず見てしまうような、気持ちが向かうことを言います。

例文は、ぱっと見た感じは惹きつけるわけではないが、味わいがあって良いものを持っていると伝えているのです。



「目を惹かれる」の類語や類義語

「目を惹かれる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「視線を注ぐ」【しせんをそそぐ】
  • 「関心を抱く」【かんしんをいだく】

「視線を注ぐ」【しせんをそそぐ】

「視線を注ぐ」とは、視線がその方向へ向かう、集中しているという意味になります。

「素敵な歌声のする方へ、視線を注ぐ」「気がつけばいつも彼に視線を注ぐ自分がいた」などと使います。

「関心を抱く」【かんしんをいだく】

「関心を抱く」とは、興味や注意が心の中にあることを言います。

「いつの間にか、彼女に関心を抱くようになった」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「目を惹かれる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。