意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「チルサウンド」とは?概要!

音楽の話題で「チルサウンド」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、概要について紹介します。

チルサウンド

Meaning-Book
「チルサウンド」とは?概要!>


目次

  • 「チルサウンド」とは?
  • 「チルサウンド」概要


「チルサウンド」とは?

「チルサウンド」とは、「シンセサイザーなどを使った、テンポが遅くてひと息付ける曲のこと」です。

FMやクラブなどで流れているのは、殆どがアップテンポな曲ですが、これに対してまったりとしてくつろげる局長を言います。

ダンスフロアでお客さん達が盛り上がった時に、少し休憩してリラックスする目的で作られ、サブフロアのBGM目的として発生しました。

シンセサイザーなどエレクトリックな音がメインで、リズムセクションが抑えめになっています。



「チルサウンド」概要

「チルサウンド」の語源と関連語について紹介します。

  • 「チルサウンド」の語源
  • 「チルサウンド」の関連語

「チルサウンド」の語源

「チル」は英語の“chill”から来た言葉で、「寒気」「悪寒」などの意味があります。

しかし“chill out”と表現することで「落ち着く」「ひと息付く」「くつろぐ」などの意味になり、「チルサウンド」「チル」はこちらの意味で使われているのです。

「チルサウンド」の関連語

「チルサウンド」の関連語として「チル」を使った「チルする」「チルい」があります。

「チルする」「くつろぐこと」で、「チルい」「まったり」「穏やか」などの意味です。

これらはネット上で使われていて、「落ち着く音楽=チルい音楽」という意味で「チルサウンド」になったものと言われています。

icon まとめ

「チルサウンド」は、「シンセサイザーなどを使った、テンポが遅くてひと息付ける曲のこと」という意味です。

ちょっと気分を落ち着かせたいなと思う時に聴く音楽に使いましょう。