意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ライバル」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

カタカナ語を使っていると、それだけで何か洗練された気持ちになったように感じることがあります。

それだけカタカナ語は、純粋な日本語とは少し異なるフィーリングかあります。

例えば、「ライバル」という言葉もありますが、これもまたそんな感性を残している言葉かもしれません。

ライバル

Meaning-Book
「ライバル」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ライバル」とは?意味
  • 「ライバル」の表現の使い方
  • 「ライバル」を使った例文と意味を解釈
  • 「ライバル」の類語や類義語


「ライバル」とは?意味

「ライバル」とは、簡単に言うと「競争相手」という意味を持つ言葉ですが、少し掘り下げて行くと、「同じか、それ以上の実力や能力を持っている競争相手」という意味で理解することができます。



「ライバル」の表現の使い方

「ライバル」は単なる「競争相手」ではなく、「宿敵」というニュアンスも持ち合わせています。

そのことから、「ライバル」が当てはまる相手は、長年、競いあってきた敵でもあり、お互いを高める存在として使われることがあります。

「ライバル」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ライバル」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「ライバル」を使った例文1
  • 「ライバル」を使った例文2

「ライバル」を使った例文1

「わが社はあの会社とライバル関係にあるが、そのおかげでここまで成長することができたのかもしれません」

ビジネスの世界は常に競争の世界でもあります。

あるマーケットの中では、シェアを拡大させて業績を伸ばして行くのですが、その時に「ライバル」会社の存在がなければ、自身の成長を怠り、衰退するだけかもしれません。

それだけに「ライバル」という存在は自分を高める存在なのです。

「ライバル」を使った例文2

「彼と僕は幼い頃から、良きライバルでした。そのおかけでここまで成長することができたと思います」

これも前の例文と同じように、お互いを高め合う存在としての「ライバル」です。

勉強においても、スポーツにおいても、追いかけたり、抜かれたりと、切磋琢磨しながら、大きく成長していくのでしょう。

幼い子どもの頃からの「ライバル」は敵でもあり、親友でもあるのでしょう。

友の存在、すなわち「ライバル」に感謝です。



「ライバル」の類語や類義語

「ライバル」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「競争相手」【きょうそうあいて】
  • 「好敵手」【こうてきしゅ】

「競争相手」【きょうそうあいて】

「競争相手」「ライバル」の類義語となります。

解説の中でも触れましたが、「ライバル」=「競争相手」となります。

競争する相手がいるということは、己の能力・才能を伸ばす原動力ともなるので、なくてはならない存在です。

「好敵手」【こうてきしゅ】

「好敵手」「ライバル」の言い換える言葉の1つとして、よく使われていますが、「試合や勝負で力が同じレベルの相手」ということになります。

icon まとめ

「ライバル」という存在は、自分の成長を促してくれる貴重な相手です。

そのような意味で潰すだけ、打ち負かすだけの敵ではなく、本当にお互いに理解をしあえる友と呼べるかもしれません。

それだけに「ライバル」がいることに感謝すべきでしょう。